Category: Unknown Nichigo

An Australian Christmas

christmas-kangaroo
Australians have a special way of spreading Christmas cheer
Ploughing snow is a big no-no, we have sun over here
Roos R-L
Christmas pud is a pav instead, while lunch is on the beach
Cold ham replaces turkey, And we have three servings each

Kangaroos help Santa out, ‘Cause reindeer just won’t do
For they don’t know the bush so well, roos just bound on through

Forget the fur lined boots this year, thongs are what we need
Rudolf will have to sit it out, while Skippy takes the lead

But don’t you worry, have no fear, Santa’s used to us down here!

NSFW (or kids) Classic Australian Christmas Song

A Little-Known, Bizarre Australia-Japan Christmas Story

豪のクリスマス・ソング:Deck the Shed
豪のクリスマス・ソング:Christmas on the Station
豪のクリスマス・ソング:Christmas Photo
豪のクリスマス・ソング:Aussie Jingle Bells
豪のクリスマス・ソング:Six White Boomers

South African band Die Antwoord also does an interesting cover of Kevin Bloody Wilson‘s Australian Christmas classic.

くたばれロルフ・ハリス!日本人に任せ!

Tie Me Kangaroo Down SportPeanuts Tie Me Kangaroo Down SPort50代以下オーストラリア人及びイギリス人であれば、間違いなくロルフ・ハリスという芸能人の存在が分かるはずだ。1950年代後半以降同人物が子供を中心にイギリス在住でありながら出身国であるオーストラリアのことを全身全霊でPRし続けた。イギリス・オーストラリアを中心にものすごく愛され、両国のほとんどの人にとって「大好きなおじさん」のような存在だった。しかし、明るい表向きの顔の裏面は暗く虐待的な性格を隠したようだ。今週、小児虐待罪として5年9か月の実刑判決が下れた。虐待疑惑が浮上した2012年末頃からほぼ誰でも信じられなかったが、徐々にハリス受刑者の行動パターンが明確となり、約30年間に渡り自分の実娘のベスト・フレンドをはじめ数多くの未成年女性を性的に虐待した事実が明らかとなって有罪判決に至った。考えRoo自身をはじめ、ハリス受刑者を愛した何百万の英・豪人がこの事実にショックと痛みで受けた。
今では、ハリス受刑者が日本で知られていないと言っても過言ではないと思う。でも、いつもそうじゃなかった。1960年代前半、ハリス受刑者の多数中の最も大きなヒット曲「Tie Me Kangaroo Down, Sport」が日本でもひそかなファンを集めた。それほどヒットしなかったがザ・ピーナツ及びダニー飯田によって原版のオーストラリア動物の言葉遊びの歌詞をもてない男の話をコミカルに替えてシングルとして発表された。
 いずれにせよ、子供大好きなキャラとして売れたハリス受刑者が今84歳。今からイギリスの刑務所で禁固生活が始まる。何とも言えない複雑な感情だが、日本語の替え歌のように悲しい気持ちでいっぱい。が、曲と違って、コミカルな味気がない。

Downpour in Tokyo

Not really related to Kangaeroo.com, but an amazing downpour hit Tokyo on the afternoon of June 29, 2014, and it deserved to be recorded.
Fortunately, nobody appears to have been injured in the massive deluge that struck the capital that had been basking in glorious sunshine just minutes earlier (and would return to relatively fine conditions within an hour).
So much for climate change deniers…