オーストラリアで迷子少年がカンガルーに助けられた、とCNNがいう

SimonKrugerRooCNN reported globally that a 7-year-old boy lost overnight in a forest near the South Australian capital of Adelaide was saved by a kangaroo.
CNNによると南オーストラリア州州都アデレード近くの森で迷子となった少年(7)がカンガルーに助けられた、と世界中に報道している。
Simon Kruger, the boy, claims that a kangaroo slept beside him when he went missing overnight.
シモン・クルーガー君が家族と離れて一夜を森の中で過ごして、そばにカンガルーが寝ていた。
His father called the kangaroo a “gift from God” that helped keep his son warm in the midwinter conditions.
「息子が温かく過ごせるよう、神がカンガルーを遣わしてくれたのだと思う」 とシモン君の父、エティエンさんがいう。
Simon was found safe and emerged from what could have been a traumatic experience armed with a great story.
シモン君は、無事で見つけられ、怪我がなかったが立派なストーリーが出来た。

*Personally, Kangaeroo has a number of reasons for reckoning this story may be stretching the truth a bit. If Simon’s tale is, indeed, true, then wonderful, but it kept reminding me of this story. 個人的に、考えRooがこの話がちょっと信じがたいところがあるが、シモン君の話が事実であれば最高だと思う。しかし、どうもこの話を思い浮かばせる。

Comments are closed.