Month: August 2012

TVアナがカンタスを日本語口調で言うと放送禁止用語に

Carrie Bickmore realizes a slip of the tongue resulted in Cuntas instead of Qantas.

 オーストラリアネットワーク・テン民放テレビ局でカリー・ビックモア氏というアナウンサーがカンタス航空に関する報道を読み上げている際、日本語同様の口調で同会社の名前を呼んで大騒ぎとなっている。
 「なんで?」と思う人がるかもしれない。
 実は英語で言うと、同社名が「カンタス」というより「クワンタス」に近い発音となる。それはそれでいいが日本語風の「カンタス」を英語で言うとかなりヤバイ言葉に近い形になる。もっと厳密に言えば、カンタスをカントアスと捉えれば二つのヤバイ言葉になる。
 そして、ビックモア氏が29日付にこの発言を、、、
 「Virgin is targeting key corporate routes, hoping to win over Cuntas, er, excuse me, Qantas customers…」
 まさにその日本語口調の発音を偶然に番組生放送中に言ってしまった。すぐに発音ミスと間違いの重大さを気づき誤って、笑い崩した。
 同僚も気づきかなりからかった。「この映像があっという間にYouTubeで見られます」と視聴者に向けて発言した。
 アナウンサーの言うとおり、事件の映像風景は下記にある。発音ミスが0:08時点にある。

じゃぶじゃぶコアラが世界中に大ヒット中!

Kanu Koala

Kanu Koalaは、オーストラリアで泳ぐコアラに付けられた名前だ。コアラは1日22時間寝るので、ユーカリの木の葉っぱを取るか木と木の間に移すことぐらいしか動く姿を見せない。が、Kanu Koalaはかなり違うようだ!映像が世界中に大ヒット中。
Kanu Koala is the name being given to a swimming (!) koala. Footage of the mighty marsupial’s exploits are currently going viral. Considering koalas spend 22 hours a day sleeping, it’s rare to see them move much further than reaching out to grab sum gum leaves or change trees. Kanu, however, shows the marsupial is koala-ified to do a whole lot more.

She’ll be Apples! NYがどうでもいいよ!豪全国各地にあるBig Appleがあるぞ!

Australia’s Big Apples (clockwise from top left) — Thulimbah (QLD), Bacchus Marsh (VIC), Spreyton (TAS), Acacia Ridge (QLD), Yerrinbool (NSW), Donnybrook (WA) (inset) Batlow (NSW)

 英語圏のほとんどではBig Appleと言えばまず同市の別名であるニューヨークのことを思い浮かぶが、実はオーストラリアでは7つの州中ノーザン・テリトリー州南オーストラリア州を除けば豪州全ての州にBig Appleがある。
クイーンズランド州スリンバーアカシア・リッジニューサウス・ウェールズ州バトローイェリンブールで両州がBig Apple二つずつも存在し、後は西オーストラリア州ドニブルックビクトリア州バッカス・マーシュタスマニア州スプレートンで各州それぞれひとつずつのBig Appleがある。(実は、タスマニア州はりんごの大産地であるため、アップル・アイル<林檎島>という別名もある。)
 当然、各Big Appleがオーストラリアの「Big Things」の仲間である。
 オーストラリアのBig Apple全てがりんご産地にあるが、背景に特に面白いのはニューサウス・ウェールズ州にあるバトローのオブジェだ。
 観光などを促進するために他の「Big Things」と違って同村にあるBig Appleが立ち入り禁止の農家に位置している。
 遠くからしか見えない。そして、見えるところがほんの少しだけだ。まるで製作者のみの物だけだ。
 しかし、このことによって少なくとも他の「Big Things」と共通点がある、、、何であるのかよく分からない!
 それだけで、she’ll be apples, mate!

豪大手スーパー関係企業がタスマニアで「No Asians」の求人広告を

A contractor’s ad for a job at Coles in Tasmania, but refusing applications from Asians and Indians.

