Month: July 2012

人気動物園の相乗効果でBig Mowerの展開動力

The Big Mower, Beerwah, QLD

 クィーンズランド州ビーアワーにあるごく普通なDIY店が巨大草刈機を看板として建ててオーストラリアの「Big Things」に入りながら商売が幅広く展開するようになった。
 元々Big Mowerは、ブリスベーン市のベッドタウンであるビーアワーの草刈機を専門とする社名だった。が、その偉大オブジェを使ったら数多くの店舗を開かれるようになった。
 「Big Things」の中では地味な方だが、近くに大人気観光スポットであり、オーストラリアで広く愛された故スティーブ・アーウィン氏が経営したオーストラリア動物園があるため、観光客の流れなどによって相乗効果もあったかもしれない。
ビッグ・モワー社


大きな地図で見る

真夏に最適なBig Slurpee(本当は飲めないけど、、、)

The Big Slurpee, Coffs Harbour, NSW

 オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)によると豪全国で最も住みやすい気候がある町ニューサウスウェールズ州北部のコフスハーバーには、今日のような猛暑さにパーフェクトな高さ11メートルのシャーベット状の炭酸飲料Big Slurpeeが数年前に一時的にあった。
 Big Slurpeeがオーストラリアの「Big Things」に仲間入りしたのは2009年1月から3月の間だけだった。最初に出来た頃コフスハーバーの新名所として言われたが、結局、設置して僅か数ヶ月後また撤去された。後になって分かったのは広告代理店の広告だった。
 スルーピーは北米・豪州などの7-11コンビニエンス・ストアの最も名商品だ。様々な味や大きさがあり、大人気だ!
 ちなみに、コフスハーバーはオーストラリア国内観光名所の一つであり、市内にBig Bananaという「Big Things」もある。

212/214 Seven Eleven Big Slurpee from outdoor awards judging on Vimeo.

Big Slurpee広告キャンペーン資料

大きな地図で見る

Tets-J Doing a Dinkum Bewdy of a Job Spreading Indigenous Aussie Culture in Japan

Tets-J (center) plays with Jibucon in Minami Machida on July 29, 2012

Tets-J is one of the great unsung heroes promoting Australian culture in Japan, and he’s even more remarkable for advancing indigenous Aussie culture.
Tets-J learned about the didgeridoo while staying in Melbourne, taught himself how to play, then returned to Australia’s Arnhem Land and studied under Djalu Gurruwiwi, a master didgeridoo player and member of the Yolngu people.
He has devoted his life to spreading indigenous Australian culture throughout Japan, which he does through his performances, his store, Dinkum Japan, classes, lectures, workshops and live performances he gives across the country, as he is currently doing on weekends in Tokyo.
Aboriginal Cultural Week Vol. 2, the collection of lectures, workshops and live performances, has two final sessions remaining on Aug. 4 and Aug. 5 at the mont-bell Grandberry Mall store in Machida, on the outskirts of Tokyo.
The workshops, which aim to give participants an opportunity to experience first-hand indigenous Australian culture and include the Aboriginal-influenced Tjangala Cafe in Ibaraki Prefecture among their supporters, include a gallery of photos and Aboriginal art, workshops on dot or bark paintings, boomerang or mini-didgeridoo decoration, a seminar on mainly Yolngu lifestyle, culture and customs and end with a night-time performance.
Items related to indigenous Australia are also on sale at the event. Performing at the concert on Aug. 4 with be didgeridoo players OMI and Tets-J, while the week will wrap up the following day with a show by Wago.jp (和豪.JP), a duo featuring tsugaru shamisen and didgeridoo.
As the week is directed toward a Japanese audience, events are conducted in Japanese. A small materials charge applies for some of the workshops, and advance reservations need to be made, while performers busk in their shows.
Tets-J is shown in the clip below, playing with Jibucon, in Minami Machida on July 29, 2012.

Tets-J Official Site (Japanese)
Dinkum Japan (Japanese)
Djalu Gurruwiwi Official Site
Jibucon Official Site (Japanese)

オリンピック開会後、これから豪英スポーツ相対決

Australian Sports Minister Kate Lundy (left) and British Sports Minister Hugh Robertson.

