Category: Unknown Nichigo

巨大カモノハシ「ゴジラ・プラッタプス」が豪で発見

GodzillaPlatypus 現代の倍以の大きさだった「ゴジラ・プラッタプス」5百万から1億1500万年の間前に巨大な歯付カモノハシが豪などに生存した、と豪古生物学者が11月発表した。
 オーストラリアの数多く独特な動物の中では、カモノハシが最も変わっているかもしれない。
 ビーバーの尻尾にモグラの胴体と鴨の鼻・口だけでなく、哺乳類のように母乳を与えながら子供が爬虫類や鳥類など同様に赤ちゃんを卵で産む「単孔目(たんこうもく)」動物である。
 この目は、カモノハシとオーストラリアのハリネズミであるechidnaしかないです。
 今のカモノハシは歯がなく餌等を圧力で殺して食べるが、「ゴジラ・カモノハシ」は、歯があって、小さな動物や虫類などを噛んで食べた、と同学者がいう。

Obdurodon tharalkooschild

Obdurodon tharalkooschild

 新しく発見した「ゴジラ・カモノハシ」の本当の名前がObdurodon tharalkooschildだ。身長が約1メートルまで伸ばされ、現代カモノハシの約倍。この大きさの差によって学者たちが「ゴジラ」という名前を冗談で付けた。
Giant toothed platypus roamed Australia

本州面積の半分以上ある射撃場で豪が世界宇宙開発の先がけを

Japanese equipment for the Cangaroo Project at Woomera Test Range.

Japanese equipment for the Cangaroo Project at Woomera Test Range.

 宇宙開発に先がけた国でいえばオーストラリアを思い浮かぶ人がいないだろう。
 初NASA所属日本人宇宙飛行士毛利衛氏が豪大学で博士号を取得したにも関わらず日本では、オーストラリアが宇宙開発に先がけた国だった意識が極めて少ない。実は、オーストラリアでもこのことがほとんど知られていない。でも、事実のだ!
 旧ソ連、米国、フランスに次ぐオーストラリアが世界で4番目の宇宙開発用の打ち上げ地となった。
 1967年11月29日米国が豪に与えたスパルタ・ロケットを南オーストラリア州にあるウーメラ試験場で打ち上げ、見事にオーストラリア初の人工衛星であるWRESAT(Weapons Research Establishment Satellite)を軌道に乗せた。
Prospero 約4年後、同試験場が再びロケット打ち上げに関われ、今度はイギリスと共同で英国唯一人工衛星Prosperoブラック・アローによってウーメラから打ち上げた。Prosperoが今でも起動に乗っている(けど、運用していない)。
 以降、ウーメラ試験場でロケットの打ち上げがないものの宇宙開発関連業務が継続的に行っている。1980年まで射撃場として使用されたが閉鎖となった。
 また、1990年に再開し、民間や商業的な非軍事の試験プログラムにも使われる。
 1996年、宇宙開発事業団(NASDA)と航空宇宙技術研究所(NAL)(現在は両者統合して宇宙航空研究開発機構 (JAXA)) が、小型自動着陸実験機(ALFLEX) の飛行実験を行っている。さらにJAXAは、2002年(当時NAL)と2005年に小型超音速実験機(NEXST-1)の飛行実験を行っている。
A Black Arrow rocket at Woomera

A Black Arrow rocket at Woomera

 2010年6月13日には、小惑星イトカワのサンプルを採取したJAXAの小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)のカプセル着陸地点としても使われた。
 また、日本の大学も参加しているガンマ線天体物理学のための国際協力実験であるCANGAROO(Collaboration of Australia and Nippon for a GAmma Ray Observatory in the Outback)プロジェクトの望遠鏡が設置され、観測が継続されている。
 ウーメラ試験場の面積は12.7万平方キロで、日本の本州(22.8万平方キロ)の半分より少し大きいほどの面積である。世界で最も広い陸上射撃場である。ウーメラ立入制限区域に隣接施設。ウーメラのネーミングは、オーストラリア先住民が槍を投げる時に使った補助道具が由来だ。

ウーメラ試験場公式ウェブサイト(英語)
Introduction to the CANGAROO Project(日本語)
日豪共同宇宙開発事業CANGAROOサイト
CANGAROOII
CANGAROOIII

