Category: Unknown Nichigo

日本人が知っている豪先住民語

Guugu Yimithirr warriors


Modern Japanese is filled with examples of borrowed words from foreign languages, which are known as gairaigo. “G’day” is probably widely known throughout Japan as a symbol of Australian English, but there are some even more uniquely Australian words that have also made their way into Japanese.

 現代の日本語は、外国語を由来とする、いわゆる外来語が多く、オージー英語から来ている言葉もその例外ではない。日本では「グッダイ」が、オージー英語の典型的な例としてよくあげられるが、実際に日常生活の中でもオーストラリア先住民語が使われているという事実がある。

‘Single Men Only?’ – Early Japanese Migration to Oz 日本人の豪州への初期移民は「独身男性限定」?

知られざる日豪関係のルーツ What You Didn’t Know about Australia-Japan Relations

A 19th century Japanese pearl diver in Australia

Japanese immigration to Australia in the 19th century differed to other parts of the Japanese diaspora.

 19世紀、豪州への日本人移民は他の国での日本人移住と比べて少々違っていた。

Acrobatic Start to Relations まさにアクロバティックに始まった日豪関係

知られざる日豪関係のルーツ What You Didn’t Know about Australia-Japan Relations

Meiji-era (1867-1912) Japanese Acrobats

日豪関係のルーツは、まさにアクロバティックに始まった。1867年に日本の曲芸団がオーストラリアを訪問した数年後(具体的な日付は不明。1871年という説もあれば、1874年という説もある)、Sakuragawa Rikinosukeという曲芸師がオーストラリア人女性と結婚して、豪州に移住した日本人として初めて記録された。

Japan-Australia relations started off by swinging into action – literally. First contact came in 1867 when a Japanese acrobatic troupe visited Down Under in 1867. A few years later (the exact date is unknown – some say 1871, others 1874), Rikinosuke Sakuragawa, an acrobat touring Melbourne with another troupe, married an Australian woman and they settled in Queensland, where their descendants remain today.