Category: Strine Sports

Australian Football’s Tokyo Area ‘Samurai’ Off to the World Cup



Australia rarely makes the news in Japan, so it’s interesting to see it on the front page of the Asahi newspaper June 4 evening edition.
The story is about Japan’s Aussie Rules team, the Samurais, who’ll be battling it out in the International Cup starting from June 8.
Japan has a really small, but thriving, Australian Rules competition, with two leagues (including several all-Japanese teams), the Eastern League, centering on Tokyo and surrounding areas, and the Western League, comprising Osaka and Nagoya.

Here’s an excerpt from the Asahi report:

サッカー・ワールドカップ(W杯)大会が迫るなか、「世界で最も激しい」というフットボールの世界大会も8月に開かれる。それってラグビー? いえいえ、オーストラリアンフットボール。豪州では国技と言われる大人気のプロスポーツだ。5大会連続で出場する日本代表も、追い込みに入っている。

A translation: Just as the soccer World Cup is about to hit us, another football world championship — this one promising to be the world’s toughest — is going to start in August. What’s it for? Rugby? Nope. Aussie Rules. It’s the national sport in Australia and a professional sport. Japan’s national team has taken part in the past five International Cups and it’s about to take part in the next one.

All Japan Samurais
AFL Japan
Japan Samurais Members

「国家を静止するレース」:競馬のための祝日

Fiorente wins the 2013 Melbourne Cup

Fiorente wins the 2013 Melbourne Cup

Fiorente wins the 2013 Melbourne Cup[/caption] 
先日、日本が「文化の日」があり、祝日となったが、今日(5日)は、オーストラリアが祝日だ。ある意味同じような文化の日を祝っていると言えるかもしれないが、オーストラリアの場合、その「文化」が競馬だ!
 世界中にG1レースが大体100件ある中半分以上日本で開催され、間違いなく日本が競馬大国となっている。しかし、日本でも競馬のために祝日がない。
 だが、オーストラリアでは11月第一火曜日は「メルボルン・カップ・デー」とし、開催地フレミントン競馬場があるメルボルン市内が休日となっている。他州など、仕事があってもレースが開始する午後2時40分からの数分間ほぼ全国の人々が競馬を見て大盛り上がり。よっぽどのことじゃない限り、同レースを見て、職場などで掛け合う習慣があり、全国のほぼ全員の注目を浴びる。あまりにも影響が大きくメルボルン・カップは「国家を静止するレース」と呼ばれている。
 日本がメルボルン・カップと面白い歴史がある。初めて参戦したのは2005年だった。アイ・ポッパーが12着で終わった。しかし、翌年、3200メートル日本馬デルタ・ブルースとポップ・ロックが圧倒的に強く1・2着で争い、デルタ・ブルースが見事に優勝した。
 しかし、その直後、オーストラリアで「馬インフルエンザ」が発生し、日本馬のせいとされ入国制限が一層厳しくなった。以降、2010年のトウカイ・トリック以外、日本馬がレースしていない。

追伸:2013年メルボルン・カップが5日午後行ない、初女性調教師としてゲイ・ウォーターハウス氏のフィオレンテ(Fiorente)が優勝した!
Fiorente hands Waterhouse historic Melbourne Cup triumph

いよいよ日豪対決!Bragging Rights at Stake as Samurai Blue Tackle Socceroos in World Cup Qualifier

OzvsJPFierce but friendly rivals Japan and Australia meet in an Asian Football Confederation Round Four World Cup qualifying match at Saitama Stadium 2002 near Tokyo on June 4.
アジアサッカー連盟(AFC)ライバル国日本とオーストラリアがサッカー2014年ワールドカップ最終予選を今夜、6月4日、埼玉スタジアム2002で行なう。
Japan, currently top of Group B, need only to take a point from this match to qualify for Brazil 2014.
現在Bグループ首位である日本代表が引き分けでも来年ブラジルで行なうワールドカップ出場が決定となる。
Australia, in third place a point behind Jordan but with a game in hand, will be looking to take home at least one point, but will have its hands full against a team that has realistic hopes of reaching the latter rounds in South America next year.
一方、2位ヨルダンの1点差でありながら試合数が一つ少ないオーストラリア代表は、恐らく引き分けを狙うが日本代表に対してなかなか強さを見せることができないだろう。
Also at stake in this match will be bragging rights between two of the AFC’s powerhouse teams, which have met 20 times overall, for seven wins apiece and six draws. Since Australia’s entry into the AFC in 2007, the record remains deadlocked with two wins each with two draws in the six times they’ve clashed.
今回の試合も両国間の歴代勝敗率に影響与える。全体的に20試合7勝7敗6引き分けとなっている。オーストラリアがAFCに加盟した2007年以降でも2勝2敗2引き分けと極めて引き離せない両代表だ。

Japan will go into the match a firm favorite with Saitama, Asia’s largest exclusively football stadium, packed to the rafters with Japan’s most fervent supporters, the finals place at stake, more recent hit-outs — albeit with uninspiring results including a 2-0 loss to Bulgaria last weekend and a shock defeat to Jordan — the heat working against the Southern Hemisphere Socceroos and top quality talent including Keisuke Honda, Shinji Kagawa and Atsuto Uchida.
しかし、今回の試合は、日本が圧倒的に有利視されている。W杯出場、熱狂的なファンで満員アジア最大サッカースタジアム、結果はともかくプレイしていない相手に対して試合を行っていることだけでも、そして本田圭佑、内田篤人や香川真司など有力選手が多いことなど、勝利すべきだ。
Australia has enormous talent, too, but it looks overstretched with veteran 30-somethings Lucas Neill, Tim Cahill and Josh Kennedy among those who took on Japan in the legendary 2006 World Cup Germany match at Kaiserslauten, where the Socceroos came from 1-0 down at the 84th minute to win 3-1. Great then, but now an athlete’s lifetime of seven years ago, reflecting a lack of fresh talent injection into the Australian line-up.
一方、サッカールーズも多彩な選手も多いにも関わらず大が付くぐらいのベテランも多い。ルーカス・ニール、ティム・ケーヒルやジョッシュ・ケネディーなどがいずれも素晴らしい選手だけど、日本で馴染みであるのが三人ともあの2006年ワールドカップでプレイしたことからだ。その日豪試合では、日本が後半39分まで1-0でリードしたがいきなり逆転されて3-1と負けた。オーストラリアにとってその結果が最高だったが、もう早選手寿命に等しい7年前のことだ。

Match Information

Japan versus Australia
Saitama Stadium 2002
Kick-off 7:30 p.m. JST (8:30 p.m. AEST)

日本代表 Japan Samurai Blue Official Website (Japan Football Association)

Australia Socceroos Official Website (Football Federation Australia)

ファイティング原田の豪関係はローズで終わらなかった、、、

Famechon Harada Program 日本ボクシング界レジェンドであるファイティング原田こと原田政彦がオーストラリアとのつながりが世界初豪先住民世界チャンピオンとなったリオネル・ロースとのバンタム級タイトル戦で終わらなかった。
Masahiko “Fighting” Harada‘s connection to Australia did not end with his defeat to Lionel Rose, the first ever indigenous Australian to claim a world title.
 1968年ローズと負けた後にファイティング原田が世界チャンピオンに追う時にまたオーストラリア人と直面した。
Harada would again come up against an Aussie during his pursuit to regain a world title.
 翌年、オーストラリアのジョニー・ファメションを相手にフェザー級タイトル戦が東京で行った、、
That was Johnny Famechon, who he fought in Tokyo in 1969.