Category: Indigenous Strine (Woiwurrung)

豪手話通訳「中指立てる」ことが悪意無し

Birdflipper オーストラリアニューサウスウェールズ州が非常事態宣言となり中心となっている山火事関連記者会見で務める豪手話(Auslan)通訳が「中指を立てる」と指摘がありネット上で課題となっているが同州ロア協会がどう表現がいつもの侮辱的な意味がないという。
 アメリカで始まった「中指を立てる」が怒っている人に対して示すジェスチャだけど、この約40年間では、オーストラリアやその他の英語圏全体をはじめ世界中に使用することになった。
 しかし、Auslanは、100年以上の歴史があり、同ジェスチャがオーストラリアで一般化される前にコミュニケーションとして手話で中指を立たせることが一切珍しくなかった。今でもAuslanでは良く使われているらしい。たとえば、Auslanでは中指を立つと「あって使える」か「バカンス」や「怠ける」という意味がある。
 同協会が「中指立てる」終話をマーケティングとしても活用している。一部のPR資料には同ジェスチャの写真があり「思っている意味と違うぞ」と書かれて健常者などに終話に関する啓発などを行なっている。
 Auslanはイギリス豪手話とアイルランド豪手話で大きく影響与えられてるが、独自な言語となっている。大きな方言が二つあり、オーストラリア北部で使われいる「ノーザンAuslan」と南部使用の「サザンAuslan」。数多くの先住民言語に基づいている豪手話言語もある。

Auslan Signbank (Auslanデータベース)
Auslan 辞書

Namatjira Legacy Torched! 豪画界の重要な自然遺産が放火で破壊される

Ghost gum trees depicted by Albert Namatjira

Ghost gum trees depicted by Albert Namatjira

 豪ノーザン・テリトリー州にある重要な自然遺産として認められつつあった有名なユーカリ林がこの頃放火で全焼された、と豪各大手マスコミ社が4日付報道した。
Ghost gums on the verge of being recognized as part of the Northern Territory’s heritage have been destroyed by arson, according to various mainstream Australian media reports on Jan. 4.
 このユーカリ林はゴースト・ガムと呼ばれている木であり、初めて国際的に認められ有名となった豪先住民画家故アルバート・ナマトジラ氏が描いた木だった。
These eucalyptus trees had come to prominence after being painted by Albert Namatjira, the first indigenous Australian artist to achieve widespread global recognition.
 焼かれた林は、同州自然文化財を認可する寸前だったようだが、この数日間以内に放火された。動機など同州当局が捜査中だという。
The torched trees were apparently about to be recognized as an important part of the state’s heritage, but were burned to the ground some days ago. Northern Territory authorities are investigating the motives into the arson attack.
 ナマトジラ氏が活躍した時代オーストラリアが先住民を「国民」として認めていなかったが、描いたオーストラリアの風景が世界中に高く評価された。同氏の絵にはこのゴースト・ガムが主体となったものが多かった。
Namatjira was active and his work recognized globally at a time when Australia did not even recognize its indigenous populations as citizens of the country. Many of his works featured ghost gums.
Albert Namatjira

Albert Namatjira

 同氏が悲劇的な人生を送った。生まれた1902年では、先住民全員が国家被保護者として扱われ、1967年の国民投票で市民権が与えられるまで「2級国民」まで位置づけにも及ばなかった。にも関わらず、ナマトジラ氏の絵が国内では1930年代以降認められるようになり、徐々に国際的に評価されるようになった。そこから、同氏が裕福となり、得た収入のほとんどを自身が所属する部族に使った。しかし、本人を含めて部族の多くがアルコール依存症に病んで1959年に若き57歳で貧困で亡くなった。
Namatjira lived a tragic life. When he was born in 1902, indigenous Australians were all wards of the state, and they would not even be regarded as “second-class citizens” until voters “deigned” to give them that status in a 1967 referendum (that came too late for Namatjira, although he had been granted rights akin to the average white Australian upon achieving wealth and global fame in the 1950s). Namatjira first attracted attention within Australia in the 1930s and his renown gradually spread across the world. He subsequently became wealthy, but used nearly all his money to support members of the Arranda tribe to which he belonged. Unfortunately, Namatjira, like many of his fellow tribe members, was an alcoholic and died impoverished in 1959 at a tragically young 57.