日本が世界ヒットの引き金となった「Mad Max」のゲームが豪訛りを拒否し、オージーゲーマーが噴火

MaxStillI 日本と深い関わり合いがあるオーストラリア現代文化に根強く愛されている「マッド・マックス」映画シリーズのゲーム版最新商品が豪訛りのマックスが登場しないことによって多くのオーストラリア人の間で怒りを感じさせている、とNews.com.auが報道している。
 「マッド・マックス」が1979年公開映画であり、オーストラリア国内でヒットした後、日本で公開し、大ヒットとなった。そこからヨーロッパ諸国へ同じような成功をおさめ、最後にアメリカにも人気を呼んだ。1970年代「オーストラリア・ニューウェーブ」映画ブームの一作であり、1985年までメル・ギブソン氏を主役として続編2作も世界中に大ヒットした。今年、トム・ハーディを主人公マックス役で27年ぶり四作目「マッド・マックス・フューリー・ロード」を公開する予定だ。
MadMaxLogo 「マッド・マックス」の影響は、オーストラリアにとって偉大なものだ。
 一般映画ファンにとって人気なので興行収入が三作合わせて数億ドル及んで、ギブソン氏自身が1980・1990年代ハリウッド有数な俳優兼監督となった。「オーストラリア・ニューウェーブ」の成功例として見られるようになって、多くなオージーが誇りに思ったオーストラリア映画の一作でもあった。1980年代アメリカでの「オーストラリア人気」にも大きく貢献しただろう。典型的なオーストラリア映画と言っても過言ではない。
 しかし、その高い誇りに逆撫でする面もあった。もっともっとオーストラリア映画なのでオーストラリア訛りが特徴の一つだった。1作目がアメリカに公開した1981年にはアメリカ人がオーストラリア訛りが分からないだろうとされて同じ英語でもアメリカ訛り吹き替え版で公開された。当時、オーストラリア英語があまり国外で披露されることがなくて「視野が狭いアメリカ人がそのもんだ」と思われ笑い飛ばされた。
 だが、今も同様な状況となっている。
MadMaxGame 4作目の公開に伴って新しいビデオ・ゲームが公開することになっている。
 6月13日、本社がスウェーデンにあるアバランチ・スタジオ社が「マッド・マックス」ビデオ・ゲームを公開すると発表し、予告編の動画を披露した。
 だが、ゲームに登場するマックスは、アメリカ訛り英語で話している。
 元の映画の吹き替え版の例があってにもかかわらず、今回のゲームでアメリカ訛り使用によってオーストラリアで反発を呼んでいる。
 「キャラがオージー・ゲーマーに深く愛されているのでこのように勝手に帰られてオーストラリア人じゃなくしたのはオージー・ゲーマーにとって侮辱的だ」とAusgamers.com編集長スティーブン・ファレリー氏がいう。

Mad Max video game ditches Australian accent in ‘affront’ to the country

Mad Max I Trailer

Mad Max II Trailer

Mad Max III Trailer

Mad Max Video Game Trailer

(Aussie) Black Swans Give (Japanese) Koi Fish a Decent Feed

SwansfeedBlack swans are endemic to Australia and symbolic to the country, particularly Western Australia, where the avian beauty is almost synonymous for anything Sandgroper.
 黒鳥は、オーストラリア国有鳥であり、州の象徴である西オーストラリア州では特に称えられている。
Koi fish, meanwhile, play a similar role for Japan, immediately evoking an image of the Land of the Rising Sun.
 鯉は、言うまでもなく、超日本的であり、日本のシンボル一つと言っても過言ではないはずだ。
This clip could be called a cute view of Australia-Japan friendship.
 なので、本動画が日豪友情の表れとも言える。

