Category: Strange Strine

Tjukurrpa, Terra Australis, New Zealand, EendrachtslandそしてAustraliaへ

Map of New Holland

Map of New Holland

「オーストラリア」は、ラテン語で「南の大きな大陸」という意味だ。
日本と同じようにオーストラリアも歴代国名も多数ある。
数万年前から今でいうオーストラリアに住んだ先住民たちは「国」というコンセプトさえなかったので、何百もあった部族に暮らし国全体を理解することはなかった。
その変わり、「夢期(ドリーミング)」ということがあった。その「夢期」は、世・存在やすべての物を含めて人それぞれ独自で解釈するすごく抽象的な意味があるが、その中「土」ようは「住む所」などの意味も含めた。その延長で「夢期」と「国」は、ある意味でイコールである。だとしたら、国名と「夢期」が同じであれば無理がない(まあ、あるけどさ、、、言いたいことがわかるよね)。言語も部族によって異なったため何百個もあったので当然言葉が違うが大きな部族の「夢期」の言葉はアレンテ族のTjukurrpa「ジュカーパ」が最もよく使われている例として挙げているじゃないかな?
ヨーロッパ人が今のオーストラリアと接するようになるのは1606年のことだった。古代ローマ時代から地球の南に大きな大陸があるだろうと思われて「Terra Australis(南の土地)」と噂したが確実にその所があったかどうか検証できなかった。
A 17th century map of Eendrachtsland, an early name for what is now Australia

A 17th century map of Eendrachtsland, an early name for what is now Australia

しかし、1606年にオランダ人探検家であるWillem Janszoonが今ウェイパというクイーンズランド州の都市であり、ヨーク岬半島に位置し、カーペンタリア湾に面する。乗務員10人が殺されたり、土地があまり良くなくすぐ去ってオランダ領東インドに戻ったが、探検した国をオランダのゼーラント州にちなんで「ニウ・ゼーラント」と名づけた。しかし、その名前が浸透しなかった(後になってオーストラリアの隣国であるニュー・ジーランドで使えるようになったが)。でも、数年間オーストラリアがニュー・ジーランドと呼ばれたのが事実だ。
数年後の1612年10月。同じオランダ人Dirk Hartogが今のオーストラリア北西部にある世界遺産であるシャーク湾周辺に着陸し、3日間探検して初めて同国の一部の地図を作った。その上、別の名前を名づけた。それが自分の船をちなんで、「Eendrachtsland(Eendrachtsの国という意味)」だった。
Willem Janszoon: The first recorded European visitor to Australia

Willem Janszoon: The first recorded European visitor to Australia

17世紀前半ではTerra AustralisあるいはEendrachtslandと呼ばれたが、ヨーロッパ人が行くことがほとんどなかった。17世紀後半になると多くのオランダ人探検家がオーストラリアと接し、同国が「ニュー・ホランド(新オランダ)」と呼ばれるようになった。
以降、「ニュー・ホランド」またはTerra Australisと呼ばれた。1770のキャプテン・クック探検及び1788年イギリスが植民地化した後口語では「ボタニー・ベイ(Botany Bay)」と呼ばれることもあったが19世紀に入るとやっと国名を、ラテン語の英語化である「オーストラリア(Australia)」にした。
1824年当時事実上オーストラリアを統治したイギリス海岸が正式国名を「オーストラリア」と認めた。当時、「オーストラリア」は、現在のニュー・ジーランドを含めたの意味だったが1901年オーストラリアの独立・ニュージーランド抜きの連邦化に伴い現在の使用となった。

豪首相、野党党首、閣僚など選挙活動中パブ・バンドのPVに出演

Australian Prime Minister Kevin Rudd (above) and Opposition Leader Tony Abbott (below) are among the many politicians promoting Super Best Friends' "Round and Round!"

Australian Prime Minister Kevin Rudd (above) and Opposition Leader Tony Abbott (below) are among the many politicians promoting Super Best Friends’ “Round and Round!”