 2012年ロンドン五輪開会式が27日行って世界を魅了して、これからオーストラリアとイギリスの伝統的なオリンピック対決が始まる。
 帝国と元植民地というライバル意識から生まれた好意的な対決は直接選手同士で行うということより豪ケート・ランディ氏と英ヒュー・ロバートソン氏各国のスポーツ大臣同士の対決だ。どちらの国のメダル数が多い方が勝ちだということだ。伝統的にスポーツ大国オーストラリアが勝場合が多かったが前回2008年北京五輪のメダル争いでは、英国が4位でオーストラリアは6位だった。しかし、その後、英国連邦に属する国や地域が参加して4年ごとに開催される総合競技大会であるコモンウェルス・ゲームズの2010年インド大会では1位のオーストラリアが3位のイギリスの総メダル数が約倍だった。
 今回の豪英メダル争いは、負けるスポーツ相が罰ゲームがある。メダル数でイギリスが少なければロバートソン氏が豪ホッケーチームのシャツを着て、ロンドン中心部でドリブルしなければならないという。逆にオーストラリアが負ければ、ランディ氏が英デザイナー、ステラ・マッカートニーのユニオンジャックTシャツを着て、五輪のカヌー競技会場でボートをこぐという。
 さて、どっちが勝つだろう?オリンピックが続く8月12日まで結果がお楽しみに。

OECD最低火力発電所周辺にぴったりのBig Cigar

The Big Cigar, Churchill, VIC

 ビクトリア州東部チャーチルは、歴史50年も無い町が2005年に「OECD最低火力発電所」とされたハーゼルウッド発電所のベッドタウンとして短い間でも(必要ない?)注目を浴びた。公害が心配な地域では、ぴったりな「Big Things」がある。巨大葉巻のBig Cigarだ。
 同町は故英国首相ウィンストン・チャーチル氏に名づけられて、同氏の象徴だった葉巻がBig Cigarのアイディアの生まれだ。最初、町内5ヶ所で巨大葉巻を立てる予定だったが、結局一つだけになった。
 同町は、約3年前放火によって始まった山火事が起こり、11人も死亡となり、火事が広域に渡って害を与えた。
煙の出方が間違っているBig Smoke

大きな地図で見る

「果実の都」の象徴となるBig Fruit Bowl

The Big Fruit Bowl, Bilpin, NSW

 ニューサウスウェールズ州州都シドニーから車でおよそ1時間にあるビルピンは果物農家などが多く「果実の都」と呼ばれてもおかしくない。
 それらしく「Big Things」ビルピンのBig Fruit Bowlだ。ちなみに、このフルーツ・バウルが世界最大だそう。
 果物を中心にビルピンがちょっとしたB級観光地となっている。世界遺産であるグレーター・ブルー・マウンテンズ地域の中にあり、シドニー中心部からそれほど遠くない。
 Big Fruit Bowlは農家前にあり、御土産屋やその他の観光施設もある。ビルピンの多くの農家が「You Pick」制度であり、りんごを中心に様々なフルーツを訪問者が自分たちで狩って買うというしくみとなっている。
 

大きな地図で見る

Shear Fluke! A Rare Aussie Cultural Hit in Japan

“Shearing of the Rams” is an iconic Australian painting by Tom Roberts

Australia’s impact on Japanese society is visible in numerous areas, but in the cultural sphere, Australian influence has been negligible at best.
オーストラリアは日本社会に対してあらゆる分野で与えた影響が見えるが、文化の面ではオーストラリアのインパクトがほぼないといって良いところだ。
Apart from a literal honeymoon period in the early 1990s when cashed-up newlyweds made Down Under their favored destination, the odd hit movie during the Australian New Wave cinema of the 1970s and 1980s, notably the Mad Max and Crocodile Dundee series, and the even rarer hit song — by artists most Japanese normally regarded as coming from the United States, anyway — Aussie cultural influence has largely been limited to sporadic moments of faddishness.
バブル経済効果がまだ残っていた1990年代前半で「ハネームーン・ブーム」によってオーストラリアがハワイを抜いて新婚旅行地1位となり、マッド・マックスクロコダイル・ダンディなどのオーストラリア・ニュー・ウェーヴ映画やためにアメリカ人と見なされた歌手がヒット曲を出した時に除けば、オーストラリアが日本に対して文化的な影響が一時的な流行以外はない。
It’s fair to say that Australia has hardly been, well, Big in Japan.
オーストラリアは「ビッグ・イン・ジャパン」と決して言えない。
There is one major exception, though, and it may come as a surprise to some.
しかし、重大な例外がひとつある。それも、驚かす人もいるかもしれない。
From at least the late 1960s through to the mid-1980s and possibly even on to today in some areas, Japanese primary school children across the country learned how to belt out a song called Choshi wo Soroete Kurikku Kurikku Kurikku, which English-speakers will know as Click Go the Shears.
1960年代後半から少なくとも1980年代半ば頃かもしかして今でも、「調子をそろえてクリック、クリック、クリック」という曲を日本各地の小学生が学び、歌った。オージーはこの曲が「Click Go the Shears」として知っている。

