Tag: australia

Aussie Deli…cious!!! Not Authentic Aussie but Still Yummy オージー・デリ、、、シャス!!!

McDonald’s Japan’s Aussie Deli

McDonald’s Japan finally began long-awaited sales of the Aussie Deli at its outlets across the country from Aug. 31 for a couple of weeks.
 2012年8月31から約二週間全国マクドナルドにて販売するオージーデリとチーズ・オージーデリを食べてみた。
Kangaeroo.com has been skeptical about the burger, which comes in two versions — the premium sandwich with cheese and the plain burger. The main ingredient is uncooked pastrami beef in the cold burger and spicy mustard sauce acting as the main condiment. Our big beef, if you’ll pardon the pun, is that although the burgers are being promoted as Australian, the taste is nothing like food served Down Under, where local flavored McDonald’s includes beetroot, eggs and even pineapple.
 実は、販売前考えRooがオージーデリについてかなり疑い深いだった。オージーデリだと言え、中味のパストラミ・ビーフやマスタードがビーツかタマゴやパイナップルなど典型的なオージー味とかなりかけ離れているだから。
Thus we went into the taste test hoping to vindicate our anger at the Golden Arches’ affront of both Japanese consumers and Aussie McGourmands. And we must report the result that our misgivings were totally groundless. Admittedly, the pastrami and spicy mustard are not Australian tastes by any stretch of the word (earlier today, there was coincidentally a report in a prominent Australian newspaper that needed to explain what pastrami was to its readers, such is the rarity of its appearance on dining plates Down Under). Nonetheless, the burger is scrumptious, offering a refreshing, tangy taste. Although the sandwich in both its varieties possibly lacks a little beef in terms of volume, what substance it does provide the eater comes from the healthy serving of pastrami, which of course is Aussie Beef.

なので、味見した時、バカにされている日本の消費者とオーストラリアのマックグルメを支持するため結構偏見を持って食べてみた。しかし、味についての疑問が全く無根だった。このバーガー類がすごく美味しかった。あっさりしたパストラミとマスタードがよく似合い、量が少なめだけど中心となっているロース・ビーフのボリュームたっぱり。当然、その肉がオージー・ビーフだ。
McDonald’s Japan’s Aussie Deli with Cheese

Overall, the verdict on the Aussie Deli and Cheese Aussie Deli is….Aussie Deli…cious!!! (And Kangaeroo.com also got the added bonus of a serving of humble pie for our pre-sale skepticism.)
 結局、オージーデリ及びチーズ・オージーデリの総評価がオージー・デリ、、、シャス!!!

Incidentally, the real Aussie Deli types sold in Australian McDonald’s restaurants from 2004 to 2010 were the following:
Bacon and Egg.
Chicken Tandoori.
Turkey and Cranberry.
Chicken Caesar.
Deluxe Brekkie Roll
Sweet Chilli Chicken (trial in Newcastle, NSW)
Classic Ham (October 2004 – April 2006)
Italian Supreme (October 2004 – April 2006)
Veggie Presto (October 2004 – April 2006)
Change of Roast Beef to Barbecue Roast Beef (October 2004 – April 2006)
Barbecue Roast Beef (April 2006 – September 2007)
Chicken Parmigiana
Sweet Chilli Chicken roll.
BLT roll (part of Australian Bacon promotion)
Thai Chicken
Australian Aussie Deli TV Ads

「Naughty」と「Nice」コリアの五輪メダル表で北朝鮮が豪フリーペーパーに激怒

‘Naughty Korea’ and ‘Nice Korea’ on the 2012 London Olympic Games medal tally produced by the mX free newspapers distributed in Australian east coast cities.

 オーストラリア東海岸3都市に無料で配れるフリーペーパーmXが2012年ロンドン五輪メダル表に「Naughty Korea」と「Nice Korea」と北朝鮮と韓国をそれぞれ表示したことに対して北朝鮮の国営通信社である朝鮮中央通信社(KCNA)が猛烈に怒りを示した。
 KCNAはmXのメダル表が「イジメ」「オリンピック精神違反」「浅ましい」など、同紙を強く批判した。
 「Naughty」は「悪い」という意味が「Nice」の反意語としてよく使われ入るし、その場合「やんちゃ」というニュアンスもある。
 批判に対してmXが配布されているシドニー、メルボルン、ブリスベーンの各編集長が共同声明を発表した。
 「mXはニュースに対しての非礼な解釈がよく知られている。表は、世界が二つのコリアがどのように見られていることをユーモアを込めて示そうとしただけで、北朝鮮でも韓国でも選手や国民に対して軽蔑する意図が全く無かった」といった。

カンガルー・コンドームでオリンピック準備委員会がもめる

The guerilla marketed, kangaroo-branded condoms that appeared in the Olympic Village at the 2012 London Olympic Games.