 9月7日総選挙があるにも関わらずオーストラリア総理大臣ケビン・ラッド、野党であるリベラル党党首トニー・アボットやその他勢揃い与野党政治家他がオーストラリア首都キャンベラのパブ・バンドであるSuper Best Friendsの新曲「ROUND & ROUND!」のプロモーション・ビデオに出演し、課題ととなっているとニュース社が報道している。
Australian Prime Minister Kevin Rudd and Opposition Leader Tony Abbott are among the large number of politicians from all parts of the political spectrum to take time off from campaigning for the Sept. 7 election to appear in a music video for pub band Super Best Friends‘ new song, Round and Round!, according to News Ltd. reports.
 ビデオは、オージーユーモアの実例と言えるだろう、今の厳しい世の中で国の深刻の現状と別世界のような話である。特に選挙があと僅かで開催される時では、日本でこのようなことをまず考えられないだろう。しかし、選挙があるからこそやっているだろう。各党が出来るだけ有権者に短い存在であるかをアピールしたいと思ってだろう。
The video is probably an example of Australian humor, but is a world apart from the gravity of the country’s situation. With an election just around the corner, something like this would be unthinkable in Japan. In Australia, though, they’re probably doing it because of the election in an attempt to show how close they are to voters.
 当然、選挙が終わったら世界中政治家同様有権者のことを一切気にしなくなるだろう。
Of course, like politicians around the world, the minute they’ve been elected to office these politicians will all almost invariably begin ignoring those same voters again.

オーストラリアで迷子少年がカンガルーに助けられた、とCNNがいう

SimonKrugerRooCNN reported globally that a 7-year-old boy lost overnight in a forest near the South Australian capital of Adelaide was saved by a kangaroo.
CNNによると南オーストラリア州州都アデレード近くの森で迷子となった少年(7)がカンガルーに助けられた、と世界中に報道している。
Simon Kruger, the boy, claims that a kangaroo slept beside him when he went missing overnight.
シモン・クルーガー君が家族と離れて一夜を森の中で過ごして、そばにカンガルーが寝ていた。
His father called the kangaroo a “gift from God” that helped keep his son warm in the midwinter conditions.
「息子が温かく過ごせるよう、神がカンガルーを遣わしてくれたのだと思う」 とシモン君の父、エティエンさんがいう。
Simon was found safe and emerged from what could have been a traumatic experience armed with a great story.
シモン君は、無事で見つけられ、怪我がなかったが立派なストーリーが出来た。

*Personally, Kangaeroo has a number of reasons for reckoning this story may be stretching the truth a bit. If Simon’s tale is, indeed, true, then wonderful, but it kept reminding me of this story. 個人的に、考えRooがこの話がちょっと信じがたいところがあるが、シモン君の話が事実であれば最高だと思う。しかし、どうもこの話を思い浮かばせる。

Order for Aussie-Made Skim Milk Results in Kangaroo Delivery

Boxing KangasA Chinese woman irked by the poor reputation of powdered skim milk produced in her homeland, got jumpy when her order of Australian-made milk contained more kick than she’d probably bargained for, not quite a boxing kangaroo, but a boxed kangaroo, according to Japanese news site Rocket News.
Citing Chinese-language news sources Sina news and ET Today, Rocket says the woman from Qingdao, in China’s Shangdong Province, ordered a box of six cans of Australian-made skim milk through an online shopping site, but only two were delivered with the extra space in the box occupied by a live kangaroo.
The kangaroo, which is in good health, was taken into the care of Qingdao zoo officials, but Rocket says it remains a mystery as to why the kangaroo was delivered.
Original Story (Japanese) ネットでオーストラリア製の粉ミルクを買ったら “生きたカンガルー” が送られてきたでござる!?

