Striking a Light for Strine 「豪」にいれば「豪語」に従えって?


Hugh Lunn, one of the most vocal advocates of Strine and arguably its greatest modern protector, is about to release Words Fail Me, a follow-up to his 2006 bestseller Lost for Words, which told the tale of disappearing Australian English, mainly due to American cultural influence on the mass media.

ヒュー・ラン氏は、ジャーナリストのヒュー・ラン氏は有数のオージー英語の最大の支持者で、保護者とも言えるであろう。同氏は近年オージー英語をテーマにした著書「Words Fall Me」を発刊した。同書は絶滅しつつあるオージー英語についての話題が中心となった2006年発行の「Lost for Words」の続編である。

Hugh Lunn’s Works on Amazon.co.jp

Lunn, a long-time reporter for Reuters and editor of The Australian newspaper before becoming a non-fiction writer in the early 1990s, has long looked into the demise of Strine and done much to protect such Australianisms as “Like a chook* with its head chopped off” and “Don’t get snaky*.”

長年ロイター通信の記者及びオーストラリア唯一全国紙The Australianの編集長を歴代として、1990年代前半からノン・フィクションライターとなったラン氏は、オージー英語の後退を長期に渡って研究し、”Like a chook* with its head chopped off (頭が切断された鶏のように)やDon’t get snaky*(蛇のようになるな)のようなオージー英語特有な表現を守るように働きかけた。

“(Australians) shouldn’t forget the inventive and direct way that we used to speak… language tells you who you are,” Lunn told the Melbourne Age newspaper in an interview to mark the release of Words Fail Me.

「(オーストラリア人)は、昔のような発明力あり、率直の話し方を忘れちゃいかんだ。言葉が自分に自分がどのものなのかを教えてくれる」と同氏がメルボルン・エイジ紙とのインタービューで語った。

* Chookは、オージー英語で「チキン(鶏)」の意味。 Chook is the Strine word for chicken.
* Snakyは、オージー英語で「怒る」の意味. Snaky is Strine for “angry.”

Hugh Lunn’s Website

Comments are closed.