* Sung here by Hitomi Ishikawa/ここで歌えるのは石川ひとみ
Peggy Hayama, a Japanese jazz singer active from the late 1940s onward (through to today as she nears 80!) is entirely responsible for this development. Hayama traveled to Australia in 1961, during which time she learned Click Go the Shears and Waltzing Matilda, then brought both back to Japan, composed lyrics for both traditional Australian folk songs and scored a hit with the former, which was soon adopted by lessons at primary schools across Japan.
As shown below, Hayama’s lyrics translate into roughly the same meaning as the original song’s tale of a veteran shearer putting in a hard day’s work and then going out and getting sozzled, although numerous verses have been cut from the original.
この展開は、日本人ジャズ歌手であり、1940年代以降活躍する(今でも78歳で現役)ペギー葉山さんによって行われた。葉山は1961年にオーストラリアに訪問し、オーストラリア民謡である「調子をそろえてクリック、クリック、クリック」と「ワルツイング・マチルダ」を知り、帰国したら両曲を日本語の替え歌にし、前方ではちょっとしたヒットとなった。その後、日本の小学校でよく使われるようになった。下記のように、葉山さんの歌詞が大体元の曲と一致し、結局一日中羊の毛を刈った人が夜になったら飲むという物語を上手く伝わっている。
Ironically, Hayama’s hit was reclaimed by the Taylor Sisters, a duo best known for working as a support act for “Australia’s Elvis,” Johnny O’Keefe on his 1960s TV show, Sing, Sing, Sing. The Taylor Sisters recorded Choshi wo Soroete Kurikku Kurikku Kurikku and released the Japanese version of Click Go the Shears in Australia, but met with little success (though it’s unlikely their almost unintelligble Japanese was the reason for this.)
 皮肉的に、葉山のヒットがオーストラリアに逆輸入することになったが、歌ったのはテイラー・シスターズだった。テイラー・シスター
ズの最も有名となった理由が豪州版プレスリーと呼ばれたジョニー・オキーフのテレビ番組での助演だった。テイラー・シスターズが日本語版の「調子をそろえてクリック、クリック、クリック」を発表したが、ヒットしなかった(彼女たちの日本語が分かりづらいが恐らくそれがオーストラリアでコケタ理由に貢献しなかったと思う!)

調子をそろえてクリック・クリック・クリック/
Choshi wo Soroete Kurikku Kurikku Kurikku/
Click Go the Shears (Japanese)

Kyo mo asa kara ichi nichi ju, Hasami no oto mo karuyaka ni, hitsuji karu sono shigotoba ni, Yama nasu shiroi sono makige
今日も朝から一日中、鋏の音も軽やかに羊刈るその仕事場に 山なす白いその巻毛。
I’ll be working all day today, clipping away skillfully with the shears on the sheep in my workplace and forming a pile of wool.

Choshi soroete click, click, click. Hasami no oto mo karuyaka ni. Jiman no sono te de azayaka ni. Sora tachi machi hitsuji wa maruhadaka
調子をそろえてクリック・クリック・クリック、鋏の音も 軽やかに、自慢のその手で あざやかに、ソラ、たちまち羊は 丸はだか。
Get everything in order, click, click, click. The light clicking of the shears. Those skills I’m so proud of will be on display. And that sheep’ll be bare in an instant.

Jiman janai ga kono hasami, Wakaimono ni wa makesenu, Kore to niranda hitsuji nara, Mura ichiban no sono ude de.
自慢じゃないがこの鋏 若いものには負けはせぬ、これとにらんだ羊なら 村一番のその腕で。
I’m not bragging, but with these shears I won’t lose to any of those young’uns. Give me that sheep I’m staring at and I’ll show you why I’m the best shearer in town.

Choshi soroete click, click, click. Hasami no oto mo kurayaka ni. Jiman no sono te de azayaka ni. Sora tachi machi hitsuji wa maruhadaka
調子をそろえてクリック・クリック・クリック、鋏の音も 軽やかに、自慢のその手で あざやかに、ソラ、たちまち羊は 丸はだか。
Get everything in order, click, click, click. The light clicking of the shears. Those skills I’m so proud of will be on display. And that sheep’ll be bare in an instant.

Ichi nichi no shigoto wo oete bokujo wo ato ni machiruda kata ni, Iku wa najimi no izakaya ka, koyoi tomoni hai wo
一日の仕事を終えて 牧場を後にマチルダ肩に、行くはなじみの居酒屋か いざ今宵ともに盃を。
Work’s over now and I leave the farm behind, slinging my matilda over my shoulder and heading into my favorite pub, where I’ll spend the night in my cups.

The Full Original English Lyrics for Click Go the Shears