Category: ストラインと日本語

豪メルボルン市で密かな日本酒ブーム

Japanese sake in Melbourne

今、オーストラリア南部にある大都市メルボルンでは、日本酒が密かなブームになっている、と同市の有力紙The Ageが26日付で報道している。
 メルボルンでは「Izakaya文化」が1989年から始まり徐々に市内に広がってきた。それとともに日本酒がだんだん人気となって今のブームに至った。
 詳しいことは、元の記事(英語)を一読してみたらいかがですか?
A city’s love affair with sake(英語) 

日本酒がよく披露されているメルボルンの有名なレストランVue de Monde

日豪関係の論文で50万円懸賞

 日豪経済委員会では、設立50周年を記念して、日豪関係をテーマにした懸賞論文の募集をしている。 
 日豪両国関係についての意識を深める機会として、広く学生・社会人の皆様の積極的な応募を呼びかけている。
 日豪経済委員会会長賞は、賞金50万円であり、副賞が日本・シドニー往復航空券+3泊宿泊代。また、審査委員長賞は、賞金20万円で副賞が日本・シドニー往復航空券+3泊宿泊代。
 日本語で1万字・英語4,000ワードまでの論文を募集中。締切は5月31日。
 詳細は日豪経済委員会50周年懸賞論文のお知らせまで。

Fleeing Kangas Give Japanese Drivers a Roo-ed Shock

Four kangaroos escaped from a farm in the Chiba Prefecture town of Tomisato, east of Tokyo, on Friday, hopping wild on the roads for a few hours before being captured unharmed, police said.
The kangaroos were being bred by a Tomisato-based trading company.
A keeper apparently forgot to lock the roos’ cage on Thursday night and the marsupial marvels decided to take a look around the local surroundings.
None of the kangaroos were injured during their brief foray into freedom.
The owner of the farm where the kangaroos were being kept apologized.

カンガルー4匹逃亡 投稿者 samthavasa

Japan and the ANZACs

HMIJS Ibuki


Japan is one of the many forgotten contributors to

ANZAC Day, a day that has assumed legendary status in Australia and New Zealand.

ANZAC Day commemorates the landing of Australian and New Zealand troops at Gallipoli on April 25, 1915.

Thousands of young men would be cut down in their prime during the vain campaign that ended in an embarassing defeat at the hands of the Ottomon Empire forces, but Gallipoli has since become a hallowed reminder of people’s willingness to commit their lives for their country. The ANZACs, diggers from the Australia New Zealand Army Corps, are now almost deified in an Australia where nationalism has come into vogue over the past couple of decades.

Yet, the ANZACs may never have arrived at the battlefield were it not for Japan.

Japan was an ally in World War I, courtesy of the Anglo-Japanese Alliance then in operation. Japan was entrusted with providing military power in the Pacific, protecting Australia and other British possessions in the Pacific. Part of those duties included His Japanese Imperial Majesty’s Ship Ibuki escorting the original ANZACs to Egypt, from where they would later head to Gallipoli.

Ibuki was the only protection for the HMAS Sydney when she took on the German ship SMS Emden in the Battle of the Cocos, Australia’s first-ever naval
engagement as a nation.

Ibuki could have taken on the German ship as it was more powerful than the Sydney, but deferred to the Australian craft. Australian naval authorities would later laud the Ibuki for showing the “spirit of the samurai” for the gesture that allowed the Royal Australian Navy to mark its first major success with the sinking of the Emden.

In this regard, Japan’s part in creating the ANZAC legend has largely fallen by the wayside alongside others such as Indigenous Australians, Chinese Australians and woman. Many around Australia will mark ANZAC Day today with the phrase “Lest we Forget.” We hope that includes not forgetting the way many other less well-known contributors helped shape the ANZAC tradition.

HMIJS Ibuki (left) and HMAS Melbourne escorting ANZAC troops to Gallipoli

    Reference

HMIJS Ibuki
Lest We Forget Japan’s Role in Creating the ANZAC Legend

敵国の大将を招いたアンザック・デー

Australia Day賛否両論

オーストラリア・デーだよ!1月26日は、ちょうど224年前この日にオーストラリアを(刑務用の)植民地とするイギリス人が今のシドニーの東部にあるボタニー・ベイに着いた。今、全国がその日を記念として、オーストラリア全体を祝う一日と位置付けている。まぁ、日本で言えば建国記念日見たいなもんだ。
 しかし、みんなが喜ぶ訳でもない。
 豪原住民にとってヨーロッパ系の人々がオーストラリアに来たことが自分たち国を失うことの始まりになり、多くの原住民にとってこの日が「侵略日」とする。
 また、この日を機に「国家主義」と「愛国心」を区別つかない人がこの10数年増えているような気がする。オーストラリア・デーは当然「旗日」であり、この日に国旗は誇りを持ってはる人が多い。しかし、多くの人にとってこれがマイノリティに対して嫌味を示す機会となっている。これは「国家主義」、要する「俺の国がお前の国より偉いぞ」という意識が働いている現象ではないか?
 考えRoo自身にとってこのようなことが心外だ。考えRooはオーストラリアが素晴らしい国だと思い、愛国心溢れている。日経オージーをはじめ、世界中のほとんどの国から渡豪して社会に貢献して豊かな多様性を与えてからこそ立派な国となった訳だ。
 しかし、元々誰の国だったのかを忘れちゃいけない。白人由来以降オーストラリアの原住民が恐ろしい体験を数えきれないほどさせられた。元の状態にに戻ることが無理でも、今からうまく共栄共存できるようにすべきだ。
Happy Australia Day!

Aussies Exposed to Radiation in Japan – 65 Years Ago

Not long after the end of World War II, John Collins would sit and eat sandwiches at Ground Zero in Hiroshima, then sift through the rubble left from the city subjected to the world’s first nuclear attack for items he thought could become historically valuable.
戦後間もなく、ジョン・コリンズ氏は、広島市の原爆中心地に座ってサンドウィッチを食べてがれきの中に歴史的に価値のあるものを探し回ったことがあった。
Collins was then a 19-year-old sapper with the Australian troops making up the bulk of the British Commonwealth Occupation Forces (BCOF) stationed in Japan from February 1946 to April 1952.
当時、コリンズ氏は、1946年2月から1952年4月の間で英国連邦進駐軍(BCOF)の約9割で構成したオーストラリア軍の一人だった。19歳だった。

「ラスト豪先住民言語スピーカー」は日本人だった

国立国語研究所学者角田太作氏は、日豪関係に対して長年に渡ってとてもユニークな貢献をしてきている。

Tasaku Tsunoda

 同氏は、オーストラリア先住民であるウォロンゴ族が使っていたウォロンゴ語が話せる世界中で唯一の人である。幸いに、同氏は言語学者であり、ウォロンゴ語の辞書を作り、ウォロンゴ族の人々にその言葉を必死に教えようとしている。

 最近、オーストラリア全国及びアジア・太平洋地域に向けて放送しているラジオ局ラジオ・オーストラリアが角田氏をインタービューし、ウォロンゴ語の例も話し中に出ている。

 角田氏に脱帽します。

Japanese linguist helps revive an Aboriginal language (English)
角田氏のインタービュー(英語)