(Aussie) Black Swans Give (Japanese) Koi Fish a Decent Feed

SwansfeedBlack swans are endemic to Australia and symbolic to the country, particularly Western Australia, where the avian beauty is almost synonymous for anything Sandgroper.
 黒鳥は、オーストラリア国有鳥であり、州の象徴である西オーストラリア州では特に称えられている。
Koi fish, meanwhile, play a similar role for Japan, immediately evoking an image of the Land of the Rising Sun.
 鯉は、言うまでもなく、超日本的であり、日本のシンボル一つと言っても過言ではないはずだ。
This clip could be called a cute view of Australia-Japan friendship.
 なので、本動画が日豪友情の表れとも言える。

Ringo’s Ring-in, Awesome Aussie Anime Highlight the Fab Four’s Oz Oddities

Beatles DidjeridooJust as the Beatles created an iconic scene with their 1966 arrival in Tokyo wearing traditional Japanese happi coats, so too did the Fab Four make waves when they toured Australia two years earlier at the height of Beatlemania and establishing a quirky relationship with Down Under at the same time.
 羽田空港にてハッピー姿で飛行機から降りたビートルズが日本で1996年講演の代表的な場面となった同様、その2年前オーストラリアに訪ねた時も「豪州らしい」イメージがあると同時に同バンドがオーストラリアとの一味違う関係を築いた。
Australia’s archetypical Beatles image features the Fab Four standing around while holding didjeridoos, an indigenous Australian instrument that Ringo Starr on the far left of the picture appears to be tackling with greater fervour than bandmates Paul McCartney, John Lennon and George Harrison.
 その典型的な「オージーっぽい」場面は、1964年6月に撮られた4人が豪州先住民の楽器であるディジェリドゥを吹いている写真だ。立派な写真だが、問題が一つあった。
It’s a great pic, but the only problem is that Ringo’s involvement in the Beatles’ June 1964 antipodean jaunt had been curtailed by illness and his place at the drums was taken by a ring-in called Jimmie Nicol, whose 11-day stint with the band appears to have created lifelong upheaval. Ringo fell ill on June 3, 1964, just days before the Beatles were due to play concerts in Australia as part of the band’s first world tour. Nicol was quickly roped in to take over and played eight gigs in Ringo’s place until the mop-topped regular could return. His figurative 15-minute stay finished, Nicol returned to obscurity, but not before taking part in the only five-member Beatles news conference ever given, which took place in Melbourne on June 14, 1964, upon Ringo Starr’s recovery and arrival in Oz.

The Beatles with Jimmie Nicol (center) arrive in Sydney in June 1964.

The Beatles with Jimmie Nicol (center) arrive in Sydney in June 1964.

 写されているリンゴ・スターがビートルズの一員でありながら、オーストラリア講演初期頃リンゴがいなかった。病気で出演不可能だったリンゴの代わりに、急にジミー・ニコール氏という人がビートルズのドラマーとなった。後は苦い想いとなったらしいが、同年6月3日からリンゴがメルボルンに着く14日の間ニコール氏がビートルマニア絶好期真っ最中に同バンドのメンバーだった。リンゴがビートルズに戻った14日以降ニコール氏がイギリスに帰り、以降無名な人となった。が、1964年メルボルンで行ったビートルズ5人体制の唯一に参加した。
Nicol’s presence was a quirk of fate that started a somewhat left-field relationship with Australia, which surprisingly made the land Down Under an anime superpower then surpassing Japan despite Osamu Tezuka having made inroads into the world’s important markets with his cartoons. And this could be attributed to the Beatles.
 ニコール氏のツアー参加がビートルズとオーストラリアのちょっとした変わった関係の始まりだったかもしれない。その思わず成果の一つが、当時手塚治虫などが各国で日本のアニメが人気を越えてオーストラリアを世界的なアニメ大国にしたことだった。その今想像がつかない現象は、ビートルズのおかげだった。
Almost unknown in Japan despite running here possibly from as early as 1968, The Beatles cartoon series ran from 1965 to 1969 and was an enormous ratings hit in every country in which it showed. And nearly all of the 39 episodes in the series were produced in Sydney’s Artransa Studios, momentarily making Australian animation production a global leader.
Beatles Cartoon 上映したが今ほとんど知られていないカートゥーンが「ザ・ビートルズ」が1960年代後半世界中に大ヒットした。そして、全39編カートゥーンのほとんどがなんと、シドニーにあるアートランサ・スタジオで制作された。上映した1965年から1969年の間。視聴率が圧倒的に高かったカートゥーンのおかげでオーストラリアが制作のメンではアニメのグローバル・リーダーと言っても過言ではない。
Despite the enormous success of the Beatles’ 1964 tour of Australia, the band never played there again despite coming close in the 1966 ill-fated Far East tour fondly remembered in Japan for the happi coats, but also the scene of right-wing fanaticism that was ultimately instrumental in the Beatles deciding later that year to give up touring for good.
 1964年豪ツアーの大成功にも関わらずに度と同国でバンドとして講演することはなかった。来日した1966年の極東ツアーにもオーストラリアを取り入れる話もあったが結局あのハッピー姿の場面とフィリピンしか行かなかった。また、日本で右翼の猛反対などがあったからツアー自体を辞める決意に大きく影響を与えた。

