Category: ストラインと日本語

先住民視野を中心としたCommonwealth of Australia

考えRooがオーストラリアについてプレゼンをしましたので、その内容が以下の通りとなりました。コメントなどをぜひ送ってください。
今のオーストラリアの概要
* オーストラリアはラテン語で「南大陸」という意味
* 本土に加えてタスマニア島を含め数多くの島々で構成、面積はおよそ770万㎢であり、日本の約25倍ある
* GDPが世界19位、一人当たりのGDPは世界9位
* 人口が2500万人弱、日本の約5分の1
* 住民の80%以上がヨーロッパ系の白人であり、その他にアジア人が約12%、先住民などが約2%
* ヨーロッパ人在住が1788年から始まり、イギリスの刑務植民地として開拓された
* 当時、イギリス法はオーストラリアを「無人」扱いだったが、先住民がそこですでに数万年間住んでいた

オーストラリア先住民と
トレス海峡諸島民


オーストラリア先住民
* 昔、「アボリジニ 」として呼ばれた
* まだ使われているが、「土人」という意味なので「先住民」、「原住民」、「ファースト・ネーションズ」や特定部族名を使うことが主流
* 先住民の定義は、植民地化以前にトレス海峡諸島民を含めてオーストラリア大陸及び周辺諸島に移住した人の子孫
* 現在、援助対象の場合を除き「先住民」認可は基本的に自己申告
* 植民地化当時人口が約300万人とされているが、今の先住民人口は約65万人であり、全体のおよそ2.8%

虹蛇

ドリーミング
* 先住民の宗教にあたるのは「ドリーミング、夢の時」
* 個人のすべての過去と現在と未来がつながっていると信じる
* 各個人のドリーミングが違い、独特なものである
* 部族の象徴でも、習慣でもドリーミングになる
* 全ての知識が先祖から集まると信じる
* 死後、名前を使用することが禁じられている
* 死後、再び土と一緒になると信じる 
* 宗教同様、多くの神話が部族によって異なった
* 共通神話が「虹蛇」
* 虹蛇が創造神話の中心となっている、世界を創ったとされている
* 全てのものが土と一緒になるため聖地が多い
* 有名な例がウルル(エアーズロック)。聖地であるため、最近、2019年から登山禁止されることが発表
コロボリー
* 踊り、音楽、仮装でドリーミングと交流する儀式
* 参加者が体に絵を描く
* 原則として誰でも参加できるが女性などが禁止されたコロボリーもあった
アボリジナル旗
* アボリジナル旗は先住民族の旗であり、オーストラリアの公式な国旗の一つ
* 1971年にハロールド・トーマス(Harold Thomas)によってデザインされた
* 黒は、先住民族の黒い肌の色を表す
* 赤はオーストラリアの土の色であり、過去も未来を表す
* 黄色い丸は生命源である太陽を表す
先住民部族
* 元々先住民は600以上の部族があった
* 各部族に特有文化及び言語があった
* 先住民言語の多くは絶滅したが、未だに120種類以上が使われている
* ほとんどの先住民が英語を母国語としている
* オーストラリア・アボリジニ英語が出来た

先住民部族


世界最長継続文化
* 先住民がオーストラリア到来以降狩猟採集社会となった
* 未だに狩猟採集社会が北部のアーネム半島を中心に継続している
* 継続している文化で世界で最も最長となっている
* 最後の未接触部族が1984年にオーストラリア中央部にて発見された
* 先住民のほとんどが遊牧民族
* ほんの一部を除けば、入植当時農業がほとんどなかった
* 「領土」の感覚がなくて、部族の行動範囲がだいたい決まっても「所有」という感覚がなかった
* 部族内戦争が多発したが、目的が主に限られた食資源と部族外女性を取るため
* 部族内女性を交換することがあった
先住民の道具:ブーメラン
* ブーメランは狩猟やスポーツに使われているこん棒
* いつくかの種類があって、種類によって使用目的が違う
* 手で投げて手元に戻ってくる種類が有名
* 戻ってくるブーメランが楽器、こん棒、デコイなどに使われている
* 戻ってこないブーメランが棍棒か狩猟や戦闘に使われている 
* 史上で人間が最も遠く投げたものがブーメランだった
ディジュリドゥ
* ディジュリドゥ は何千年前から使われ、世界最古の管楽器とされている
* 伝統的にオーストラリア北部しか使われていなかった
* 男性の楽器だった。
* 女性が吹くと妊娠するので吹いてはいけない、部族によっては反対に女性が吹くと不妊になるので吹いてはいけないという伝承がある。女性は触れてもいけないとする部族もある。
* 世界中にオーストラリア先住民のシンボルの一つ
* ディジュリドゥは、先住民の言語の言葉ではない。特定がはっきりしていないがおそらくどこかのヨーロッパの言語の擬音語とされている言葉
ウォメラ
* ウォメラは腕の延長器具であり、槍を遠くて、早くて強くなげられるようにした
* 狩猟に使われた
* 第二次世界大戦後にオーストラリアが宇宙計画を開始、打ち上げ場がこの道具をちなんでウーメラ試験場 と名付けられた

