Month: December 2012

シドニーが年中で最も輝く一日

New Year's Eve fireworks over Sydney Harbor.

New Year’s Eve fireworks over Sydney Harbor.


 世界有数なお大晦日行事がオーストラリア最大・最古都市シドニーで行う。
One of the world’s most renowned New Year’s Eve parties takes place annually in Sydney, Australia’s oldest and largest city.
 日本で紅白歌合戦が行うと同じようにシドニーでは同市の有名なハーバー・ブリッジとオペラ・ハウスを背景に豪華な花火大会を開催する伝統がある。
Just as Japan has a New Year’s Eve tradition of the Red-White Singing Contest, Sydney’s custom to mark the end of one year and herald the start of another involves setting off fireworks with its famous harbor bridge and opera house as a backdrop.
 世界中から真夏のシドニー大晦日を楽しめるために大勢がやって来るし、今年俳優レオナルド・ディカプリオジェーミー・フォックスがそこでパーティを開いて新年を迎えた後個人ジェットでオーストラリアと時差18時間があるラス・ベーガスに飛べ再び新年を迎える予定だ。
People come from all over the world to celebrate the midsummer fireworks spectacle, with this year’s celebrants including Hollywood superstars Leonardo di Caprio and Jamie Foxx, who plan to welcome the new year in Sydney, then hop onto a private jet and fly to Las Vegas to take advantage of the time difference and be ready to greet the start of 2013 all over again.
 生でシドニーの大晦日花火大会を観賞するが予想100万人で中継など世界中に10億万人に見られるそうだ。
About 1 million people are expected to see Sydney’s New Year’s Eve fireworks live, while another estimated 1 billion worldwide will watch the event on television.
Kylie Minogue

Kylie Minogue

 シドニー花火大会が1980年代に行ったが、毎年シドニー湾が中心となる花火大会が本格的に1996年から始まって比較的に最近のイベント。2012年ニューイヤー行事ではオーストラリアで大人気歌手カイリー・ミノーグがプロデュースする。
Sydney’s fireworks are a comparatively recent event, starting in the 1980s, but with the city’s iconic landmarks only taking center stage in annual events that began only in 1996. Australian superstar singer Kylie Minogue will be a producer of this year’s fireworks display.
 ちなみに、皮肉的にシドニーの花火が世界中に有名だが、オーストラリア人と花火が複雑な関係がある。日本で真夏を象徴しどこにでも売られている花火がオーストラリアでは個人レベル手には入れない。乾燥しているオーストラリアでは火事を起こしやすい花火の使用が禁じられている。
Incidentally — and ironically considering the fame of Sydney’s fireworks — Aussies have a complicated relationship with fireworks. Although most Japanese regard fireworks as a symbol of summer and setting them off is a tradition with crackers and the like on sale in stores nationwide, it has been almost impossible since the 1970s for individual Australians to buy fireworks, which are banned for individual use, ostensibly due to the danger of fire in the tinderbox dry heat of the summer Down Under.

Sydney New Year’s Eve Official Site

大ヒット中のTimTamって「豪菓なビスケット」と言っていい?

 今では、オーストラリアの味が日本でひそかなブームが起こっている。
Australia is, in a way, flavor of the month of sorts in Japan at the moment.

