「やばいリンガル」Blue (ブルー)

 オーストラリア英語(豪語)ってやばいところがある。豪語で特有の言葉の使い方により、他の国で話す英語と同じ言葉でも全く違う意味になることもたまにある。今日は、Blueの場合を見てみよう。
 
Australian English (Strine) can be risky at times. Strine uses some words spoken throughout the English-speaking world that have their own special meanings in Australia. Today’s example is “blue.”

Blue 
日本語の意味
Japanese Meaning
青色。
鬱状態。
米:英語の意味
Meaning in U.S./British English
1) Blue (color)
2) Depressed
しかし、豪語での意味は、、、
But the meaning in Strine is...
(上記の意味も加えて)
1)殴り合う。
2)失敗をする。
*また、豪語では、赤いもの、特に赤毛に対して、冗談を交えて「blue」と言い付ける場合が多い。
(In addition to the above meanings)
1) To fight
2) To make a mistake
* "Blue" is also used in Strine - jokingly - to describe something red, most often a person with red hair, who will almost inevtiably garner the nickname "Bluey"

Comments are closed.