Month: November 2011

豪キャブラリー:Ropeable

Ropeableを直訳すると「綱を付けられる」という訳が分からない表現になるがどうにかこの言葉がオージー英語では「激怒」という意味になった。よく使う、典型的なオージー英語の一例である。

英・米語日本語
RopeableBe furious, angry怒る、激怒する

豪キャブラリー: Chunder

Chunder

Chunderは、一時的にオージー英語の有名な例として一世風靡した言葉である。
 Chunderを有名としたのは1980年代前半世界中に大ヒットしたMen at Work曲Down Underのコーラスに現れたことだった。たまたまchunderはunderと同音であり、同曲の歌詞によるとオーストラリア(ようするにダウン・アンダー)では男がやるのはchunderだった。しかし、chunderっていったいなんだろう?実は「吐く」ということだ。
Chunderが歌詞となっているMen at Workのプロモーション・ビデオをご覧になってオージー英語の勉強にもなるかもしれないね、、、

 朝から気持ち悪い話をして申し訳ない。
英・米語日本語
ChunderVomit, throw up吐く、反吐

Obama Speaks Strine

U.S. President Barack Obama speaks to the Australian parliament.

米大統領バラク・オバマ氏が今週、オーストラリアを訪問し、豪国会両院前に演説をしてご自身のストライン(オージー英語)能力を披露した。
 
 同氏が気に入って表現はgive it a burl(やってみよう)、ear bashing(叱る)やchinwag(語り合う)などたくさんオージー英語例を使ってみた。
 
 オバマ氏がストラインを流暢に喋るスピーチの映像は下記の通り。


 考えRooの個人的な見解だが、同氏がより一層知的に見える、、、
 
 ちなみに、オバマ氏同様、英国総理大臣デビッド・カメロン氏もストライン能力を見せた。

 二人がもしかして考えRoo.comでこっそりと勉強しているかな?

豪キャブラリー:Crook

Crookは英語圏のほかの国では泥棒や悪者という意味だけど、オージー英語では同じ意味がある上に「病気」「具合が悪い」や「気持ち悪い」という意味もある。
 なぜこういう意味になったのかが不明だがおそらく悪者の悪と気持ち悪いの悪いが由来ではないだろうか。

英・米語日本語
Crook1) Feel sick, be worthless, unacceptable
2) Thief, criminal
1) 病気、無駄なもの、悪い
2( 泥棒、悪者

豪キャブラリー:Divvy van

Divvy van

Divvy vanという言葉を悪者が聞くだけで怖い思いをする。厳密に言えばパトカーという意味だけどカーじゃなくてヴァンを示し、車両の後部分では檻が入って検挙された人がそこに閉じこまれることになる。
 Divvy vanのdivvyはdivisional(<警察の>部隊)の省略だ。
英・米語日本語
Divvy vanPolice van警察車・パトカー