 タスマニア島最大ショッピング・モールであるイーストランズ・ショッピング・センター内の豪大手スーパーであるコールズで働くため関連会社が求人広告をガムトリーというネット上の三行広告サイトに掲載したが「インド系・アジア系の応募お断り」となっていたことをホバートマーキュリー紙が28日付報道した。
 コールズ広報担当は、同社が広告内容を知らなくて、絶対に容認し得ないだ、というが、応募した人が同スーパーイーストランズ店で掃除をすることになっていた。同社が委託する関連会社が求人広告を出したことを認めているが、事前に内容などを許可得ることはなかった。委託する会社はコールズマーキュリー紙も公表していない。
 一方、フェースブックなどSNSでは広告を批判する声が多かった。それに対して広告が26日に掲載されたが数時間内で削除されたという。
 今後、タスマニア州立差別排除委員会委員長ロビン・バンクス氏が違法性を指摘、同委員会が調査を乗り出す方針だと示した。
 日本と違って憲法上では完全に表現お自由が守られていない。(オーストラリアの場合、守られているのは「政治関係表現」のみだ」。なので、人種・性・年齢・身体などの差別が違法であり、このような広告の違法性が高く犯罪に当たる可能性が高い。
 オーストラリア人として考えRooがお詫びします。まさかこのようなことを今でもやっていると想像もしなかった。情けない。
Racist job ad sparks anger
Eastlands Shopping Center
Coles Supermarkets

Koala Attack! 一日中寝ている訳でもない

コアラ、カンガルーやエミューなどが人間に対してあまり危険視されていないが、下記のビデオで見えるように、危ない場合もある。

 コアラは、一日中寝ているという印象を持っている方が多いだろう。(実際に合っているが)年間を通してコアラもさまざまな行動を行っている。Australian Geographic誌がこのビデオにあるコアラ群れを未着取材し面白いドキュメンタリーを制作された。

 普段あまり動かないコアラの活発な姿で驚ければ、この映像がなおさら怖い!今年4月、オーストラリア北部になんとヘビを食べられるクモがいった!糸で捕まったより、ヘビが偶然に糸に上の枝から落ちてクモが素早く動いて捕まって、糸で拘束して食べちゃった!

Nissan Bluebird Oozui: When Australia (Briefly) Exported Cars to Japan

The Nissan Aussie sold in Japan.

This year marks the 20th anniversary of Australia’s disastrous foray into exporting cars to Japan.
For a brief period from 1989 to 1992, fully imported Bluebird Aussie cars made in Australia went on sale in Japan.
The Bluebird Aussie was apparently the result of Nissan Australia’s Matilda Project, which had aimed to make a solely Australian car for Australian conditions, but ended up being a modified bluebird.

Aussie flag clock, kangaroo stuffed toy, sheepskin seat covers…premium added extras.

Australia was, at the time, at the peak of its powers in the enormously fickle Japanese market.
Thousands of Japanese tourists were flocking Down Under and Australia was on the verge of overtaking Hawaii (albeit very briefly as it turned out) as the most preferred destination for Japanese honeymooners.
Perhaps it was a desire to capitalize on this goodwill toward the land Down Under that prompted Nissan to import cars from Australia, hardly a country with a reputation for automaking.
Nonetheless, with all the very best of “That’ll have to do, mate” quality and offering added extras such as sheepskin seat covers, a free kangaroo stuffed toy, an Aussie flag keyring and Aussie flag sticker under the dashboard clock to entice Japanese punters, the Bluebird Oozui, as the car was labeled for the Japanese market, hit showrooms across the country.

The Bluebird Aussie’s Japanese sales catalog

The Bluebird Aussie was an embarrassing failure in Japan…In fact, of the 44,049,099 new and used car sales in Japan from 1989 to 1992 — the period the Aussie was on sale — the Australian-made hatchback accounted for a mere 1,300 units.
Nissan Australia shut down its manufacturing plant in 1993 and the Aussie was never heard of again…not that many Japanese consumers ever seemed to have heard of it in the first place.