The Only 5-Member Beatles News Conference (Melbourne, 1964)

The Beatles on YouTube

The Beatles in Australia

日豪味深い映画「ウルヴァリン: SAMURAI」の和風ポスター盗難問題

 ヒュー・ジャックマンが主人公、日本が舞台などWolverine日豪味深い映画「ウルヴァリン: SAMURAI」の墨絵風PRポスターが米国では盗まれっぱなしだ、とメルボルンエイジ紙が23日報道した。
The Wolverine, a movie with strong Australia-Japan connections with Hugh Jackman as its star and much of the action taking place in Japan, is being plagued by people stealing its Japanese-influence sumi-e posters, according to the Melbourne Age on April 23.
 約20年前日本でもSMAPの木村拓哉の公な場にあったポスターが盗まれた現象と同じように同映画主人公であるヒュー・ジャックマンがイケメンの上に和風人気が恐らく原因であるポスター盗難が人気ぶりの証しとして配給会社20世紀フォックスにとって矛盾でありながら嬉しい悩みだ。
In a phenomenon similar to that seen in Japan about 20 years ago when women were stealing posters featuring SMAP performer Takuya Kimura‘s posters from public areas, distributor 20th Century Fox faces the mixed pleasure of seeing proof of the upcoming movie’s popularity in the theft of the materials used to promote it, probably because of the popularity of its heartthrob star, Hugh Jackman, in addition to the Japanese flavor of the flyers.
 「ウルヴァリン: SAMURAI」は、X-メンシリーズ最新作であり、日本で9月上映し、オーストラリアがその2か月前から。同映画撮影が主にオーストラリアと日本で行い、主人公がオーストラリア人であり、真田広之TAORILAなど支援役のほとんどが日本人で舞台が日本だから日豪色が濃い映画である。
WolverineIIThe Wolverine is the latest installment in the X-Men series of movies based on the popular comics. It opens in Australia in July and in Japan two months later. It has strong appeal for both Australia and Japan, with its Aussie star Jackman supported by Japanese actors of the ilk of Hiroyuki Sanada, Tao Okamoto and Rila Fukushima, while the movie is set mostly in Japan and much of the filming occurred in Australia and Japan.
 それに伴って、海外では映画の日本関連性を強調して宣伝しているようだ。その作戦ひとつとしては墨絵風の映画ポスター。同ポスターはジャックマン氏が演じるウルヴァリンを墨絵風で描かれている。
The Japan angle is apparently being plugged strongly in promotion of the movie outside of the land where it’s set, which led to the sumi-e poster, which features Jackman depicted as his Wolverine character.
 20世紀フォックスによると、米国内で同ポスターがあまりにも人気であるため張られているバス停の約5割から盗まれているし、新たに貼れなければならないようになっている。
20th Century Fox officials have apparently had to replace about half of the posters on bus stops around the United States as fans pocket them.

The Wolverine Official Site
‘Die Jockey,’ ‘Pyscho,’ ‘Odds Calais Summer Days’ & Hugh Jackman’s Other Japanese Lessons