Month: September 2012

How a Koo Wee Rup-Ture Created the Legendary Aisha the Geisha

Aisha the Geisha in Koo Wee Rup with her favorite sheep, Baaabara.

Becoming a geisha, a practitioner of Japan’s arts in a rigidly controlled, hierarchical society with customs dating back centuries, takes a rare kind of inner strength, and doubly so as a foreigner in a world insular even for the generally inward-looking Japanese.
激しい縦社会の中、数百年の歴史を誇り日本独特な伝統文化を身につけるために厳しい訓練を受ける芸者になるには、相当内面的な強さが求められている。ある意味で「閉鎖的」と言われている花柳界は、一般に内向きと言われている日本人が溶け込むのが難しいが、そもそも島国根性が見せられている外人にとってなおさらそうだ。

Aisha adds some Japanese refinement to the ancient Australian tradition of smoko.

A Koo Wee Rup cutie displayed such power after being mercilessly dumped by her Nar Nar Goon goon as she wrenched herself away from the attractions of asparagus farming, booted the Blundstones, rammed the shears and shoved aside all the old cows’ bullshit to create the legend of Aisha the Geisha.
しかし、アスパラとじゃがいも栽培で有名なクーウィーラップからやってきたオージー農家おてんばが農家で泥・沼(そして、泥沼)・羊・牛などとの生活の魅力を破棄して、内面的な力を示し、振られたナーナーグーン住まいアスパラ農家である彼を勝ち取り戻せるために「エイシャ・ザ・芸者」の伝説を作った。
Aisha dedicated herself to embodying Japan’s tradition-seeped, delicate, refined arts where every move is executed with a deft touch, grace of movement and smidgen of coquettishness.
エイシャは、洗練されている伝統的繊細な日本独特の芸を見につけるため必死に勉強した。

Aisha the Geisha about the silence the lambs….

Yet, learning the ancient arts of seduction didn’t necessarily require Aisha to forget about her roots, or cast down her hoe. Indeed, while trying to woo back her errant asparaguser, Aisha remained ever-adept at cow-patting and spark plugging while using her new-found charms to bring elegance to a typical smoko and display her social conscience by campaigning for geisha cyclists’ rights.
しかし、そうでありながら、牛飼いや車修理などルーツも忘れずにがんばってきた。とともに、新たに身に付けた才能にによって豪州工事現場に「茶の湯」などの習慣も導入して、国際交流に大きく貢献した。
Memoirs of an Aisha tells the compelling tale of an Aussie farm girl’s troubles in Tokyo, providing a light-hearted look at a lass from Down Under’s jolly jaunt in Japan, a land where comedy is taken with earnest seriousness.
「メモアーズ・オブ・アン・エイシャ」は、メルボルン・フリンジ・フェスティバルのコメディショーであり、オージー農場おてんばの東京での波乱万丈の物語である。日豪ユーモアであり、コメディを真摯に受け止めている花柳界(?)と豪州クーウィーラップの泥と沼(と泥沼)を融合する。

Memoirs of an Aisha
VENUE
Rue Bebelons
267 Little Lonsdale Street
Melbourne, Victoria 3000
DATES: 26-30 Sept and 1 Oct
TIME: 7.00pm, Sun 8.30pm, Mon 6.30pm (50min)
TICKETS
Full: $15
TO BOOK visit melbournefringe.com.au or call (03) 9660 9666
SHOW PUBLICIST
Marc Corley
marccorley@yahoo.com
Melbourne Fringe Festival
Memoirs of an Aisha

Sept. 26 to Oct. 14, 2012
Memoirs of an Aisha Media Release
Melbourne Fringe Festival ’12

Gangnam Bogan Style! K-Pop大ヒットの豪ダサイ風パロディ版が注目を浴びている

Melbourne Style

今、韓国K-PopアーティストPSYの「江南スタイル」が世界中に大ヒットが、数多くのパロディ版も発表され、その中オージーのダサイ文化を称える「ボーガン」風のMelbourne Styleが注目を浴びている。
K-Pop artist PSY may have scored a massive global hit with his catchy Gangnam Style, but he’s also inspired plenty of parodies, including Gangnam – Melbourne Style!, a version that celebrates Australia’s bogan culture of the unfashionable.

