Category: Strine Dictionary 豪語辞書

Dictionary of Australian English

豪キャブラリー: Stirrer

 人をよくからかう、特にちょっとにくみが入ったようなイジメに近いからかいは、オージー英語でstirrerという。由来はstir up trouble(もめ事を起こす)から来て、問題及びもめ事などを起こす人を示す言葉だ。


英・米語日本語
StirrerTeaseいじめる人、意地悪

豪キャブラリー: True blue

True blueほどオージーらしいオージー英語はない。
 その理由は、true blueが愛国心という意味だ。特にオーストラリアに関する愛国心。「本格的」と言う意味もある。
 Dinky diと意味が近いし、強調するために同時で共に使うこともある。


英・米語日本語
True bluePatriotic, unfailing愛国心が強い人、忠実な人、本格的な人。


これも参考になるかもしれない。

豪キャブラリー:Feral

世界中の各英語ではFeralが特に「変わっている」言葉でもないけど、オージー英語での使いかったがほかの所と一味違う。
 Feralは「野生的」と言う意味であり、ペットなど一時期飼育された動物が元の状態になって野生的となった時に使うのが普通だ。
 しかし、オージー英語では、feralが本来の意味に加えてワイルドな人に対してよく使うようになった。軽蔑か侮辱するより、少し軽い感じがあり、自称feralの人も珍しくない。


英・米語日本語
Feral Wild, undisciplined野性的、規律性がない、不良や不潔な人に対してよく使われている

豪キャブラリー:Rapt

とっても嬉しい時をオージー英語で示すにはraptという言葉が最適だろう。
 米語が普及して浸透してきた今でもよく使われる言葉であり、嬉しさや喜びを表現できるオージー英語のひとつ。


英・米語日本語
RaptDelighted, happy喜ぶ、嬉しい

豪キャブラリー:Mollycoddle

厳密に言えば、mollycoddleはオージー英語独特な言葉ではないが、オージー英語ではよく使われているので、ここに豪キャブラリーのひとつとして入れさせていただいた。
 Mollycoddleは「人を甘える」という意味である、あまり良い感じを与える言葉ではない。受動態で甘えん坊に対して批判的な使い方が最も多いだろう。例えば、Hughesy’s bloody useless ‘coz he’s been mollycoddled from birth(ヒュージー<人>は、生まれてからmollycoddleされたため、つかいものにならんだ」。


英・米語日本語
MollycoddleSpoil, fawn over甘える

豪キャブラリー:Galah

Galah

由来が良く分からないが、オージー英語では誰かを「galah」と呼ぶと、「ドジ」や「アホ」を示すだ。
 Galahはそもそもオーストラリア産のインコ類の一つの鳥だ。写真が示すようにピンク色の胴体と主に白い頭できれいな通りだが、どうにか評判がいまいちであり、「おばかさん」とのつながりが少なくともオージー英語では深い。実際にgalahそのものが特に頭が悪いわけでもないと思うし、その無知さが検証されている訳でもない。
 評判はすべてですね。

英・米語日本語
GalahIdiot, fool, named after a native Australian bird ドジ、アホ。オーストラリアのインコ類の一つの名前でもある

豪キャブラリー:Strewth

Strewthは、ちょっと古いであるものの、典型的なオージー英語言葉の一つである。
 少しいらだっている時にストレスを発散しようとするが極端に悪い言葉を使いたくない時につかう言葉だ。いうとちょっとかわいく感じながら完璧にオージーっぽく響く言葉。


英・米語日本語
StrewthEmphatic word to express exasperation. Like the British “Blimey,” or archaic American “Gee.”ちょっといらだっている時に使う気持ちを強調する言葉