Tag: australia

Tjukurrpa, Terra Australis, New Zealand, EendrachtslandそしてAustraliaへ

Map of New Holland

Map of New Holland

「オーストラリア」は、ラテン語で「南の大きな大陸」という意味だ。
日本と同じようにオーストラリアも歴代国名も多数ある。
数万年前から今でいうオーストラリアに住んだ先住民たちは「国」というコンセプトさえなかったので、何百もあった部族に暮らし国全体を理解することはなかった。
その変わり、「夢期(ドリーミング)」ということがあった。その「夢期」は、世・存在やすべての物を含めて人それぞれ独自で解釈するすごく抽象的な意味があるが、その中「土」ようは「住む所」などの意味も含めた。その延長で「夢期」と「国」は、ある意味でイコールである。だとしたら、国名と「夢期」が同じであれば無理がない(まあ、あるけどさ、、、言いたいことがわかるよね)。言語も部族によって異なったため何百個もあったので当然言葉が違うが大きな部族の「夢期」の言葉はアレンテ族のTjukurrpa「ジュカーパ」が最もよく使われている例として挙げているじゃないかな?
ヨーロッパ人が今のオーストラリアと接するようになるのは1606年のことだった。古代ローマ時代から地球の南に大きな大陸があるだろうと思われて「Terra Australis(南の土地)」と噂したが確実にその所があったかどうか検証できなかった。
A 17th century map of Eendrachtsland, an early name for what is now Australia

A 17th century map of Eendrachtsland, an early name for what is now Australia

しかし、1606年にオランダ人探検家であるWillem Janszoonが今ウェイパというクイーンズランド州の都市であり、ヨーク岬半島に位置し、カーペンタリア湾に面する。乗務員10人が殺されたり、土地があまり良くなくすぐ去ってオランダ領東インドに戻ったが、探検した国をオランダのゼーラント州にちなんで「ニウ・ゼーラント」と名づけた。しかし、その名前が浸透しなかった(後になってオーストラリアの隣国であるニュー・ジーランドで使えるようになったが)。でも、数年間オーストラリアがニュー・ジーランドと呼ばれたのが事実だ。
数年後の1612年10月。同じオランダ人Dirk Hartogが今のオーストラリア北西部にある世界遺産であるシャーク湾周辺に着陸し、3日間探検して初めて同国の一部の地図を作った。その上、別の名前を名づけた。それが自分の船をちなんで、「Eendrachtsland(Eendrachtsの国という意味)」だった。
Willem Janszoon: The first recorded European visitor to Australia

Willem Janszoon: The first recorded European visitor to Australia

17世紀前半ではTerra AustralisあるいはEendrachtslandと呼ばれたが、ヨーロッパ人が行くことがほとんどなかった。17世紀後半になると多くのオランダ人探検家がオーストラリアと接し、同国が「ニュー・ホランド(新オランダ)」と呼ばれるようになった。
以降、「ニュー・ホランド」またはTerra Australisと呼ばれた。1770のキャプテン・クック探検及び1788年イギリスが植民地化した後口語では「ボタニー・ベイ(Botany Bay)」と呼ばれることもあったが19世紀に入るとやっと国名を、ラテン語の英語化である「オーストラリア(Australia)」にした。
1824年当時事実上オーストラリアを統治したイギリス海岸が正式国名を「オーストラリア」と認めた。当時、「オーストラリア」は、現在のニュー・ジーランドを含めたの意味だったが1901年オーストラリアの独立・ニュージーランド抜きの連邦化に伴い現在の使用となった。

いよいよ日豪対決!Bragging Rights at Stake as Samurai Blue Tackle Socceroos in World Cup Qualifier