ブルローラー(ターンダン)
* ブルローラー(ターンダン)は先住民の重要な楽器​
* 魔除けに使われた​
* 男性のみ使用され、多くの部族の伝説で空の神の声を示す​

食生活のブッシュ・タッカー ​
* 食生活にバランスをとるように工夫をし、場所によって食べ物が大きく異なった​
* 基本的に肉類がヘビ、オオトカゲ、カンガルー、ポッサム、ハリモグラとエミューだった。植物がフルーツ、マカダミア、種などを含めた。​
* スナックが昆虫で、ウィッチティグラブというイモムシが最も有名な例​
* 甘いものが蜂蜜、樹液やハニーポットあり
先住民の歴史​​
* 先住民たちの先祖がいつ頃オーストラリアに到来したのかは、研究者の間でも意見が分かれている​
* 到来は61,000年から52,000年前とも、125,000年前とも考えられている​
* 恐らくインド経由から到来した​
* 最古の現生人類の化石とされるマンゴマンが約4万年前のもの​
* 白人入植1788年当時、全国で先住民人口が約30万人から約100万人と推定されている​
* 伝染病を最大理由に先住民人口が以降激減した​
* 白人と各地で戦争が行ったが、先住民の完敗となった​
* 大虐殺が20世紀前半まで各地で行なわれた​
* 1920年までに先住民人口が約7万人まで減少した​
* 入植の1788年から20世紀に入る間、ヨーロッパ人の開拓が広がったにつれ、先住民と摩擦が激しくなった​
* ヨーロッパ人の武力が圧倒的に強かったが、先住民死亡の最も大きな理由が病気​
* それでも、虐殺が相次いだ​
* 1830年代末までに基本的に先住民の武装的な抵抗が事実上不可能となった​
* 所々で抵抗できたが事実上イギリス人がオーストラリア全体を君臨した​
* 先住民死亡率が最も高かったのが人口密度が高かった豪北東部(現クィーンズランド州)とタスマニア島​
* 1828年から1832年の間「ブラック・ウォー」がタスマニア島で行った​
* 同島では軍事法下で先住民の殺害を事実上許可することになり、先住民人口が約1,500人から約300人に​
* 19世紀後半ではタスマニア島の先住民が絶滅したとされた(実際には子孫が今でも健在)​
* 「開拓戦争」の関連紛争が1930年代まで続いた​
国民調査参加と「盗まれた世代 」​​​
​* 一部を除けば、先住民に参政権があり国民として認められたが国民調査に含まれていなかった。1967年の国民投票で、やっと他のオーストラリア人同等の位置づけとなった​
* 20世紀初頭~1970年代までヨーロッパ人の血が入っていれば先住民10人に1~3人が強制的に家族からとられ、国家養子として育てられた。これは「盗まれた世代」と言われ、ようやく2008年に国が謝罪した​
* 大虐殺があったかどうかあるいはその規模についての論争及び先住民の参政権や「盗まれた世代」が主な実例で「歴史戦争」の起点となった​
歴史戦争​​​​
* 現在のオーストラリアでは植民地時代と先住民に関する歴史の対立が激しい​
* 保守派は、先住民の存在を認めながらオーストラリアを開発し、裕福化したのはヨーロッパ人開拓者だと主張​
* また、昔のことなので、現代のオーストラリア人の責任ではないという​
* 一方、進歩派は、先住民にお詫びをし、補償すべきだと主張​
* また、先住民と連邦国間の条約の締結を求めている​
* 主に1990年代から2000年代の間に行ったが、はっきりしないで未だに続く
先住民の今​​​​​​
* 土地の所有権について1970年代から先住民の声を取り入れている。「先住権原法」が1993年に執行され、以降先住民が土地の伝統的な所*
* 有者であることを出張した場合先住家裁判所が判定する​
* 1989年~2005年の間アボリジナル・トレス海峡諸島委員会という自治体が先住民の健全な生活として権限が与えられたが、不祥事などによって国が再びこの任務を担った​
* 「盗まれた世代」、土地の所有権など、補償に関する論争や法的手段が続けている​
* 先住民の犯罪率が極めて高く、全国人口の2.8%に対して受刑者全体の約30%が先住民​
* 健康問題が深刻であり、先住民男性の平均寿命が約67才で非先住民オーストラリア人男性の約78才より11才違う。女性は、先住民の平均寿命が約73才に対して非先住民の約82才で9歳差。​
* 健康格差が政府の重要課題と位置づけられている​
* まだまだたくさん課題があるが、以前に比べて前に進んでいる​
先住民の英語​​​​​​​
先住民英語​英語​日本語(一般オージー英語・先住民英語)​
CampHomeキャンプ場・家​
CheekyDisrespectful生意気​・尊敬しない
DeadlyFatal致死的・かっこいい
GubbahCaucasian白人(いずれも)
FellaPerson人(男女問わず)・人(男を暗示)​
Unna?Aint it?だろう?(いずれも)

