Category: Strine Scribes

豪のクリスマス・ソング:Aussie Jingle Bells

Animals オーストラリア版のジングル・ベルがあったのは知ったか?あるんだよ!
 「ジングル・ベル」が雪の中のソリを乗っている話だが、真夏のクリスマスがあるオーストラリアでは雪もソリもない(実は、いずれもあるが、それだと話がうまくまとまらないので、とりあえず、別に置いておこう。)
 オージー版のジングル・ベルズは田舎道で走る豪産者ホールデン社のピックアップ・トラックの話。
 先日考えRooで掲載されたDeck the Shedの作詞・作曲バッコ&チャンプスことグレグ・チャンピオン氏とコリン・ビュキャノン氏の作品だ。

AUSTRALIAN JINGLE BELLS
Dashing through the bush, in a rusty Holden Ute,
Kicking up the dust, esky in the boot,
Kelpie by my side, singing Christmas songs,
It’s Summer time and I am in my singlet, shorts and thongs

Oh! Jingle bells, jingle bells, jingle all the way,
Christmas in Australia on a scorching summers day, Hey!
Jingle bells, jingle bells, Christmas time is beaut!
Oh what fun it is to ride in a rusty Holden Ute.

Engine’s getting hot; we dodge the kangaroos,
The swaggie climbs aboard, he is welcome too.
All the family’s there, sitting by the pool,
Christmas Day the Aussie way, by the barbecue.

Oh! Jingle bells, jingle bells, jingle all the way,
Christmas in Australia on a scorching summers day, Hey!
Jingle bells, jingle bells, Christmas time is beaut!
Oh what fun it is to ride in a rusty Holden Ute.

Come the afternoon, Grandpa has a doze,
The kids and Uncle Bruce, are swimming in their clothes.
The time comes ’round to go, we take the family snap,
Pack the car and all shoot through, before the washing up.

Oh! Jingle bells, jingle bells, jingle all the way,
Christmas in Australia on a scorching summers day, Hey!
Jingle bells, jingle bells, Christmas time is beaut!
Oh what fun it is to ride in a rusty Holden Ute.

An Aussie Chrissie (オーストラリア独特な英語によって物語れている物語)
Strine Dictionary
Greg Champion Official Website
Colin Buchanan Official Website

豪のクリスマス・ソング:Six White Boomers

SixWhiteBoomersオーストラリア風のクリスマス・ソングの中では「Six White Boomers」が伝説的な存在となっているかもしれない。
 理由が多数ある。
 まずは、1960年にリリースされたので恐らく初めて広く知られたオーストラリア風のクリスマス・ソング。
 そして、歌ったのはロルフ・ハリス氏という多彩なパフォーマーだった。今でも82歳にもなっている同氏がイギリスでは「典型的なオージー」を思い浮かばせるだろう。
 同氏がオーストラリア・イギリスを始め、広く・深く・長く愛されている。歌だけでなく、絵も上等、話術も最高だし、漫画もすぐる手入るし、少年時代では水泳チャンピオンだったハリス氏。
 この曲はサンタがオーストラリアにやってきた時にはトナカイの代わりにカンガルーの力でゾリを動かしたという話だ。
 曲にでるブーマーは「熟成している雄カンガルー」という意味だ。

SIX WHITE BOOMERS
Early on one Christmas Day, a Joey Kanga-roo,
Was far from home and lost in a great big zoo.
Mummy, where’s my mummy? They’ve taken her a-way.
We’ll help you find your mummy, son. Hop up on the sleigh.

Up beside the bag of toys little Joey hopped,
But they hadn’t gone far when Santa stopped.
Unharnessed all the reindeer and Joey wondered why,
Then he heard a far off booming in the sky.

Six white boomers, snow white boomers,
Racing Santa Claus through the blazing sun.
Six white boomers, snow white boomers,
On his Australian run.

Pretty soon old Santa began to feel the heat,
Took his fur-lined boots off to cool his feet,
Into one popped Joey, feeling quite okay,
While those old man kangaroos kept pulling on the sleigh.

Six white boomers, snow white boomers,
Racing Santa Claus through the blazing sun.
Six white boomers, snow white boomers,
On his Australian run.

Joey said to Santa, Santa, what about the toys?
Aren’t you giving some to these girls and boys?
They’ve got all their presents, son, we were here last night,
This trip is an extra trip, Joey’s special flight.

Six white boomers, snow white boomers,
Racing Santa Claus through the blazing sun.
Six white boomers, snow white boomers,
On his Australian run.