OzvsJPFierce but friendly rivals Japan and Australia meet in an Asian Football Confederation Round Four World Cup qualifying match at Saitama Stadium 2002 near Tokyo on June 4.
アジアサッカー連盟(AFC)ライバル国日本とオーストラリアがサッカー2014年ワールドカップ最終予選を今夜、6月4日、埼玉スタジアム2002で行なう。
Japan, currently top of Group B, need only to take a point from this match to qualify for Brazil 2014.
現在Bグループ首位である日本代表が引き分けでも来年ブラジルで行なうワールドカップ出場が決定となる。
Australia, in third place a point behind Jordan but with a game in hand, will be looking to take home at least one point, but will have its hands full against a team that has realistic hopes of reaching the latter rounds in South America next year.
一方、2位ヨルダンの1点差でありながら試合数が一つ少ないオーストラリア代表は、恐らく引き分けを狙うが日本代表に対してなかなか強さを見せることができないだろう。
Also at stake in this match will be bragging rights between two of the AFC’s powerhouse teams, which have met 20 times overall, for seven wins apiece and six draws. Since Australia’s entry into the AFC in 2007, the record remains deadlocked with two wins each with two draws in the six times they’ve clashed.
今回の試合も両国間の歴代勝敗率に影響与える。全体的に20試合7勝7敗6引き分けとなっている。オーストラリアがAFCに加盟した2007年以降でも2勝2敗2引き分けと極めて引き離せない両代表だ。

Japan will go into the match a firm favorite with Saitama, Asia’s largest exclusively football stadium, packed to the rafters with Japan’s most fervent supporters, the finals place at stake, more recent hit-outs — albeit with uninspiring results including a 2-0 loss to Bulgaria last weekend and a shock defeat to Jordan — the heat working against the Southern Hemisphere Socceroos and top quality talent including Keisuke Honda, Shinji Kagawa and Atsuto Uchida.
しかし、今回の試合は、日本が圧倒的に有利視されている。W杯出場、熱狂的なファンで満員アジア最大サッカースタジアム、結果はともかくプレイしていない相手に対して試合を行っていることだけでも、そして本田圭佑、内田篤人や香川真司など有力選手が多いことなど、勝利すべきだ。
Australia has enormous talent, too, but it looks overstretched with veteran 30-somethings Lucas Neill, Tim Cahill and Josh Kennedy among those who took on Japan in the legendary 2006 World Cup Germany match at Kaiserslauten, where the Socceroos came from 1-0 down at the 84th minute to win 3-1. Great then, but now an athlete’s lifetime of seven years ago, reflecting a lack of fresh talent injection into the Australian line-up.
一方、サッカールーズも多彩な選手も多いにも関わらず大が付くぐらいのベテランも多い。ルーカス・ニール、ティム・ケーヒルやジョッシュ・ケネディーなどがいずれも素晴らしい選手だけど、日本で馴染みであるのが三人ともあの2006年ワールドカップでプレイしたことからだ。その日豪試合では、日本が後半39分まで1-0でリードしたがいきなり逆転されて3-1と負けた。オーストラリアにとってその結果が最高だったが、もう早選手寿命に等しい7年前のことだ。

Match Information

Japan versus Australia
Saitama Stadium 2002
Kick-off 7:30 p.m. JST (8:30 p.m. AEST)

日本代表 Japan Samurai Blue Official Website (Japan Football Association)

Australia Socceroos Official Website (Football Federation Australia)

Not Just Lucky, Australia Also a Happy Country

OppyOwsAustralia has been ranked as the world’s happiest industrialized country by the Organization for Economic Cooperation and Development (OECD).
経済協力開発機構(OECD)によるとオーストラリアが世界で最も幸せな先進国である。
It’s the third consecutive year the Lucky Country has topped the OECD’s Better Life Index.
オーストラリアが3年連続OECDの「より良い暮らし指標」一位となった。
Experts suggested Australia’s robust economy was behind the perceived happiness. There has not been a recession in Australia for 21 years!
専門家によるとオーストラリアの幸福を裏付けているのが景気だ。同国が21年間経済不況がない!

    参考記事


Australia Tops List of Happiest Countries
オーストラリア、最も幸せな先進国の座を維持

(Aussie) Black Swans Give (Japanese) Koi Fish a Decent Feed

SwansfeedBlack swans are endemic to Australia and symbolic to the country, particularly Western Australia, where the avian beauty is almost synonymous for anything Sandgroper.
 黒鳥は、オーストラリア国有鳥であり、州の象徴である西オーストラリア州では特に称えられている。
Koi fish, meanwhile, play a similar role for Japan, immediately evoking an image of the Land of the Rising Sun.
 鯉は、言うまでもなく、超日本的であり、日本のシンボル一つと言っても過言ではないはずだ。
This clip could be called a cute view of Australia-Japan friendship.
 なので、本動画が日豪友情の表れとも言える。

Ringo’s Ring-in, Awesome Aussie Anime Highlight the Fab Four’s Oz Oddities

Beatles DidjeridooJust as the Beatles created an iconic scene with their 1966 arrival in Tokyo wearing traditional Japanese happi coats, so too did the Fab Four make waves when they toured Australia two years earlier at the height of Beatlemania and establishing a quirky relationship with Down Under at the same time.
 羽田空港にてハッピー姿で飛行機から降りたビートルズが日本で1996年講演の代表的な場面となった同様、その2年前オーストラリアに訪ねた時も「豪州らしい」イメージがあると同時に同バンドがオーストラリアとの一味違う関係を築いた。
Australia’s archetypical Beatles image features the Fab Four standing around while holding didjeridoos, an indigenous Australian instrument that Ringo Starr on the far left of the picture appears to be tackling with greater fervour than bandmates Paul McCartney, John Lennon and George Harrison.
 その典型的な「オージーっぽい」場面は、1964年6月に撮られた4人が豪州先住民の楽器であるディジェリドゥを吹いている写真だ。立派な写真だが、問題が一つあった。
It’s a great pic, but the only problem is that Ringo’s involvement in the Beatles’ June 1964 antipodean jaunt had been curtailed by illness and his place at the drums was taken by a ring-in called Jimmie Nicol, whose 11-day stint with the band appears to have created lifelong upheaval. Ringo fell ill on June 3, 1964, just days before the Beatles were due to play concerts in Australia as part of the band’s first world tour. Nicol was quickly roped in to take over and played eight gigs in Ringo’s place until the mop-topped regular could return. His figurative 15-minute stay finished, Nicol returned to obscurity, but not before taking part in the only five-member Beatles news conference ever given, which took place in Melbourne on June 14, 1964, upon Ringo Starr’s recovery and arrival in Oz.

The Beatles with Jimmie Nicol (center) arrive in Sydney in June 1964.

The Beatles with Jimmie Nicol (center) arrive in Sydney in June 1964.

 写されているリンゴ・スターがビートルズの一員でありながら、オーストラリア講演初期頃リンゴがいなかった。病気で出演不可能だったリンゴの代わりに、急にジミー・ニコール氏という人がビートルズのドラマーとなった。後は苦い想いとなったらしいが、同年6月3日からリンゴがメルボルンに着く14日の間ニコール氏がビートルマニア絶好期真っ最中に同バンドのメンバーだった。リンゴがビートルズに戻った14日以降ニコール氏がイギリスに帰り、以降無名な人となった。が、1964年メルボルンで行ったビートルズ5人体制の唯一に参加した。
Nicol’s presence was a quirk of fate that started a somewhat left-field relationship with Australia, which surprisingly made the land Down Under an anime superpower then surpassing Japan despite Osamu Tezuka having made inroads into the world’s important markets with his cartoons. And this could be attributed to the Beatles.
 ニコール氏のツアー参加がビートルズとオーストラリアのちょっとした変わった関係の始まりだったかもしれない。その思わず成果の一つが、当時手塚治虫などが各国で日本のアニメが人気を越えてオーストラリアを世界的なアニメ大国にしたことだった。その今想像がつかない現象は、ビートルズのおかげだった。
Almost unknown in Japan despite running here possibly from as early as 1968, The Beatles cartoon series ran from 1965 to 1969 and was an enormous ratings hit in every country in which it showed. And nearly all of the 39 episodes in the series were produced in Sydney’s Artransa Studios, momentarily making Australian animation production a global leader.
Beatles Cartoon 上映したが今ほとんど知られていないカートゥーンが「ザ・ビートルズ」が1960年代後半世界中に大ヒットした。そして、全39編カートゥーンのほとんどがなんと、シドニーにあるアートランサ・スタジオで制作された。上映した1965年から1969年の間。視聴率が圧倒的に高かったカートゥーンのおかげでオーストラリアが制作のメンではアニメのグローバル・リーダーと言っても過言ではない。
Despite the enormous success of the Beatles’ 1964 tour of Australia, the band never played there again despite coming close in the 1966 ill-fated Far East tour fondly remembered in Japan for the happi coats, but also the scene of right-wing fanaticism that was ultimately instrumental in the Beatles deciding later that year to give up touring for good.
 1964年豪ツアーの大成功にも関わらずに度と同国でバンドとして講演することはなかった。来日した1966年の極東ツアーにもオーストラリアを取り入れる話もあったが結局あのハッピー姿の場面とフィリピンしか行かなかった。また、日本で右翼の猛反対などがあったからツアー自体を辞める決意に大きく影響を与えた。