 それはチョコ・ビスケットTimTamのことだ。
That exalted status is thanks to the humble TimTam.
IMG_6258 今、日本のどこのコンビニーでも売られているし、多くの駅売店でも販売されている。
TimTam biscuits are now sold in just about all of Japan’s ubiquitous convenience stores and most station kiosks in the capital and surrounding prefectures.
 TimTamは、1963年からオーストラリアで製造し始まった。2つのビスケットの間にクリームが挟まれ、全体がチョコレートでカバーされる。発売されてすぐに人気となり、オーストラリアを象徴する味ともなった。
TimTam biscuits were first made in Australia in 1963. They are comprised of two biscuits sandwich cream filling and covered entirely in chocolate. They have become a symbol of Australia.
 しかし、元々製造した豪アーノッツ社が米キャンベル・スープ社に買収された。
However, ownership of Arnott’s Biscuits Holdings, the company that produces TimTams, has fallen into the hands of Campbell Soup, an American company.
IMG_6259 これによって同ビスケットが日本を含めて世界中に楽しめるようになった。 
This led to TimTam biscuits being sold throughout the world, incluing to Japan.
 しかし、オーストラリア国家主義ビジネスマンであるディック・スミス氏が米国会社に買収されたことに対して競争する劇的に似ているTemptin’ビスケットを2003年に販売した。
However, it also prompted Dick Smith, a nationalist Australian businessman, to come up with Temptin’ biscuits, a fully Australian-owned biscuit that bore an extremely close resemblance to the TimTam and went on sale in 2003.
アーノッツ社が同氏を訴えて、両社が結局和解した。
Arnott’s responded by suing Smith and the two parties came to a settlement that ended their bikkie war.
TimTamFlavors 日本では、このビスケットがキャンベル・ジャパンが販売している。
Campbell Soup Japan sells the biscuits in this country.
 今、日本ではOriginal, Dark Chocolate, Classic Dark, WhiteとChewy Caramel味の上に細長い版Fingersが販売されている。
Currrently, the TimTam flavors on sale in Japan are the Original, Dark Chocolate, Classic Dark, White and Chewy Caramel biscuits, as well as the Fingers snacks.
 しかし、オーストラリアでは上記の味の他にRum Raisin, Chewy Choc Fudge, Mocha Coffee, Chilli Choc Fling, Tia Maria, Double Coat, Creamy Truffle Temptation, Black Forest Fantasy, Hazelnut PralineとLove Potion味で販売されている。
TimTamTiaMariaIn Australia, TimTam biscuits currently or formerly on sale included the above flavors as well as Rum Raisin, Chewy Choc Fudge, Mocha Coffee, Chilli Choc Fling, Tia Maria, Double Coat, Creamy Truffle Temptation, Black Forest Fantasy, Hazelnut Praline and Love Potion,
 その上、インドネシアではCheese味TimTamもある。
In addition to these flavors, it’s also possible to buy Cheese TimTam biscuits in Indonesia
Cheese TimTam 日本で販売されているが他が販売されていないTimTamは、ボックス型包装で、ひと箱何個かが入っている商品だ。
Japan’s multi-packet boxes are a TimTam sales form not found in Australia.
 有名なTimTam楽しみ方は「TimTamスラム」と呼ばれている。
The TimTam Slam is a well-known method of consuming the biscuit.
 これは、ビスケットの上と下各一角ずつを噛んでコーヒーや紅茶などの飲料品に入れて噛まれているところの穴から飲料を吸い込むような形で飲み、飲み物の美味しさと共にTimTamも味わえる。日本の放送上で「TimTamスラム」の方法がしっかりと書かれている。
This involves taking a small bite out of the corners at diagonals on a TimTam, dipping the biscuit into a beverage such as coffee or tea, and then sucking the beverage through the holes created in the TimTam, allowing for a taste of the bikkie while consuming the drink.

What’s a bikkie?
Oh, a bikkie is this, too.
Arnott’s Australia
Campbell Japan TimTam Page

憎むのが大好きだった「反豪」豪州人の最後の別れ

Tony Greig

Tony Greig

トニー・グレッグ氏を知っている日本人が恐らく片手で数えるぐらいだろう。が、同氏が多くのオーストラリア人に愛されたと言っても過言ではない。 その理由を説明するのが非常に複雑だ。
You could probably count on a hand the number of Japanese who’ve even heard of Tony Greig, but it’s no exaggeration to say he was widely-endeared in Australia. Explaining why is pretty complicated.
29日付で肺がん治療中で心筋梗塞によってシドニーの病院で亡くなり、南アフリカ出身でイングランドのキャプテンとしてグレッグ氏は並以上の有力クリッケット選手であって、まだ現役1970年代で同スポーツの変革を起こした人の一人となり、以降オーストラリアを中心にテレビ解説者として活躍しながら豪国籍も収得した。

Greig died in a Sydney hospital on Dec. 29 of a heart attack that may have been brought on as a result of undergoing treatment for lung cancer. The apartheid-era South African-born former England captain was a better-than-average cricketer who was among those who brought about a revolution in the game in the 1970s before becoming a TV commentator in Australia and subsequently becoming an Australian citizen.
選手現役時代がちょうどオーストラリアの黄金期に伴った。オーストラリアが次からどんな相手でも素早く完全に潰した時代だったグレッグ氏が違った。チームメイトが相次いでアウトになったら、グルツグ氏だけが豪の有力選手に立ち向かって健闘した。多くの人を苛立たせながら、多数人数の尊敬も得た。
Greg’s playing days coincided with an Australian glory era. At a time when Australian teams were ripping through their opponents, Greig pluckily stood up to them even as his teammates often collapsed in a heap around him. Greig annoyed the hell out of many Australians, but his persist fight against overwhelming odds also brought him bucketloads of Aussie respect.
 また、グレッグ氏嫌なところがあった。特に1960年代後半以降英国連邦では南アフリカのアパルトヘイト制度について厳しくなった。同制度下で「名誉白人」として扱われた日本人にとってそれほど悪影響がなかったかもしれないが、大半が有色人種である同連邦とオーストラリア、南アフリカやローデシア(現ジンバブエ)(後の二か国が連邦から脱会だが、、、)など人種によって政策を実施した白人中心とした国で破裂しそうだった。その中南アフリカ出身白人グレッグ氏が(全員アフリカ系)カリブ海諸国で構成されているウエスト・インディーズに対して「ひれ伏させるぞ」と36年後の今でも怒りが収まらない発言をして、大勢にも憎まれていた。
Greig could also be hated. In 1976, the white South African (whose veldt-influenced accent remained with him for life) threatened to make the (all African heritage) West Indian team “grovel.” The effects of that statement may be hard to understand for many Japanese, who were affored “honorary white” status under South Africa’s hated apartheid system, which threatened to rip apart the British Commonwealth, which was composed of predominantly non-white nations but also included many countries where racially-based legislation had been the norm, including Australia, South Africa and what was then known as Rhodesia (today’s Zimbabwe). Even now, 36 years after the event, many still abhor Greig’s remark.