日本語にある豪先住民語彙​​
日本語​元の言語​
ブーメラン​トルワル後(現シドニー周辺)boumarrang​
コアラ​ダルク語(現シドニー周辺)gula​
ワラビ​ダルク語 walabi​
ディンゴ​ダルク語 dingo​
ウォンバット​ダルク語 whom-batt​
ビラボング​ウィラジリ語(現ニューサウスウェールズ州中央部)bilaban
カンガルー​*グーグ・イミディル語(現クイーンズランド州北部)gangurru​

* 英国人が初めてオーストラリア大陸に上陸した際、先住民にカンガルーを示して「あの動物は何と言うのか?」と訊ねたところ、先住民は英国人の言葉が理解できないため、「(何を言っているのか)わからない」という意味で「カンガルー」と答えたが、訊ねた側は「あの動物は“カンガルー”という名前らしい」と誤解してしまい、これがこの動物の通称となったと言われているが、都市伝説。なお、各部族にカンガルーの通称があって、すべての部族がカンガルーと呼ばなかった
先住民の今​​​​​​
* 豪先住民と関わる日本人が多数存在する。アートやディジュリドゥ関係が多い。しかし、他もいる。例えば:​
* 日本ブーメラン協会がある。​
* 2014年に日本ブーメラン代表が見事に世界チャンピオンとなった​
* 宇宙飛行士土井タカオさんも宇宙にて無重力でブーメランが元に戻ることを検証し、まさに豪先住民らしい実験を行った​

* 豪個人的に最も興味深い日本人・豪先住民関係が角田太作氏​
* 言語学者である角田氏が学生時代豪先住民の絶滅危機にあった言語ワルング語を最後にネイティブとして使った人から同言語を習った​
* 1981年に話せる人が亡くなって言語が絶滅したが、角田氏が教えることになった​
* 今でも、ワルング語を使った部族の子孫に角田さんがワルング語を教えている​
* 一人の日本人の力で一つの豪先住民の大切な言語が残っている​

Brace Yourself, Sydney…Here Comes Kyary Pyamu Pyamu

Kyary Pamyu PamyuColorful Japanese entertainer Kyary Pyamu Pyamu will play one show in Australia later this month as part of her Nanda Collection World Tour 2014.
Demand to see the performer probably best known for her flamboyant 2011 viral video “Pon Pon Pon” has been enormous and her only Australian show on March 23 was shifted from Sydney’s Metro Theater to the considerably larger UNSW Roundhouse.
The often infantile 21-year-old whose full stage name is Caroline Charonplop Kyary Pamyu Pamyu (her real name is Kiriko Takemura) is currently among the best-selling contemporary performers and is easily Japan’s best-known singer among 20-somethings outside of her homeland.
Although Kyary Pyamu Pyamu has a reputation outside of Japan as being something of a non-conformist, most of her innovation comes from a marketing team playing on the image she cultivates cleverly. Nonetheless, there’ll be no shortage of color or noise at her show.
kyary-pamyu-pamyu_2m3m1qjnv7cKyary Pyamu Pyamu’s Nanda Collection World Tour 2014 comprises shows in 15 cities in 10 countries over a five-month span from February to June this year.

Pon Pon Pon

Mottainai Land

Fashion Monster

Tickets for Kyary Pyamu Pyamu’s sole Australian show are available through Ticketek

A Breakout Performance Focusing on Australia’s Cowra

A scene from "Kaura no Hancho Kaigi" with Japanese POWs wearing the crimson uniforms they wore at the Cowra Prison Camp.

