巨大カモノハシ「ゴジラ・プラッタプス」が豪で発見

GodzillaPlatypus 現代の倍以の大きさだった「ゴジラ・プラッタプス」5百万から1億1500万年の間前に巨大な歯付カモノハシが豪などに生存した、と豪古生物学者が11月発表した。
 オーストラリアの数多く独特な動物の中では、カモノハシが最も変わっているかもしれない。
 ビーバーの尻尾にモグラの胴体と鴨の鼻・口だけでなく、哺乳類のように母乳を与えながら子供が爬虫類や鳥類など同様に赤ちゃんを卵で産む「単孔目(たんこうもく)」動物である。
 この目は、カモノハシとオーストラリアのハリネズミであるechidnaしかないです。
 今のカモノハシは歯がなく餌等を圧力で殺して食べるが、「ゴジラ・カモノハシ」は、歯があって、小さな動物や虫類などを噛んで食べた、と同学者がいう。

Obdurodon tharalkooschild

Obdurodon tharalkooschild

 新しく発見した「ゴジラ・カモノハシ」の本当の名前がObdurodon tharalkooschildだ。身長が約1メートルまで伸ばされ、現代カモノハシの約倍。この大きさの差によって学者たちが「ゴジラ」という名前を冗談で付けた。
Giant toothed platypus roamed Australia

Comments are closed.