Month: September 2011

豪キャブラリー: Drongo

Drongoは典型的なオージー英語だ。一昔前までよく使われた言葉だったがこの数十年間イギリスやアメリカ英語などの普及により死語に近いような形になっている。おっちょこちょい見たいな軽い意味の小馬鹿したことをやった人に対して使う言葉だ。ちょっと可愛いイメージを与えてくれる、特に軽蔑する言い方がほぼ普通となっている今では。

英・米語日本語
DrongoIdiot, foolバカな人(古語)

Strewth! ABCが現役総理の国旗下のぬれ場を上映!!!

Prime Minister Julia Gilard (played by Amanda Bishop) and First Bloke Tim Matheson (Phil Lloyd) after their frisky frolic beneath the Australian flag.

オーストラリア公共放送局であるABCは、今夜(9月21日)パロディ番組で現役総理のラブ・シーンを放送する予定であり、行為が国旗の下で行うことに対して大騒ぎとなっている。
 行為は、At Home With Juliaという番組の中で行う。同番組は現役総理大臣ジュリア・ギラード氏とそのパートナーであるティム・マセソン氏の官邸での私生活をパロディとして今年の8月から週1回放送されている。

The real Prime Minister Julia Gillard

 出る俳優たちが本人そっくりなので注目を浴びているが、今夜は総理とパートナーのオーストラリア国旗下のセックス・シーンがあるため保守系の政治家などを中心に激しく批判されている。
 肝心な総理本人は「テレビを見るより重要なことたくさんあるから」見ないようにする。

豪キャブラリー: Conk

Conkは、個人的に響きがいいオージー英語の一つだと思う。何か(ほとんどの場合は人間に対して使うが、、、)ぶっ飛ばすという意味、どうしてか分からないがそのconkという言葉を聞くとぶっ飛ばす音が長く響くような気がする。必ずそうとは言い切らないので、あくまでも考えRooの個人的な反応だけだ。
 ちなみに、conkは「鼻」という意味もある。

英・米語日本語
ConkHitぶっ飛ばす

豪キャブラリー: Carn

CarnはKhanとまったく同じ発音。Genghis KhanやKublai Khanなどの歴史的に重要人物のKhanは深い意味がある言葉。由来がローマ帝国「シーザー」が由来であり、重みをそれなりに感じる。しかし、オージー英語のCarnは、それとはまったく違って、Come onの砕けた言い方にしか過ぎない、、、
 スポーツチームを応援する時「Carn the Aussies!」などのように叫ぶが定番の応援型だ。


英・米語日本語
CarnCome on, C’monカモン、おいで、気合を入れてほしい人にいう

豪パスポートのバツイチ:意味がちょっと違う、、、

この頃オーストラリアのパスポートには「バツイチ」の掲載が許可されたが、離婚と無縁だ。実は、性別の所がだ男女という二つの項目から三つの項目に。その三つ目の項目は性同一障害者など向けであり、「X」という形でします。
 詳しくは、こちらへ(英語)。