Category: Strine Why Atorkin/Australian Methods of Speech/豪語の話し方

豪キャブラリー: Hooroo

Hoorooは、スペルや発音などにより一瞬でオーストラリアのシンボルであるカンガルーと何らかの関係があることを思わせる人は少なくないが、全く違う。
実は、hoorooはバイバイのことです。人と離れる時、軽く言う言葉、「じゃね」と同じような雰囲気でありながら、オージー英語としてかなり古く感じるので実際に使用回数が減っているだろう。年配の方がまだ良く使う言葉けど。


英・米語日本語
HoorooBye-bye, goodbye「じゃね」、「またね」のように別れる時に使う

豪キャブラリー: Sanger

Vegemite sanger

Sangerは伝説的なオージー料理であり、ほとんどのオージーにとっては欠かせない存在である。
Sangerはサンドウィッチのことだ!パンの間に何でもはさんで食べるのが学生を特にそうだけど、ほとんどのオージーの昼食になるのだ。人気ある中身はステーキのsteak sangerと国民食のVegemite sanger。
一度味見したらいかが?

英・米語日本語
Sanger Sandwich, sarnieサンドウィッチ、サンド

豪キャブラリー: Stirrer

 人をよくからかう、特にちょっとにくみが入ったようなイジメに近いからかいは、オージー英語でstirrerという。由来はstir up trouble(もめ事を起こす)から来て、問題及びもめ事などを起こす人を示す言葉だ。


英・米語日本語
StirrerTeaseいじめる人、意地悪

豪キャブラリー: True blue

True blueほどオージーらしいオージー英語はない。
 その理由は、true blueが愛国心という意味だ。特にオーストラリアに関する愛国心。「本格的」と言う意味もある。
 Dinky diと意味が近いし、強調するために同時で共に使うこともある。


英・米語日本語
True bluePatriotic, unfailing愛国心が強い人、忠実な人、本格的な人。


これも参考になるかもしれない。

豪キャブラリー:Feral

世界中の各英語ではFeralが特に「変わっている」言葉でもないけど、オージー英語での使いかったがほかの所と一味違う。
 Feralは「野生的」と言う意味であり、ペットなど一時期飼育された動物が元の状態になって野生的となった時に使うのが普通だ。
 しかし、オージー英語では、feralが本来の意味に加えてワイルドな人に対してよく使うようになった。軽蔑か侮辱するより、少し軽い感じがあり、自称feralの人も珍しくない。


英・米語日本語
Feral Wild, undisciplined野性的、規律性がない、不良や不潔な人に対してよく使われている

豪キャブラリー:Rapt

とっても嬉しい時をオージー英語で示すにはraptという言葉が最適だろう。
 米語が普及して浸透してきた今でもよく使われる言葉であり、嬉しさや喜びを表現できるオージー英語のひとつ。


英・米語日本語
RaptDelighted, happy喜ぶ、嬉しい

豪キャブラリー:Mollycoddle

厳密に言えば、mollycoddleはオージー英語独特な言葉ではないが、オージー英語ではよく使われているので、ここに豪キャブラリーのひとつとして入れさせていただいた。
 Mollycoddleは「人を甘える」という意味である、あまり良い感じを与える言葉ではない。受動態で甘えん坊に対して批判的な使い方が最も多いだろう。例えば、Hughesy’s bloody useless ‘coz he’s been mollycoddled from birth(ヒュージー<人>は、生まれてからmollycoddleされたため、つかいものにならんだ」。


英・米語日本語
MollycoddleSpoil, fawn over甘える