豪キャブラリー: Blowie

多くの人にとってオーストラリアのイメージはきれいな海、暖かさ、変な動物などいろいろある。確かにこれらもあるけれど、実際に行ってみれば最も目立つのがハエの数だ。特にシーズンの夏。

Blowfly

ハエが半端じゃない。そして、小さくてかわいいハエじゃなくて大きくウザいハエだ。この大きなハエがblowfyと呼ばれ、オージー英語らしく言葉が省略されblowieというニックネーム(皮肉ネーム?)が付いている。
Blowieは、別の意味もある。それもまた省略された言葉であるが、男性に対してのオーラル・セックスを示す。

英・米語日本語
BlowieBlowflyハエ

Comments are closed.

%d bloggers like this: