Tag: Acca Dacca

Oz Rock Legend Malcolm Young Dies  豪ロック伝説的な人マルコム・ヤング氏が死去

Rock legend Malcolm Young, co-founder of Australia’s biggest ever band AC/DC, has died. He was 64.
 オーストラリア最大ロックバンドであるAC/DCの伝説的な共同創立者のマルコム・ヤング氏が死去した。64歳だった。
Young formed AC/DC in 1973 with his younger brother, Angus, who remains the only original member of the band still playing.
 1973年にヤング氏は弟であり現在バンドの唯一オリジナルメンバーとして現役のアンガスと共にAC/DCを結成した。
Young played rhythm guitar for AC/DC until he left the band in 2014 to receive treatment for dementia.
 2014年に認知症の治療を受けるためバンドを退会するまでヤング氏がAC/DCのリズム・ギターを担当した。
He had overcome lung cancer, heart problems and alcoholism.
 肺癌、心臓病やアルコール依存症を克服していた。
Young was described as the driving force behind AC/DC, which has sold about 200 million albums, making it among the best-selling artists of all time.
 売れた音楽家の一つとしてAC/DCが約2億枚もアルバムを売上げ、ヤング氏のバンドの原動力と言われた。
AC/DC toured Japan early in the Brian Johnson era, visiting in 1981 and again the following year. However, the band didn’t tour again until 2001. Acca Dacca last played Japan in 2010, Malcolm Young’s final tour with the band.
 AC/DCはブライアン・ジョンソン氏時代初期頃に来日がした。1981年、そして翌年82年にも来日ツアーが行ったものの次にツアーしたのは2001年となった。最後に来日したのはマルコム氏のバンド最後のツアーでもあった2010年だった。
The Youngs’ elder brother, George, died last month. He had produced the early AC/DC albums and been a member of The Easybeats, one of Australia’s first rock bands to achieve global success.
 ヤング兄弟の兄であったジョージ氏も先月死去した。同氏はAC/DC初期頃のアルバムをプロデューサーだったし、それ以前に最初に世界の舞台で成功したオーストラリアのバンドの一つであったジ・イージービーツのメンバーでもあった。
1981 Japan Tour