Soon the sleigh was flashing past, right over Marble Bar,
Slow down there, cried Santa, it can’t be far,
Come up on my lap here, son, and have a look around.
There she is, that’s Mummy, bounding up and down.

Six white boomers, snow white boomers,
Racing Santa Claus through the blazing sun.
Six white boomers, snow white boomers,
On his Australian run.

Well that’s the bestest Christmas treat that Joey ever had,
Curled up in mother’s pouch feeling snug and glad.
The last they saw was Santa heading northwards from the sun,
The only year the boomers worked a double run.

Six white boomers, snow white boomers,
Racing Santa Claus through the blazing sun.
Six white boomers, snow white boomers,
On his Australian run.

An Aussie Chrissie (オーストラリア独特な英語によって物語れている物語)
Strine Dictionary
Rolf Harris Official Website

豪名作が記録的な額で買収され

Sidney Nolan’s “First Class Marksman”

 オーストラリアの最も有名なアーティスト一人の最も有名な作品シリーズの1作品が豪州芸術作品として記録的な値段と買収されたことがメルボルンのシドニー・モーニング・ヘラルド紙28日付報道によって分かった。
 売られたのは『ケリー追跡大作戦』シリーズの1作品First Class Marksman(1等射撃者)であり、約540万豪ドル(約4億6千円)で買収された。

Sidney Nolan’s “Crossing the River”

 恐らく故シドニー・ノーラン氏がオーストラリア最大20世紀の画家だった。
 長いキャリアに渡って数多く作品を制作したが、その中で最も有名な作品が間違いなくこの『ケリー追跡大作戦』シリーズ。

Sidney Nolan’s “Death of Sgt. Kennedy at Stringybark Creek”

 このシリーズは、1800年代オーストラリアで山賊・盗賊だったブッシュレンジャーの伝説的な一人だったネッド・ケリーの一連の事件を描いたものだ。小学校低学年の子供を含めてほとんどどんなオーストラリア人でもノーラン氏のネッド・ケリー作品を知り、オーストラリア名作を称える記念切手にもなったことがある。
 ノーラン氏の『ケリー追跡大作戦』シリーズが1946年に描かれたと言われているが、同紙の報道によると実際にノーラン氏が二つのケリー関係シリーズを制作した。最も有名な1946年の作品の上にあまり知られていない1955年制作のものもあるという。シリーズのほとんどが主にキャンベラにあるオーストラリア国立美術館(NGA)に収納されている。
 記録的な値段で買収されたFirst Class Marksmanが1946年シリーズのものだったが、この一連の作品ほとんど公のギャラリーなどで買い取られたりしていいるのでオークションなどに出回ることが極めて稀なことだ。買収されたのは2010年であって、その実態がようやく今となって公表された。
 しかし、1955年シリーズの物が数年おきにオークションなどに現れえるという。

『ケリー追跡大作戦』シリーズ 
NGAノーラン・コレクションについて
Record $5.4m for Nolan
「強盗殺人」なのにBig Thingsを含めて豪がNed Kellyを称える理由は何だ?

Gangnam Bogan Style! K-Pop大ヒットの豪ダサイ風パロディ版が注目を浴びている

Melbourne Style

今、韓国K-PopアーティストPSYの「江南スタイル」が世界中に大ヒットが、数多くのパロディ版も発表され、その中オージーのダサイ文化を称える「ボーガン」風のMelbourne Styleが注目を浴びている。
K-Pop artist PSY may have scored a massive global hit with his catchy Gangnam Style, but he’s also inspired plenty of parodies, including Gangnam – Melbourne Style!, a version that celebrates Australia’s bogan culture of the unfashionable.

ちなみに、元の「江南スタイル」がこうだ。
Incidentally, the original Gangnam Style is here.

 ビデオの独特なダンスがヒットの原因一つとしているが、日本のネット社会では日本のカー用品販売「イエローハットCMのパックリだ」という声も上がっている。そのビデオがここにある。どう思う?
The dance mimicking a lasso-wielding horse-rider in Gangnam Style is often cited as a source of the hit’s success, but some among Japan’s Net community say PSY has ripped off moves from an ad produced here years ago by Yellow Cab, a car accessories seller. That video is here. What do you reckon?

サメ研究、撮影パイオニア豪州人ロン・テイラー氏が死亡

Ron Taylor, RIP.

