Category: Strine Tucker

豪キャブラリー: Apples

英語を学び始める時、アルファベット順の最初の文字「A」の例としてappleが必ずと言っていいほど出てくる。当然、オージー英語を学ぶ場合も同じだが、本来の意味「りんご」の他にもiPadなどで有名なアップル社や「大丈夫だよ」などの意味がある。

英・米語日本語
ApplesNo problem. Everything will be all right直訳すると、ただの「リンゴ」だけど、意味が「大丈夫」とか「ドンマイ」などのような感じ

豪キャブラリー: Ankle Biters

「足首を噛むやつ」は、ankle bitersの直訳だが、ankle bitersは決して人の足首を噛むわけではない。オージー英語では子供、特に小さい子供に対して使う表現だ。語源は、背が小さいので、何かを噛もうとしても人の足首ぐらいの高さしか噛めないということなのだ。

英・米語日本語
Ankle biterChild, especially a small child子供。特に小さな子供に対して使われている

豪キャブラリー:Dead Horse

え~?Dead horseは、国民的な言葉と言えるほどオージー英語でよく使う表現だけど「死んだ馬」と言う意味なので決していい感じではないよね。おまけ、醤油が日本料理に欠かせない存在と同じように多くの伝統的な豪料理にはdead horseが絶対だ。でも、ゴッドファーザーのベッド・シーンなどを思い浮かばさせるためイメージが悪いかもしれないが、実際にdead horseはたんなるsauce (厳密に言えばtomato sauce)の音韻俗語だけなのだ。

英・米語日本語
Dead horseTomato sauce, ketchup トマトソース、ケチャップ。直訳すると「死馬」という意味が、「ホース<馬>」と「ソース」で音韻俗語だ。

豪キャブラリー: Snags

  オーストラリアではbarbieは儀式に近いほど豪州文化に根付いている。そして、そのbarbecueに欠かせない存在なのがsnagである。他の英語圏ではsnagは出っ張っている木の根のことだが、オージー英語ではソーセージのことだ。ソーセージは、また、mystery bagとも言われる。これはsnagの押韻俗語であるが、中身に何が入っているかわからない、というミステリーの意味のニュアンスもある。

英・米語日本語
Snags (also called Mystery Bags)Sausagesソーセージ