The Only 5-Member Beatles News Conference (Melbourne, 1964)

The Beatles on YouTube

The Beatles in Australia

憎むのが大好きだった「反豪」豪州人の最後の別れ

Tony Greig

Tony Greig

トニー・グレッグ氏を知っている日本人が恐らく片手で数えるぐらいだろう。が、同氏が多くのオーストラリア人に愛されたと言っても過言ではない。 その理由を説明するのが非常に複雑だ。
You could probably count on a hand the number of Japanese who’ve even heard of Tony Greig, but it’s no exaggeration to say he was widely-endeared in Australia. Explaining why is pretty complicated.
29日付で肺がん治療中で心筋梗塞によってシドニーの病院で亡くなり、南アフリカ出身でイングランドのキャプテンとしてグレッグ氏は並以上の有力クリッケット選手であって、まだ現役1970年代で同スポーツの変革を起こした人の一人となり、以降オーストラリアを中心にテレビ解説者として活躍しながら豪国籍も収得した。

Greig died in a Sydney hospital on Dec. 29 of a heart attack that may have been brought on as a result of undergoing treatment for lung cancer. The apartheid-era South African-born former England captain was a better-than-average cricketer who was among those who brought about a revolution in the game in the 1970s before becoming a TV commentator in Australia and subsequently becoming an Australian citizen.
選手現役時代がちょうどオーストラリアの黄金期に伴った。オーストラリアが次からどんな相手でも素早く完全に潰した時代だったグレッグ氏が違った。チームメイトが相次いでアウトになったら、グルツグ氏だけが豪の有力選手に立ち向かって健闘した。多くの人を苛立たせながら、多数人数の尊敬も得た。
Greg’s playing days coincided with an Australian glory era. At a time when Australian teams were ripping through their opponents, Greig pluckily stood up to them even as his teammates often collapsed in a heap around him. Greig annoyed the hell out of many Australians, but his persist fight against overwhelming odds also brought him bucketloads of Aussie respect.
 また、グレッグ氏嫌なところがあった。特に1960年代後半以降英国連邦では南アフリカのアパルトヘイト制度について厳しくなった。同制度下で「名誉白人」として扱われた日本人にとってそれほど悪影響がなかったかもしれないが、大半が有色人種である同連邦とオーストラリア、南アフリカやローデシア(現ジンバブエ)(後の二か国が連邦から脱会だが、、、)など人種によって政策を実施した白人中心とした国で破裂しそうだった。その中南アフリカ出身白人グレッグ氏が(全員アフリカ系)カリブ海諸国で構成されているウエスト・インディーズに対して「ひれ伏させるぞ」と36年後の今でも怒りが収まらない発言をして、大勢にも憎まれていた。
Greig could also be hated. In 1976, the white South African (whose veldt-influenced accent remained with him for life) threatened to make the (all African heritage) West Indian team “grovel.” The effects of that statement may be hard to understand for many Japanese, who were affored “honorary white” status under South Africa’s hated apartheid system, which threatened to rip apart the British Commonwealth, which was composed of predominantly non-white nations but also included many countries where racially-based legislation had been the norm, including Australia, South Africa and what was then known as Rhodesia (today’s Zimbabwe). Even now, 36 years after the event, many still abhor Greig’s remark.

 だが、それに対して偉さも見せたともいえる。同氏がその発言に対して誤り、ウエスト・インディーズに完敗された時に自分自身がそのチーム前でひれ伏してお詫びした。また、ご自身が転換病だったし、まだ公表することが珍しい時期でそれを発表し、多くの患者の手伝いを行なった。
To his credit, Greig could also admit to being wrong. When the West Indies team responded to his statement with anger, he apologized, and when the England team he was leading, the captain got down on his knees and grovelled before his opponents, begging for their forgiveness. He also announced publicly in 1977 that he was suffering from epilepsy, a disease then still carrying considerable social stigma, and helped others cope with the condition throughout the remainder of his life.
そして、解説者として有名な仕草が多数あり、その一つがオーストラリア在住であり、豪国籍を持ってもどうも同国対抗するを応援しているようにほのめかす。相手国が出身の南アフリカか自分が代表キャプテンだったイングランドならなおその気持ちが強い。
Greig became a legendary cricket commentator renowned for many idiosyncracies (especially checking the hardness of the pitch by inserting a key into it), including his somewhat anti-Australian stance, even after he naturalized, and this seemed to become more prominent when the Aussies played either his native South Africa or England, the team he had represented.
が、オーストラリア唯一全国的に行っているメジャー・スポーツとしてのクリケット中継解説者として30年以上に及んだらグレッグ氏がなんだかんだ言っても、そしてオーストラリアを小馬鹿にしても、大勢のオーストラリア人にとって愛される存在となった。

Yet, even as he niggled Australia, he came to be widely loved across the land in more than 30 years as a commentator on the country’s only major sport to claim undisputed national dominance.
享年66歳だった。同氏の人間性に疑問を持ちながら、永眠となったことが考えRoo自身に衝撃的だったことを否定できない(恐らく、死の必然性を改めて教えていただいたから、、、)。
Greig died age 66. While doubts linger about his character, it’s impossible for Kangaeroo to deny his passing hasn’t caused some shock (probably because it reaffirms Kangaeroo’s own mortality…)
グレッグ氏のご冥福をお祈り致します。
May Tony Grieg rest in peace.

オーストラリア特有の恐竜、カンタス、、、サウラス

An artist's rendition of a Qantassaurus, Australia's dinosaur named after an airline

An artist’s rendition of a Qantassaurus, Australia’s dinosaur named after an airline

The Spirit of Australia, the flying…dinosaur?
 オーストラリアの魂が以前から言われている「飛んでるカンガルー」ではなく「飛んでる恐竜」って?ええ?飛んでるのは考えRooじゃないの?
Australia’s fauna is unique, and that trend may even extend back hundreds of millions of years to the Cretaceous period, at least in terms of naming patterns.
 皆が分かるようにオーストラリアの動物が特有だ。そして、その独特さが1億年以上前の白亜紀に及ぶかもしれない、、、少なくともネーミングの面では。
One of the few known endemic Australian dinosaurs was discovered only recently; 1996, to be precise.

And it was promptly given a good old Aussie name of Qantassaurus…a moniker honoring something archetypally prehistoric — an airline.
 数少ないオーストラリア特有な恐竜が比較的最近に発見された。具体的に言えば1996年だった。発見されて、早速典型的なオージー・ネーミングされた。カンタスサウラスと名づけられた、、、白亜紀らしくと思ったら、大きな勘違い。恐竜なんかと全く関係ねカンタス。そうなの、、、あの航空会社に名づけられた。
Qantas, in fact. Australia’s one-time national carrier.
 まあ、確かにカンタスが一時期オーストラリアの国家航空会社だったので、国のものという点では無理すればどうにか恐竜と関連付けられなくはない、、、訳がないよね。
Australia’s Qantas, of course, is renowned for having the enviable record of being the only major carrier never to have had a fatal crash.
 オーストラリアのカンタス航空は確か「国際線で飛ぶ主要航空会社唯一無事故だ」といううらやましい実績があることで有名だ。
Less well-known is the fact that it has also given its name to what is probably Australia’s most famous dinosaur.
 しかし、それほど知られていないのは同社が恐竜に名前を与えたことだ。
SpiritofAustraliaQantas was chosen as the dinosaur’s name, by the way, because the airline had been shipping fossils around Australia during the early 1990s, as well as sponsoring archeological digs.
 ちなみに、「カンタス」が名前に選ばれた理由は実に簡単だ。恐竜が発見された直前数年間カンタスが化石など恐竜に関する展示会の出品などを無料でオーストラリア国内で運送した。そして、同時期発掘のスポンサー企業だった。
The Spirit of Australia, the flying kangaroo, meanwhile, refers to the advertising jingle the carrier used for decades, as well as its livery featuring an airborne version of Australia’s national animal.
 ところで、上記の「オーストラリアの魂であり、飛んでるカンガルー」の意味について、数十年間カンタスが広告かうたい文句や飛行機のカラーリングまで使った表現Spirit of Australia, the Flying Kangarooの直訳だった。
 この表現は一定の年齢を超えたオーストラリア人であれば、誰でも知っている。