Month: May 2011

豪キャブラリー: Shiela

 Shielaというのは、オージー英語の象徴的な言葉。由来は不明だが、「女性」という意味。しかし、時代と共に言葉の受け取り方が変わり、現在では女性を軽蔑する言葉としてみなされるので、使用しないように。感覚としては、日本語の「スケ」に近いかもしれない。

英・米語日本語
ShielaWoman (侮蔑的)女(侮蔑的)

豪キャブラリー: Lippy

 オーストラリア英語では女性にとってLippyが絶対なくてはならないもの。もちろん、唇に関わる言葉だけど、おしゃべりなどと思ったらちょっと違うよね。正解のヒントはオージー英語の独特省略を考えれれば「なるほど」と思わせるものだろう、、、そうだ!Lipstick(口紅)のことだ。

英・米語日本語
LippyLipstick口紅

豪キャブラリー: Sunnies

 オーストラリアは太陽が強い。そして、光がまぶしく紫外線もかなりのものなので、欠かせないのはsunniesだ。ということでsunniesはsunglassesの省略だ。Shades(日陰の意味)とも言う。

英・米語日本語
SunniesSunglasses, shadesサングラス

豪キャブラリー: Deadly Treadly

 語源は全く不明だが、何らかの理由でオージー英語では自転車がdeadly treadlyと呼ばれることがある。Deadlyは、ご存じのように「致命的」と言う意味だがtreadlyと言うのは意味がない。由来があるとしたら、おそらくtread(「踏む」と「トラック」の意味がある)だろう。

英・米語日本語
Deadly treadlyBicycle, bike自転車(直訳すると「致命的な輪付き車」だ)