 だが、それに対して偉さも見せたともいえる。同氏がその発言に対して誤り、ウエスト・インディーズに完敗された時に自分自身がそのチーム前でひれ伏してお詫びした。また、ご自身が転換病だったし、まだ公表することが珍しい時期でそれを発表し、多くの患者の手伝いを行なった。
To his credit, Greig could also admit to being wrong. When the West Indies team responded to his statement with anger, he apologized, and when the England team he was leading, the captain got down on his knees and grovelled before his opponents, begging for their forgiveness. He also announced publicly in 1977 that he was suffering from epilepsy, a disease then still carrying considerable social stigma, and helped others cope with the condition throughout the remainder of his life.
そして、解説者として有名な仕草が多数あり、その一つがオーストラリア在住であり、豪国籍を持ってもどうも同国対抗するを応援しているようにほのめかす。相手国が出身の南アフリカか自分が代表キャプテンだったイングランドならなおその気持ちが強い。
Greig became a legendary cricket commentator renowned for many idiosyncracies (especially checking the hardness of the pitch by inserting a key into it), including his somewhat anti-Australian stance, even after he naturalized, and this seemed to become more prominent when the Aussies played either his native South Africa or England, the team he had represented.
が、オーストラリア唯一全国的に行っているメジャー・スポーツとしてのクリケット中継解説者として30年以上に及んだらグレッグ氏がなんだかんだ言っても、そしてオーストラリアを小馬鹿にしても、大勢のオーストラリア人にとって愛される存在となった。

Yet, even as he niggled Australia, he came to be widely loved across the land in more than 30 years as a commentator on the country’s only major sport to claim undisputed national dominance.
享年66歳だった。同氏の人間性に疑問を持ちながら、永眠となったことが考えRoo自身に衝撃的だったことを否定できない(恐らく、死の必然性を改めて教えていただいたから、、、)。
Greig died age 66. While doubts linger about his character, it’s impossible for Kangaeroo to deny his passing hasn’t caused some shock (probably because it reaffirms Kangaeroo’s own mortality…)
グレッグ氏のご冥福をお祈り致します。
May Tony Grieg rest in peace.

国内ヒットでも海外コケ豪映画の行方は?

The Sapphires

The Sapphires

 1950年代世界を魅了して以降評価が下がれ影響も薄れた邦画同様、1970・1980年代で一時期一世風靡した豪映画も低迷している。
Just as Japanese cinema was globally renowned in the 1950s only to subsequently fall into decline, Australian movies lauded across the world in the 1970s and 1980s can now no longer make much of an impact outside of their homeland.

 国内市場が十分に邦画の存在を確保できるに対してオーストラリア国内だけでは商売にならない。今でも大ヒットしても数百万豪ドルの興業収益しか期待できないので、世界的にヒットするクロコダイル・ダンディマッド・マックスムーラン・ルージュやハッピー・フィートなどのような大作以外オーストラリアの映画界がビジネスよりチャリティ見たいな存在だ。
Unlike the domestic Japanese market, however, which is of a scale large enough to support its own industry, the Australian domestic movie business is tiny. This ensures that short of making a hit of the likes of the initial Crocodile Dundee series entries, the Mad Max series or something akin to Happy Feet or Moulin Rouge, a general release Australian movie is almost destined to be more of a charitable enterprise than a business.
 たとえ、国内・外高く評価された映画でもそうだ。
This applies even for movies rated highly domestically and overseas.
 今年の豪映画界ではそういうような映画が実際にあった。
This year has seen a move that proves to be a case in point.
 それは「ザ・サファイアズ」だった。
We’re referring to The Sapphires.

 この実話の元に作られて、オーストラリア版のスプリームスと呼ばれた若い先住民女性コンビオージー版ドリームガールズと言われている映画がカンヌ映画祭など世界各地で評価・表彰されこの頃豪映画として珍しく海外で売られるようになった。
The movie based on a true story about a band referred to as Australia’s version of The Supremes is said to be an Australian-style Dreamgirls and was awarded and highly rated when shown at international festivals such as Cannes and, rare for an Aussie movie these days, even sold overseas.
オーストラリアで最も有名な先住民歌手一人であるジェシカ・モーボイーをはじめ豪華なキャストがあって、実に面白い映画であり、1960年代先住民がまだ白豪州主義盗まれた世代など差人種別の根が深いオーストラリア社会で広く差別された先住民女性バンドが国際的に評価される話だ。
The movie featured Jessica Mauboy, one of Australia’s best-known indigenous singers, as part of a tremendous cast who worked to tell the fascinating tale of a group of indigenous women plucked from a reserve to form a band that became something of an international sensation at a time when it was still common for them to encounter discrimination in their homeland still deeply influenced by the White Australia Policy, the Stolen Generations and other aspects of its racist past.

 だが、フランス、イギリスをはじめ、オーストラリア国外では興業実績が貧しいだった。
But, The Sapphires flopped at the box office internationally, starting with failures in its first overseas markets in France and Britain.
 残念なことに日本では上映される予定が無い。
And it’s not even planned for release in Japan.