Ghost gums that inspired great art felled by fire

賀正!巳・蛇年2013年!Happy New Year 2013, the Year of the Snake

SerpentNenga2013Lettered 2013年は巳年で、蛇が脱皮をすることから「復活と再生」を連想させ、餌を食べなくても長く生きることから「神の使い」として崇められている。
Welcome to 2013, the Year of the Snake, according to the Chinese Zodiac. The Year of the Snake is said to evoke images of rebirth and revival, due to the snake’s repeated shedding of its skin, as well as have a strong connection with the gods due to the reptiles’ ability to live for long periods without eating.
 恐らく海外で最も有名な蛇年生まれのが安室奈美恵島田順子香取慎吾本木雅弘だろう。
Probably the most famous overseas of those Japanese born in the Year of the Snake are singer Namie Amuro, fashion designer Junko Shimada, entertainer and youngest SMAP member Shingo Katori and actor Masahiro Motoki.
 もちろん、オーストラリアにとって蛇も重要な存在だ。
Of course, the snake also plays an important role in Australian mythology.
 それは特に豪先住民にとって言える。
That’s due to the Australian indigenous mythology.
 豪先住民の創造神話である「夢幻時(ドリームタイム)」の中心が「虹蛇」となっている。考えRooのお正月イラストがこの「虹蛇」をモチーフにしている。虹蛇の仲間がユルルングルエインガナなどもいる。
Australia’s indigenous peoples believe in the Dreamtime myths in which the Rainbow Serpent plays a crucial role. Other prominent snakes in Australian aboriginal mythology include Wagyl, which created the Swan River, Yurlungur and Eingana.
Kangaeroo.com’s New Year illustration derives from images of the Rainbow Serpent.

国内ヒットでも海外コケ豪映画の行方は?

The Sapphires

The Sapphires

 1950年代世界を魅了して以降評価が下がれ影響も薄れた邦画同様、1970・1980年代で一時期一世風靡した豪映画も低迷している。
Just as Japanese cinema was globally renowned in the 1950s only to subsequently fall into decline, Australian movies lauded across the world in the 1970s and 1980s can now no longer make much of an impact outside of their homeland.

 国内市場が十分に邦画の存在を確保できるに対してオーストラリア国内だけでは商売にならない。今でも大ヒットしても数百万豪ドルの興業収益しか期待できないので、世界的にヒットするクロコダイル・ダンディマッド・マックスムーラン・ルージュやハッピー・フィートなどのような大作以外オーストラリアの映画界がビジネスよりチャリティ見たいな存在だ。
Unlike the domestic Japanese market, however, which is of a scale large enough to support its own industry, the Australian domestic movie business is tiny. This ensures that short of making a hit of the likes of the initial Crocodile Dundee series entries, the Mad Max series or something akin to Happy Feet or Moulin Rouge, a general release Australian movie is almost destined to be more of a charitable enterprise than a business.
 たとえ、国内・外高く評価された映画でもそうだ。
This applies even for movies rated highly domestically and overseas.
 今年の豪映画界ではそういうような映画が実際にあった。
This year has seen a move that proves to be a case in point.
 それは「ザ・サファイアズ」だった。
We’re referring to The Sapphires.

 この実話の元に作られて、オーストラリア版のスプリームスと呼ばれた若い先住民女性コンビオージー版ドリームガールズと言われている映画がカンヌ映画祭など世界各地で評価・表彰されこの頃豪映画として珍しく海外で売られるようになった。
The movie based on a true story about a band referred to as Australia’s version of The Supremes is said to be an Australian-style Dreamgirls and was awarded and highly rated when shown at international festivals such as Cannes and, rare for an Aussie movie these days, even sold overseas.
オーストラリアで最も有名な先住民歌手一人であるジェシカ・モーボイーをはじめ豪華なキャストがあって、実に面白い映画であり、1960年代先住民がまだ白豪州主義盗まれた世代など差人種別の根が深いオーストラリア社会で広く差別された先住民女性バンドが国際的に評価される話だ。
The movie featured Jessica Mauboy, one of Australia’s best-known indigenous singers, as part of a tremendous cast who worked to tell the fascinating tale of a group of indigenous women plucked from a reserve to form a band that became something of an international sensation at a time when it was still common for them to encounter discrimination in their homeland still deeply influenced by the White Australia Policy, the Stolen Generations and other aspects of its racist past.

 だが、フランス、イギリスをはじめ、オーストラリア国外では興業実績が貧しいだった。
But, The Sapphires flopped at the box office internationally, starting with failures in its first overseas markets in France and Britain.
 残念なことに日本では上映される予定が無い。
And it’s not even planned for release in Japan.