A scene from “Kaura no Hancho Kaigi” with Japanese POWs wearing the crimson uniforms they wore at the Cowra Prison Camp.

Kaura no Hancho Kaigi (Honchos’ Meeting in Cowra) superbly dramatizes events surrounding a definitive incident in Australia-Japan relations.
The play being performed by the Rinkogun theater group daily until March 24 (with two shows on March 19 and 21) centers on the Cowra Breakout, an attempted escape by about 550 Japanese prisoners of war being held in an Australian POW camp in August 1944.
Interwoven with the action surrounding the decision to rebel and attempt to escape or die trying by a group of men whose own homeland had effectively killed them by bureaucracy and cultural manipulation is a tale of a group of women making a film about the incident, but also containing a sub-plot of documenting the Fukushima nuclear disaster.
Overall, the result is a must-see for anyone with an interest in Australia-Japan relations, though it may not be exclusively pleasing and could raise discomforting issues that can sometimes be shoved under the carpet, prime of which is the fact that Australia and Japan were once at war and bitter, racially opposed enemies: a matter not commonly known in Japan.
HonchoLargeThe play is also an unabashedly left-wing account of events, but this is also Kaura no Hancho Kaigi’s greatest strength as it humanizes the characters, notably the Imperial Japanese Army soldiers whose wartime culture depended on their dehumanization.
Playwright Yoji Sakate‘s script admirably addresses many serious issues, but perhaps too many, and sacrifices clarity at times in an apparent effort to ensure all sides have their views presented, but this foible is only a minor one.
Made for a Japanese audience, Kaura no Hancho Kaigi is essentially a Japanese-language play, but has large swathes of English (sometimes for mysterious reasons), much of which is delivered with deplorable Australian accents by American actors John Oglevee and Benjamin Beadsley, who redeemed themselves by breaking the fourth wall to apologize for their Strine deficiency.)
Nontheless, the somewhat surreal play had a bit of everything from action, humor, tragedy and drama, and is certainly worth seeing.

カウラの班長会議Kaura no Hancho Kaigi (Honchos’ Meeting in Cowra)
All seats reserved (prices range from 1,500 to 4,000 yen)
Showing until Sunday, March 24 at Shomokitazawa Za Suzunari
For inquiries or ticket sales, contact Rinkogun
(All inquiries should be made by a Japanese speaker)

A Little-Known, Bizarre Australia-Japan Christmas Story

A memorial to Japanese military members on Christmas Island.

A memorial to Japanese military members on Christmas Island.

Dec. 25, the original date of this post, is Christmas Day, but Christmas also gives its name to an island with a little-known — and bizarre — role in Australia-Japan relations.
 元々この記事がアップされた12月25日は、クリスマスの日だが、「クリスマス」も知られざる日豪歴史の不思議な面白いエピソードに関わった島にも使われている。
An Australian territory, Christmas Island was with Nauru and parts of New Guinea parts of Australian-governed lands the Japanese occupied during World War II.
クリスマス島は、第二次世界大戦中ナウル、ニューギニアの一部に次ぐ大日本帝国海軍に占領されたオーストラリア領土だった。
A Japanese nameplate dating to the World War II occupation found on Christmas Island.

A Japanese nameplate dating to the World War II occupation found on Christmas Island.

There’s an interesting tale behind Japan’s wartime occupation of Christmas Island, though.
そして、大日本帝国海軍のクリスマス島占領について面白いハプニングがあった。
It was long thought the island would be targeted because of its rich phosphate deposits.
Indeed, the Imperial Japanese Navy headed to the island in March 1942. The Allied troops defending Christmas Island realized they were outnumbered by an overpowering force, dismantled the island’s defenses and raised a white flag of surrender. The Japanese, however, sailed away. Once again, the Allies raised the Union Jack.
クリスマス島はリン酸塩が豊富であり、そのため開戦まもなく連合軍が日本軍の攻撃を期待していた。案の定、1942年3月大日本帝国海軍が同島を近づいた。連合軍が勝ってない相手として見なして降伏するために白旗を揚げたが日本帝国海軍が反応しなくその場を去った。不思議がっていても連合軍が再びユニオン・ジャックを揚げた。
Days later, though, members of the British Indian force mutinied, overpowered and killed their British officers and interred the remaining Europeans on Christmas Island. The Indian mutineers then invited the Imperial Japanese forces to take over the island, which they did under the command of Rear-Admiral Shoji Nishimura.
 だが、数日後、連合軍のインド系の軍人が氾濫を起し、イギリス人司令官を殺し、オーストラリア人などヨーロッパ系の人々を監禁した。そして、大日本帝国海軍を呼びかけて西村祥治海軍中将下で占領が始まった。
Imperial Japanese Navy Rear-Admiral Shoji Nishimura