 約60年間に渡ってサメの生活を研究し、撮影したロン・テイラー氏がこの頃白血病によって亡くなられた、とオーストラリア・ジオグラフィック誌が報道した。
 テイラー氏の活動がほとんど妻ヴァレリー氏と共に行なった。
 夫妻が1953年「シャーク・ハンター」というサメに関するモノクロ映像を豪・米各テレビ局に売り、以降世界中にサメに対しての専門家として尊敬されるようになった。
 一定の年齢であれば、どんなオーストラリア人でもロン&ヴァレリー・テイラー夫妻を知っているはずだ。
 今でもサメに関する研究が比較的に珍しく、他の海洋生物同様それほど詳しく知識を集まっていない。しかし、サメに関する知識は恐らく世界中に同夫妻ほど蓄積した人がいないだろう。皮肉的にいずれも海洋生物学者ではなかったが、海洋生物学者に相談されるほうど経験によって蓄積してきた。
 当然、学習的な世界だけでなく、エンターテインメントの世界にも大活躍したし、「ジョーズ」などサメに関する知識をあらゆる分野に伝わってきた。ちなみに、同夫妻の撮影がほとんどケージ無しで行なっていた。
 下記のような迫力がある映像は同夫妻にとって朝飯前の仕事のようだった。

Valerie Taylor

ヴァレリー・テイラー氏による「サメの真相と神話」
*サメを倒せる (真)
*サメが泳ぐ犬に引き付けられる (真)
*サメが流れている血に引き付けられる (可能だが未確定)
*サメが横からしか噛めない (神話)
*サメが教訓できる (真)
*サメが後ろ向きで泳げる (神話)
*サメが夕暮れに近い時間で攻撃する (可能だが未確定)
*サメが淡水で生き残れない (神話)
*サメが常に動かないと息が出来なくて死ぬ (神話)
*サメ群れが縦社会 (真)
10 Myths About Sharks

Aussie Anime hits Tokyo with a Blast….of Flatulence!

Gus, the animated tale of a Neanderthal child with uncontrollable flatulence, is one of two Australian films selected to take part in the Japan Kinder Film Festival drawing to a close in suburban Tokyo this weekend.
豪作品ガスのコントロール出来ないネアンデルタール人子供の話アニメ『GUS おならで大発見!』と短編映画『ジュリアン』という2作品が19日調布市グリーンホールにて20th Anniversary キンダー・フィルム・フェスティバルに上映される。
Accompanying Gus will be Julian, a short film that will feature Japanese voice actors performing live translations of non-Japanese films as they show.
『ジュリアン』の上映は、声優さんがその場でライブで日本語に吹き替える。
Japan Kinder Film Festival, the only international film festival for children in Japan, has one final session to run on Sunday, Aug. 19, from 1:30 p.m. at Green Hall, Chofu.
Ticket prices range from 150 yen for children, pensioners and the disabled to 500 yen for adults.
前売券が150円(子供、高齢者等)~500円(一般)にて発売中。

Kinder Film Festival (English)
Kinder Film Festival (日本語)
20th Anniversary キンダー・フィルム・フェスティバル
20th Anniversary Tokyo-Chofu Kinder Film Festival

豪に居れば、豪に「詩違え」:どんなオージーでも知っているポエムが作り変えられる

Poet Dorothea Mackellar, author of “My Country”

 日本人誰でもが宮沢賢治氏氏の「雨にも負けず」を学ぶように、オーストラリアの子供たちがドロシア・マッケラー氏の「マイ・カントリー」(「我が国」)を学校で必ず勉強する。
 マッケラー氏が19歳で1904年にイギリスでホームシックとなった時に作詩し、以降母国のオーストラリアで広く知られるようになる。
 今でも一般にハイ・カルチャーが決して浸透していると言い難いオーストラリアでは少なくともこの詩ぐらいなら誰でも知っていると言っていいと思う。
 そして、あのウィーン少年合唱団が来月オーストラリアへツアーする予定であり、それを先駆けて「マイ・カントリー」を作曲し歌うことになっている。
「マイ・カントリー」(皆が知っている所。実際に全詩がもっと長い!)と日本語訳が以下の通り。

My Country 「我が国」

I love a sunburned country,
A land of sweeping plains,
Of rugged mountain ranges,
Of droughts and flooding rains.
I love her far horizons,
I love her jeweled sea,
Her beauty and her terror -- The wide brown land for me.
私は愛す、この太陽の照りつける国を、
広大な平原、岩だらけの山の連なり、
干ばつ、そして土砂降りを。
私は愛す、遥かな水平線、
宝石の輝きにも似た海を、
その美しさ、その脅威ー
広漠たる赤褐色の我が国を。

ウィーン少年合唱団「マイ・カントリー」(「我が国」)

Vienna Boys Choir loves a sunburnt country