ファイティング原田の豪関係はローズで終わらなかった、、、

Famechon Harada Program 日本ボクシング界レジェンドであるファイティング原田こと原田政彦がオーストラリアとのつながりが世界初豪先住民世界チャンピオンとなったリオネル・ロースとのバンタム級タイトル戦で終わらなかった。
Masahiko “Fighting” Harada‘s connection to Australia did not end with his defeat to Lionel Rose, the first ever indigenous Australian to claim a world title.
 1968年ローズと負けた後にファイティング原田が世界チャンピオンに追う時にまたオーストラリア人と直面した。
Harada would again come up against an Aussie during his pursuit to regain a world title.
 翌年、オーストラリアのジョニー・ファメションを相手にフェザー級タイトル戦が東京で行った、、
That was Johnny Famechon, who he fought in Tokyo in 1969.
 

Comments are closed.