Big PeopleがなければBig Thingsが揃わない

The Big Scotsman, Adelaide, SA

 オーストラリア各地にある「Big Things」というB級観光名所の正確な数が不明だが百数十件から200件件以上の間は間違いなくある。
 ほとんどの「Big Things」が動物や設置されている地域の名産物などを称えるが、中には「人間」の姿をしているものもある。
 彫刻など芸術性を重視するではなく、ほかの「Big Things」と同じようにコミカルな印象があり、キッシュが中心となっている。
 また、オーストラリアの歴史も「Big Things」そのもの歴史も人間像に見える。
 たとえば、南オーストラリア州都であるアデレードの一角であるメンディンディーという町にBig Scotsman(巨大スコットランド人)がある。
 これは1963年に作られ、事実上オーストラリアの「Big Things」の最も早く作られたものだった(ニューサウスウェールズ州にあるBig Bananaが自称<初めて>とも言うだけど、、、)。

The Big Knight, Knockrow, NSW.

 初めてとは言えはっきり言ってイメージとしてオーストラリアと関係ない。
 同じく、「何で?」と思わせる「Big Things」ニューサウスウェールズ州にオーストラリア固有種のナッツであるマカダミアテーマパークにある。
 そもそも変なのは同遊園地のテーマがヨーロッパ中世風のお城だ。
 そして、それらしくかもしれないがオーストラリアらしくないのがお城の真ん前にある医大騎士であるBig Knightだ。
 しかし、そのほか人間像の「Big Things」が国の歴史ともう少しつながりがある。

Map the Miner, Kapunda, SA.

  豪経済を昔も今も深い関わり合いがある鉱業を称えるオブジェがみつもある。
 南オーストアリア州カプンダにある鉱山労働者像Map the Minerがある。
 同町がオーストラリア初銅鉱業があり、それを称えるために1988年のオーストラリア建国200周年記念を祝う行事一つとして作られた。
 しかし、2006年にあるティーンエージャーが同像を目立つように軽油をかけ火をつけてから写真撮ろうとしたが、ボヤーとなってMap the Minerを全焼した。

The Big Gold Panner, Bathurst, NSW.

幸いに保険がかけられたため作り直すことができた。
(ちなみに、余談だが、このオブジェがあるカプンダはオーストラリアで最も幽霊が多い町とされているらしい。)
 金が同じような鉱業労働者像の共通点である。
 まず、19世紀半ば頃ニューサウスウェールズ州バスハーストという所に金が見つけられ「ゴールド・ラッシュ」となった。
 今ではバスハースト中心街に入る道路を通ると迎えてくれるのはBig Gold Pannerである。
 砂金を探している男の「Big Things」だ。
 オーストラリアの産業化に重要な役割を果たしたゴールド・ラッシュのキックオフがバスハーストにあったかもしれないが、最も大きかったゴールド・ラッシュがほぼ同じ時期にビクトリア州バララットというところに起きた。

The Big Miner, Ballarat, VIC.

さらに鉱業関係の「Big Things」以前に掲載したクイーンズランド州ザ・ジェムフィールズにある数箇所も忘れてはいけない。

The Big Farmer, Wudinna, SA.

 またオージーらしく鉱業並みに同国の経済に貢献した農業(厳密に言えば農家だけど、、、)を称える南オーストラリア州ウッディナにあるBig Australian Farmerだ。
 しかいし、このオブジェは他の「Big Things」と違ってあまりコミカルやキッシュな面がなく最も真面目な物だ。
 考えRooの個人的な見解だがこれが「Big Things」より彫刻だ。

The Big Soldier, Uralla, NSW.

 また真面目だけどもっと「Big Things」らしいのがニューサウスウェールズ州ウラッラにあるBig Soldierだ。
 軍事博物館前に設置されているこのオブジェが物や行事などを称えるより同博物館の広告塔だ。
 ちなみにこの地域が最も有名な理由が19世紀でオーストラリア独特な泥棒であるブッシュレンジャーが大活躍した場所のひとつだった。