豪キャブラリー: XXXX

 多くのオーストラリア人にとってクイーンズランド州と言えばXXXXだ。しかし、XXXXってなに?昔、オーストラリアでは州によって主に飲まれるビールが違った。ニューサウスウェールズ州がToohey’s、ビクトリア州がFoster’sやVB、南オーストラリア州がWest End、西オーストラリア州がSwan、タスマニアがCascade、そしてクイーンズランド州がXXXXだった。現在では、いずれも全国で飲まれるようになったがその昔の印象は、まだ根強く残っている。ちなみに、ビールのブランドに対しての忠誠心が庶民の中ではかなりあると言われている。XXXX以外の銘柄を飲む人の中ではそのビールをからかうことが珍しくない。たとえば、「映画界では最も卑猥なアダルト映画がXXXと位置づけられるが、さらにすごいのはXXXXだけだ」のようなジョークを言う。

英・米語日本語
XXXXBrand of beer, especially popular in Queenslandオーストラリアでは、よく飲まれているビールが州によって異なる。XXXXは、クイーンズランドを象徴するビールのブランドだ。ちなみに、同州の人々は「イモ」や「かっぺ」扱いされることが多くXXXXの由来は「beer」のスペルが分からないからだとよくからかわれる。もちろん、事実根拠がない。


日本語のセリフは続けて読んでください。
動画のセリフ:
一人目の男:
こら!何してんの?
二人目の男(ビールを落とした人):
分かった。分かった。取りに行くよ。
二人目の男:
ね、、、ここにサメなんかいないよね?
一人目の男(相棒に向けて):
んなわけねぇよ。
(独り言)
サメは全部ワニに食べられちゃった。

Comments are closed.

%d bloggers like this: