Category: ストラインと日本語

How a Koo Wee Rup-Ture Created the Legendary Aisha the Geisha

Aisha the Geisha in Koo Wee Rup with her favorite sheep, Baaabara.

Becoming a geisha, a practitioner of Japan’s arts in a rigidly controlled, hierarchical society with customs dating back centuries, takes a rare kind of inner strength, and doubly so as a foreigner in a world insular even for the generally inward-looking Japanese.
激しい縦社会の中、数百年の歴史を誇り日本独特な伝統文化を身につけるために厳しい訓練を受ける芸者になるには、相当内面的な強さが求められている。ある意味で「閉鎖的」と言われている花柳界は、一般に内向きと言われている日本人が溶け込むのが難しいが、そもそも島国根性が見せられている外人にとってなおさらそうだ。

Aisha adds some Japanese refinement to the ancient Australian tradition of smoko.

A Koo Wee Rup cutie displayed such power after being mercilessly dumped by her Nar Nar Goon goon as she wrenched herself away from the attractions of asparagus farming, booted the Blundstones, rammed the shears and shoved aside all the old cows’ bullshit to create the legend of Aisha the Geisha.
しかし、アスパラとじゃがいも栽培で有名なクーウィーラップからやってきたオージー農家おてんばが農家で泥・沼(そして、泥沼)・羊・牛などとの生活の魅力を破棄して、内面的な力を示し、振られたナーナーグーン住まいアスパラ農家である彼を勝ち取り戻せるために「エイシャ・ザ・芸者」の伝説を作った。
Aisha dedicated herself to embodying Japan’s tradition-seeped, delicate, refined arts where every move is executed with a deft touch, grace of movement and smidgen of coquettishness.
エイシャは、洗練されている伝統的繊細な日本独特の芸を見につけるため必死に勉強した。

Aisha the Geisha about the silence the lambs….

Yet, learning the ancient arts of seduction didn’t necessarily require Aisha to forget about her roots, or cast down her hoe. Indeed, while trying to woo back her errant asparaguser, Aisha remained ever-adept at cow-patting and spark plugging while using her new-found charms to bring elegance to a typical smoko and display her social conscience by campaigning for geisha cyclists’ rights.
しかし、そうでありながら、牛飼いや車修理などルーツも忘れずにがんばってきた。とともに、新たに身に付けた才能にによって豪州工事現場に「茶の湯」などの習慣も導入して、国際交流に大きく貢献した。
Memoirs of an Aisha tells the compelling tale of an Aussie farm girl’s troubles in Tokyo, providing a light-hearted look at a lass from Down Under’s jolly jaunt in Japan, a land where comedy is taken with earnest seriousness.
「メモアーズ・オブ・アン・エイシャ」は、メルボルン・フリンジ・フェスティバルのコメディショーであり、オージー農場おてんばの東京での波乱万丈の物語である。日豪ユーモアであり、コメディを真摯に受け止めている花柳界(?)と豪州クーウィーラップの泥と沼(と泥沼)を融合する。

Memoirs of an Aisha
VENUE
Rue Bebelons
267 Little Lonsdale Street
Melbourne, Victoria 3000
DATES: 26-30 Sept and 1 Oct
TIME: 7.00pm, Sun 8.30pm, Mon 6.30pm (50min)
TICKETS
Full: $15
TO BOOK visit melbournefringe.com.au or call (03) 9660 9666
SHOW PUBLICIST
Marc Corley
marccorley@yahoo.com
Melbourne Fringe Festival
Memoirs of an Aisha

Sept. 26 to Oct. 14, 2012
Memoirs of an Aisha Media Release
Melbourne Fringe Festival ’12

Tets-J Doing a Dinkum Bewdy of a Job Spreading Indigenous Aussie Culture in Japan

Tets-J (center) plays with Jibucon in Minami Machida on July 29, 2012

Tets-J is one of the great unsung heroes promoting Australian culture in Japan, and he’s even more remarkable for advancing indigenous Aussie culture.
Tets-J learned about the didgeridoo while staying in Melbourne, taught himself how to play, then returned to Australia’s Arnhem Land and studied under Djalu Gurruwiwi, a master didgeridoo player and member of the Yolngu people.
He has devoted his life to spreading indigenous Australian culture throughout Japan, which he does through his performances, his store, Dinkum Japan, classes, lectures, workshops and live performances he gives across the country, as he is currently doing on weekends in Tokyo.
Aboriginal Cultural Week Vol. 2, the collection of lectures, workshops and live performances, has two final sessions remaining on Aug. 4 and Aug. 5 at the mont-bell Grandberry Mall store in Machida, on the outskirts of Tokyo.
The workshops, which aim to give participants an opportunity to experience first-hand indigenous Australian culture and include the Aboriginal-influenced Tjangala Cafe in Ibaraki Prefecture among their supporters, include a gallery of photos and Aboriginal art, workshops on dot or bark paintings, boomerang or mini-didgeridoo decoration, a seminar on mainly Yolngu lifestyle, culture and customs and end with a night-time performance.
Items related to indigenous Australia are also on sale at the event. Performing at the concert on Aug. 4 with be didgeridoo players OMI and Tets-J, while the week will wrap up the following day with a show by Wago.jp (和豪.JP), a duo featuring tsugaru shamisen and didgeridoo.
As the week is directed toward a Japanese audience, events are conducted in Japanese. A small materials charge applies for some of the workshops, and advance reservations need to be made, while performers busk in their shows.
Tets-J is shown in the clip below, playing with Jibucon, in Minami Machida on July 29, 2012.

Tets-J Official Site (Japanese)
Dinkum Japan (Japanese)
Djalu Gurruwiwi Official Site
Jibucon Official Site (Japanese)

なでしこジャパンvs豪州マティルダズ戦

Nadeshiko Japan takes on Australia’s Matildas at the National Stadium on Tokyo on July 11.

 日本の世界チャンピオンなでしこジャパンが11日東京の国立競技場でオーストラリア代表「マティルダズ」とロンドン五輪壮行試合で対戦する。
 試合が午後5時でキックオフする。なでしこジャパンの方が圧倒的に強いなので、オリンピックの練習になるかどうかが疑問だが、日豪サッカー伝統のもうひとつの例となれればいいな。
 フジテレビが試合を生中継する。
 日本国外にいれば、オーストラリア放送局(ABC)のウェブサイトがストリーミングで中継する(英語解説)。
 ちなみに、なでしこジャパンの「なでしこ」は日本の花の一つとして名づけられたが良く知られているが、マティルダズの由来は分かる?マティルダ(matilda)は、英語で「雌カンガルー」を示す言葉だ。(雄はブーマーというが、豪代表サッカーチームはサッカールーズといい、ブーマーが全豪バスケ代表に使われている)。

Strine-speaking, Sydney-born star made Japan’s queen of natto fermented beans

Aussie Shiori Kutsuna, Japan’s newly crowned 2012 Natto Queen.

Strine-speaking Shiori Kutsuna has been declared the 2012 Natto Queen, an award handed out to celebrities who promote fermented soybeans, or natto, as they’re known in Japanese.
Kutsuna, a 19-year-old Sydney-born actress, was presented with her award at a ceremony in Tokyo earlier this week.
Natto are a popular dish, particularly in eastern Japan, and are highly valued for their nutritional content and health benefits.
Less widely praised are the gooey, sticky texture of the fermented beans.

Natto, fermented soybeans.

Kutsuna was born in Sydney and spent her formative years in Australia’s biggest city, learning how to speak fluent Strine.
She is a dual Australian-Japanese citizen.
As Japan’s Natto Queen, an award bestowed by the Japan Natto Cooperative Society Federation, Kutsuna follows in the footsteps of such luminaries as Rei Kikukawa, Aya Ueto, Tomomi Kahala, Kaori Manabe and Akiko Wada.

Shiori Kutsuna Speaking Strine

Oops! Austrian textbook error sparks online calls for Japanese to boycott Aussie Beef

Japan’s feisty online community briefly urged a boycott of Aussie Beef — arguably Australia’s best-known export to Japan — after an Austrian school textbook referred to the Sea of Japan as the “East Sea,” a Korean label aimed at helping it forget its past as a Japanese colony, according to a June 28 report from online Japanese news site J-Cast.
Australia, which uses Sea of Japan in its school materials and official documents, had nothing to do with the textbook.
Among the comments posted online were “That Australian mob are simple and will fall for anything,” “Why’s Australia calling it the East Sea if it’s not to their east?” and “Is it OK to boycott Aussie Beef?”
The mix-up was apparently sparked by a Japanese tabloid newspaper headline using the character for Australia (豪) in a story about the Austrian textbook that, when referring to the body of water separating Japan and the Asian mainland, chose to use East Sea, the name Koreans have been lobbying persistently to replace the internationally recognized Sea of Japan.
Japan’s online community has a fierce anti-Korean streak and the news soon reportedly sparked demands to boycott Australian beef in Japan, even though Australia had nothing to do with the issue and steadfastly backs use of the Sea of Japan.
Nonetheless, anti-Australian sentiment is also strong within Japan’s online community due to its perceived anti-Japanese sentiment sparked by opposition to whaling, J-Cast said.
It’s not uncommon for confusion to arise between the names of Australia and Austria.
In this Olympic year, it’s worth noting that when Edwin Flack won gold medals in the first-ever modern Olympic Games in Athens in 1896, confused officials are said to have raised the flag of Austria (then still a middling-power European empire) and played the Austrian national anthem. (This story is probably apocryphal, but widely believed nonetheless).
On the other hand, Austria has carved out a tourist souvenir niche for itself by creating a “No Kangaroos Here” range of souvenirs.


オーストリアが教科書に「東海」 ネットで反発、なぜか「オージービーフの不買運動」
(Japanese)
Official Aussie Beef site (Japanese)

TBSの「The世界遺産」は今週オーストラリア特集

Blue Mountains, NSW

 今週・来週日曜の夜TBSの「The世界遺産」は、オーストラリアを特集する。
 詳細は以下の通り。
 6月10日(日) 午後6時
 グレーターブルーマウンテンズ地域
 6月17日(日) 午後6時
 ニンガルー・コースト

「The世界遺産」
「The世界遺産」オーストラリア特集ページ
THE 世界遺産(TBSテレビ)(フェースブック)

第33回日豪合同セミナーが来週東京にて開催

 ちょっと堅い話しだが、来週末東京都八王子市にて第33回日豪合同セミナーが6月16日・17日に行う。日本では、観光やスポーツのこと以外オーストラリアがそれほど一般的に知られていないので、良い勉強チャンスだと思います。興味ある方ぜひ行って見てください。
 参加申し込み方法
 同セミナーの趣旨は以下の通りです。
日豪合同セミナーは、オーストラリア大好きの人達のための、オーストラリア大好きの人達による、オーストラリアについての勉強会です。
 参加資格は、オーストラリアが好き、それだけです。ちょっと興味がある、というだけもかまいません。地位や肩書き、年齢、等々、一切関係ありません。また、日本大好きなオーストラリア人も大歓迎で、毎年多くの参加をいただいております。
 セミナーを主催する実行委員会は、すべてボランティア、非営利で運営されております。参加資格と同様、オーストラリアが好き、ただそれだけ、というメンバーで構成されています。研究学者、元新聞社駐在員、その他、多くのオーストラリア識者からも、多大なるお力を無償でいただいております。オーストラリア大使館をはじめとするオーストラリア関連機関からのご協力も欠かせません。そういった多くの力に支えられて、はじめて実現する企画です。
 セミナー開催の主な目的は、より多くの方々に、更なるオーストラリアに対する知識を深めていただこうというものです。常に最新の洗練されたハイレベルなものを目指しております。いわゆる勉強会ではありますが、けっして堅苦しくなく、誰でもが気軽に楽しく参加できるものを目指しております。
 さらに、開催目的の一つとして、オーストラリアファンの集いの祭典、という名目もあります。そのために親睦会としてワインパーティーも企画しております。もちろん、ワイン、チーズはオーストラリア産です。オーストラリアファン同士の交流の輪を拡げる場となれば幸いです。また、普段日豪交流に尽力されている同志の方々には、ご自身の活動をアピール出来る場としてご提供することも可能です。
 そして、最終的に、このセミナーの参加者が、将来、草の根パワーの一つとなって、日豪間の人的、及び文化的交流促進のため、多少なりとも貢献することになれば、とても素晴らしいことだと思います。それこそが、セミナー開催の最大の目的、ということになろうかと思います。