日豪味深い映画「ウルヴァリン: SAMURAI」の和風ポスター盗難問題

 ヒュー・ジャックマンが主人公、日本が舞台などWolverine日豪味深い映画「ウルヴァリン: SAMURAI」の墨絵風PRポスターが米国では盗まれっぱなしだ、とメルボルンエイジ紙が23日報道した。
The Wolverine, a movie with strong Australia-Japan connections with Hugh Jackman as its star and much of the action taking place in Japan, is being plagued by people stealing its Japanese-influence sumi-e posters, according to the Melbourne Age on April 23.
 約20年前日本でもSMAPの木村拓哉の公な場にあったポスターが盗まれた現象と同じように同映画主人公であるヒュー・ジャックマンがイケメンの上に和風人気が恐らく原因であるポスター盗難が人気ぶりの証しとして配給会社20世紀フォックスにとって矛盾でありながら嬉しい悩みだ。
In a phenomenon similar to that seen in Japan about 20 years ago when women were stealing posters featuring SMAP performer Takuya Kimura‘s posters from public areas, distributor 20th Century Fox faces the mixed pleasure of seeing proof of the upcoming movie’s popularity in the theft of the materials used to promote it, probably because of the popularity of its heartthrob star, Hugh Jackman, in addition to the Japanese flavor of the flyers.
 「ウルヴァリン: SAMURAI」は、X-メンシリーズ最新作であり、日本で9月上映し、オーストラリアがその2か月前から。同映画撮影が主にオーストラリアと日本で行い、主人公がオーストラリア人であり、真田広之TAORILAなど支援役のほとんどが日本人で舞台が日本だから日豪色が濃い映画である。
WolverineIIThe Wolverine is the latest installment in the X-Men series of movies based on the popular comics. It opens in Australia in July and in Japan two months later. It has strong appeal for both Australia and Japan, with its Aussie star Jackman supported by Japanese actors of the ilk of Hiroyuki Sanada, Tao Okamoto and Rila Fukushima, while the movie is set mostly in Japan and much of the filming occurred in Australia and Japan.
 それに伴って、海外では映画の日本関連性を強調して宣伝しているようだ。その作戦ひとつとしては墨絵風の映画ポスター。同ポスターはジャックマン氏が演じるウルヴァリンを墨絵風で描かれている。
The Japan angle is apparently being plugged strongly in promotion of the movie outside of the land where it’s set, which led to the sumi-e poster, which features Jackman depicted as his Wolverine character.
 20世紀フォックスによると、米国内で同ポスターがあまりにも人気であるため張られているバス停の約5割から盗まれているし、新たに貼れなければならないようになっている。
20th Century Fox officials have apparently had to replace about half of the posters on bus stops around the United States as fans pocket them.

The Wolverine Official Site
‘Die Jockey,’ ‘Pyscho,’ ‘Odds Calais Summer Days’ & Hugh Jackman’s Other Japanese Lessons

A Breakout Performance Focusing on Australia’s Cowra

A scene from "Kaura no Hancho Kaigi" with Japanese POWs wearing the crimson uniforms they wore at the Cowra Prison Camp.

A scene from “Kaura no Hancho Kaigi” with Japanese POWs wearing the crimson uniforms they wore at the Cowra Prison Camp.

Kaura no Hancho Kaigi (Honchos’ Meeting in Cowra) superbly dramatizes events surrounding a definitive incident in Australia-Japan relations.
The play being performed by the Rinkogun theater group daily until March 24 (with two shows on March 19 and 21) centers on the Cowra Breakout, an attempted escape by about 550 Japanese prisoners of war being held in an Australian POW camp in August 1944.
Interwoven with the action surrounding the decision to rebel and attempt to escape or die trying by a group of men whose own homeland had effectively killed them by bureaucracy and cultural manipulation is a tale of a group of women making a film about the incident, but also containing a sub-plot of documenting the Fukushima nuclear disaster.
Overall, the result is a must-see for anyone with an interest in Australia-Japan relations, though it may not be exclusively pleasing and could raise discomforting issues that can sometimes be shoved under the carpet, prime of which is the fact that Australia and Japan were once at war and bitter, racially opposed enemies: a matter not commonly known in Japan.
HonchoLargeThe play is also an unabashedly left-wing account of events, but this is also Kaura no Hancho Kaigi’s greatest strength as it humanizes the characters, notably the Imperial Japanese Army soldiers whose wartime culture depended on their dehumanization.
Playwright Yoji Sakate‘s script admirably addresses many serious issues, but perhaps too many, and sacrifices clarity at times in an apparent effort to ensure all sides have their views presented, but this foible is only a minor one.
Made for a Japanese audience, Kaura no Hancho Kaigi is essentially a Japanese-language play, but has large swathes of English (sometimes for mysterious reasons), much of which is delivered with deplorable Australian accents by American actors John Oglevee and Benjamin Beadsley, who redeemed themselves by breaking the fourth wall to apologize for their Strine deficiency.)
Nontheless, the somewhat surreal play had a bit of everything from action, humor, tragedy and drama, and is certainly worth seeing.

カウラの班長会議Kaura no Hancho Kaigi (Honchos’ Meeting in Cowra)
All seats reserved (prices range from 1,500 to 4,000 yen)
Showing until Sunday, March 24 at Shomokitazawa Za Suzunari
For inquiries or ticket sales, contact Rinkogun
(All inquiries should be made by a Japanese speaker)