ちなみに、元の「江南スタイル」がこうだ。
Incidentally, the original Gangnam Style is here.

 ビデオの独特なダンスがヒットの原因一つとしているが、日本のネット社会では日本のカー用品販売「イエローハットCMのパックリだ」という声も上がっている。そのビデオがここにある。どう思う?
The dance mimicking a lasso-wielding horse-rider in Gangnam Style is often cited as a source of the hit’s success, but some among Japan’s Net community say PSY has ripped off moves from an ad produced here years ago by Yellow Cab, a car accessories seller. That video is here. What do you reckon?

‘Die Jockey,’ ‘Pyscho,’ ‘Odds Calais Summer Days’ & Hugh Jackman’s Other Japanese Lessons

Hugh Jackman while in Japan recently to film the latest installment of the “Wolverine” series of movies.

  「サイコ」、「騎士死ね!」と「オッズ、<フランスの>カレー夏の日々」が豪出身俳優ヒュー・ジャックマン氏「ウルヴァリン」シリーズ映画撮影のためこの頃来日した際使えた日本語のヒントだった。「最高」、「大ジョッキー」と「お疲れ様です」を示すがジャックマン氏が使用した英語版ヒント・シートには日本語の発音を近づくために使った英語の言葉が上記の意味となる!
“Psycho,” “Die Jockey!” and “Odds Calais Summer Days” were some of the phrases given on a Japanese language cheat sheet Hollywood heartthrob Hugh Jackman used recently in Japan while here to film the latest installment of the Wolverine movies.
Far from being anything sinister, though, Psycho was the description given for saiko, awesome, great, outstanding, the best, Die jockey! the rendition of dai jokki, a large beer glass, and Odds Calais Summer Days, which sounds something akin to a vacation on the French coast, but actually refers to otsukaresamadesu, a largely meaningless phrase used to encourage or praise a colleague upon completing a task and that literally translates to “you are honorably tired.”
ジャックマン氏のヒント・シートには「最高」がPyscho(精神病質者< サイコ>)、大ジョッキーがDie Jockey!(騎士、死ね!)とお疲れ様ですがOdds Calais Summer Days(オッズ、<フランスの>カレー夏のの日々)となっていた。
Jackman’s cheat sheet contained some fairly creative examples, but it’s hard to deny they weren’t pretty accurate. They’d also likely give him a handy rudimentary glossary of important terms for his stay in Japan.
ジャックマン氏のヒント・シートは一瞬すごく変に見えるかもしれないが、なんだかんだ言っても英語ネイティブとして日本語の覚えやすい方法だった。
Here’s part of the list, courtesy of designer/planner Misuzu Wakaki.
デザイナー・プラナーのWakaki Misuzu氏により、同ヒント・シートの一部は下記にある。

Hugh Jackman’s Japanese Cheat Sheet

豪砂漠の恐怖な「火の竜巻」

A fire devil, or fire tornado, near Alice Springs on Sept. 17.

 オーストラリア、ノーザンテリトリー州のアリス・スプリングズ近くに同町テレビ局が17日に起きた「火の竜巻」の劇的な映像を撮られた。
 「火の竜巻」という現象は滅多に起きなく、起きるときでも長くて数分間と言われているが、撮影したクリス・タンギー氏が約40分続けたという。
 同氏がテレビ用のイメージ映像のロケハンティング中だったが、いきなり「火の竜巻」が上がったきた。
 「人生一度のチャンスではなく、人生10回生きても1回あるかどうかようなことだった」という。
Caught on camera: The 30 metre high tornado of FIRE that whirled around Australian outback for terrifying 40 minutes

泥棒が、、、コアラだった!

オーストラリアアデレード市に「泥棒が自宅に入り込んだ見たい」という電話が14日午前中市内のある夫婦から警察当局に入り、警官が駆けつけたところすぐに「犯人」を捕まえた、、、コアラだった、とオーストラリア多文化放送局SBSが報道した。
 夫婦が無事だったし、結局何も盗まれなかった。
 一方、「犯人」のコアラもお騒ぎを起こした後、警官がだっこし、近くの森に放された。
 未確認ですが24時間中約22時間寝ると言われているコアラは、以降、恐らく再び寝入りしただろう。
「起訴することはなかったよ」とある警官がコメントしたらしい。
(元記事:英語)Koala sparks Adelaide police incident