Imperial Japanese Navy Rear-Admiral Shoji Nishimura

Sabotage by workers ensured Japan gained little phosphate and it soon withdrew all but a token force from Christmas Island, which was handed to Australia to govern following Japan’s defeat in World War II. Australia continues governing Christmas Island through to today.
しかし、労働者のサボタージュなどによる、結局リン酸塩取得量がほとんどなく数人の兵士を除き、すぐクリスマス島から去った。日本の敗戦後クリスマス島がオーストラリア領土となり、今でもその状態が継続している。
More About Christmas Island

Christmas Island 2/7
Christmas Island 3/7
Christmas Island 4/7
Christmas Island 5/7
Christmas Island 6/7
Christmas Island 7/7
The Mystery of Christmas Island, March 1942

How a Koo Wee Rup-Ture Created the Legendary Aisha the Geisha

Aisha the Geisha in Koo Wee Rup with her favorite sheep, Baaabara.

Becoming a geisha, a practitioner of Japan’s arts in a rigidly controlled, hierarchical society with customs dating back centuries, takes a rare kind of inner strength, and doubly so as a foreigner in a world insular even for the generally inward-looking Japanese.
激しい縦社会の中、数百年の歴史を誇り日本独特な伝統文化を身につけるために厳しい訓練を受ける芸者になるには、相当内面的な強さが求められている。ある意味で「閉鎖的」と言われている花柳界は、一般に内向きと言われている日本人が溶け込むのが難しいが、そもそも島国根性が見せられている外人にとってなおさらそうだ。

Aisha adds some Japanese refinement to the ancient Australian tradition of smoko.

A Koo Wee Rup cutie displayed such power after being mercilessly dumped by her Nar Nar Goon goon as she wrenched herself away from the attractions of asparagus farming, booted the Blundstones, rammed the shears and shoved aside all the old cows’ bullshit to create the legend of Aisha the Geisha.
しかし、アスパラとじゃがいも栽培で有名なクーウィーラップからやってきたオージー農家おてんばが農家で泥・沼(そして、泥沼)・羊・牛などとの生活の魅力を破棄して、内面的な力を示し、振られたナーナーグーン住まいアスパラ農家である彼を勝ち取り戻せるために「エイシャ・ザ・芸者」の伝説を作った。
Aisha dedicated herself to embodying Japan’s tradition-seeped, delicate, refined arts where every move is executed with a deft touch, grace of movement and smidgen of coquettishness.
エイシャは、洗練されている伝統的繊細な日本独特の芸を見につけるため必死に勉強した。

Aisha the Geisha about the silence the lambs….

Yet, learning the ancient arts of seduction didn’t necessarily require Aisha to forget about her roots, or cast down her hoe. Indeed, while trying to woo back her errant asparaguser, Aisha remained ever-adept at cow-patting and spark plugging while using her new-found charms to bring elegance to a typical smoko and display her social conscience by campaigning for geisha cyclists’ rights.
しかし、そうでありながら、牛飼いや車修理などルーツも忘れずにがんばってきた。とともに、新たに身に付けた才能にによって豪州工事現場に「茶の湯」などの習慣も導入して、国際交流に大きく貢献した。
Memoirs of an Aisha tells the compelling tale of an Aussie farm girl’s troubles in Tokyo, providing a light-hearted look at a lass from Down Under’s jolly jaunt in Japan, a land where comedy is taken with earnest seriousness.
「メモアーズ・オブ・アン・エイシャ」は、メルボルン・フリンジ・フェスティバルのコメディショーであり、オージー農場おてんばの東京での波乱万丈の物語である。日豪ユーモアであり、コメディを真摯に受け止めている花柳界(?)と豪州クーウィーラップの泥と沼(と泥沼)を融合する。

Memoirs of an Aisha
VENUE
Rue Bebelons
267 Little Lonsdale Street
Melbourne, Victoria 3000
DATES: 26-30 Sept and 1 Oct
TIME: 7.00pm, Sun 8.30pm, Mon 6.30pm (50min)
TICKETS
Full: $15
TO BOOK visit melbournefringe.com.au or call (03) 9660 9666
SHOW PUBLICIST
Marc Corley
marccorley@yahoo.com
Melbourne Fringe Festival
Memoirs of an Aisha

Sept. 26 to Oct. 14, 2012
Memoirs of an Aisha Media Release
Melbourne Fringe Festival ’12