プログラム

プログラム
6月16日(土)
12:00~受付開始【講堂】
12:55~開会【講堂】
13:10~15:00基調講演
Richard Andrews(オーストラリア大使館政務担当公使)
関根政美(慶應義塾大学教授)
「この1年のオーストラリア」
【講堂】
15:00~15:30講師紹介、セミナー・ハウス利用の諸注意
分科会へ移動
【講堂】
15:30~17:30 分科会【各セミナールーム】
18:00~19:00 夕食 【食堂】
19:00~21:00
ワインパーティー【講堂】
6月17日(日)
8:00~ 9:00 朝食 【食堂】
9:00~ 私が起業した理由:ワイン輸入業の喜びと苦心【講堂】
12:00 閉会

分科会
1
インドネシアから見たオーストラリア~米海兵隊のダーウィン駐留を中心に
野沢康二(日本経済新聞前ジャカルタ支局長)
米海兵隊のダーウィン駐留の発表にインドネシア外務大臣が不快感を示した。日本では沖縄やアメリカのアジア政策といった視点で論じられるが、東南アジアから見れば複雑な対豪感情がある。この春、帰国したばかりの前ジャカルタ支局長が解説する。
2
米中の狭間を模索するオーストラリア
福嶋輝彦(防衛大学校教授)
アメリカと中国の選択を迫られているかに見えるオーストラリア。今、国内でどんな議論が展開されているのか?政府はどのような外交・安全保障政策で対応しようとしているのか?わかりやすく解説します。
3

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加の可能性と意義
平井道子(読売新聞元シドニー支局長)
オーストラリアが働きかけてきたEPA(経済連携協定)交渉には消極的だった日本。野田首相がいまTPP交渉参加への可能性を探っているが、一体、TPPにはどんな意義があるのか?日本はどう行動すべきなのか?
4
LCC(格安航空)が変えるアジア太平洋の航空地図
大島愼子(筑波学院大学学長)
海外からのLCCは日本各地の空港に来ているが、今年はピーチ、ジェットスター・ジャパンなど、日本のLCCが生まれた。いまアジア太平洋の航空地図をLCCが塗り替えつつある。ルフトハンザ航空の元日本地区広報室長で世界の航空事情に詳しい大島氏がLCCが持つ可能性と意義について解説する。
5
豪ドル投資の魅力と注意点
荒井勝(大和証券オーストラリア元社長)
外国為替証拠金取引(FX)や外貨預金、投資信託など、個人投資家の間で豪ドルの人気が高い。オーストラリアは他国に比べ金利が相対的に高く、その豊富な資源への需要は今後も好調が見込まれる。豪ドル投資の魅力と注意点を勉強する。
6
『Ngapartji Ngapartji』~マラリンガと、フクシマ・ナガサキ・ヒロシマを結ぶアボリジニ演劇 
佐和田敬司(早稲田大学教授)
『ナパジ・ナパジ』は1950~60年代にマラリンガで行われた核実験によって被曝・離散したアボリジニの人々の物語です。多くの国際芸術祭で上演され、昨年12月には日本でも翻訳上演されました。放射能の恐ろしさと、それに負けない人々の強さなど、作品から私たちが何を学べるか議論します。

日豪合同セミナーについての問い合わせ
日豪合同セミナーfacebookページ
twitterの日豪合同セミナー
mixiの日豪合同セミナーコミュニティ
日豪合同セミナー掲示板
開催場所
八王子セミナーハウス

View Larger Map
関連リンク
第33回日豪合同セミナー実行委員会が6月に開催

*考えRooはこの行事の開催について一切関係ないが、日豪関係向上のために上記の情報を掲載しています。
**引用文は開催者サイトより無断でとりました。