 カンガルーがロゴとしたコンドームがいきなり2012年ロンドンオリンピック選手村に表れ、ロンドン五輪準備委員会はもめているとオーストラリア紙The Ageが8日報道した。
 選手村の中では公式スポンサーでないオーストラリア製のアンセル避妊具が表れ、オーストラリアの象徴一つボクシングをするカンガルーのポスターが貼られ、「ダウン・アンダー」というオーストラリアのニックネームひとつと陰部が同意味であることにかけて言葉遊びもした。
 ロンドン五輪準備委員会は、同避妊具が公式なスポンサーのものではないため撤去するという。カンガルーコンドームについてコメントを控えた。
 今大会では、相次いで開催者がコンドームに関して頭が痛くなった。7月26日までに選手村向けにコンドーム15万個を用意して配ったが、7月30日までに「供給不足」となり、追加の準備に追われていたという。

いち早くCool Japanを先駆けて80・90年代の豪テレビCM

Mr. Okamura, an unforgettable character in NEC ads in Australia during the 1980s and 1990s.

Japan was trending in Australia long before it became flavor of the month in the way it has in recent years courtesy of Cool Japan.
近年の「クール・ジャパン」現象はオーストラリアでは、かなり昔から現れていた。
During the late 1980s through to the mid-1990s, a time when trade friction between a seemingly unstoppable Japan and the struggling United States resulted in such incidents as American autoworkers using sledgehammers to demolish a Japanese car, Australia was slowly moving out of its self-imposed isolation to embrace the Asia-Pacific region and building the firm relationship it now has with Japan. Australia was a pioneer in the Japan Exchange and Teaching (JET) and Working Holiday programs now welcoming thousands of people from all over the world to Japan.
1980年代後半から1990年代半ばの間頃、バブルの影響により日本が世界経済に君臨しそうになったが、それに対して米国経済は後退し、アメリカ人は大ハンマーを使い日本車を破壊するなどの貿易摩擦が起きたと同時にひそかにそれまで無視してきたオーストラリアがアジア・太平洋地域に近づき今のような日本との深い関わり合いを構築し始めた。今、世界中の国々で国際交流などを行っているJETワーキング・ホリデー制度の日本への参加の先駆けだった。
Part of Australia’s embracing of Japan during this time came through the “Japanese character” often picked up by advertisers for use on Australian TV, a trend that Mitsubishi Australia began in a 1978 ad featuring sumo wrestlers and introducing into the lexicon a still commonly used phrase of “not so squeezy” to describe a roomy atmosphere (or, alternatively when used ironically, a tight spot). This trend also made NEC’s character, Mr. Okamura, and the fisherman in the John West commercials, popular across the country.
バブル当時、オーストラリアは日本に近づこうとした。その一環としてテレビCMで「日本人キャラ」を起用することがあった。1978年三菱の豪現地法人がはじめだった。キャビン・スペースが広いトラックのCMでの、「Not so squeezy」(きつくないという意味が、皮肉的に使う場合も稀ではない)が今でもオージー英語でよく使われている。また、NECのキャラだった「Mr.Okamura」や焼津の漁師は今でも多くのオーストラリア人にとって懐かしい思い出である。

Aussie Pair in Contention for one of Japan’s Top Talent Contests

Ayano Wakayama (left) and Runa Takahashi, Aussie finalists in the 13th Japan Bishojo Contest

A pair of Gold Coast teens are among the finalists in the 13th Japan Bishojo Contest, a beauty and talent pageant for young women that has been the launching pad for some of Japan’s top female performers over the past 25 years.
Aussie-born Gold Coast residents Ayano Wakayama and Runa Takahashi are among the 21 finalists in the contest to be decided in Tokyo on Aug. 25, 2012.
The contest is open to young women aged 13 to 20 who want to become a star. Among the previous prizewinners in the contest who have gone on to become prominent performers in Japan include stars such as Aya Ueto, Ryoko Yonekura and Kaori Mochida.
Both Ayano and Runa are 14-year-old, Year Nine students from the Gold Coast. Ayano’s hobbies include ballet and other forms of dancing, while Runa enjoys horseriding and skiing.
Ayano Wakayama Promotional Video
Ayano Wakayama Profile (Japanese)

Runa Takahashi Promotional Video
Runa Takahashi Profile (Japanese)

13th Japan Bishojo Contest Official Site (Japanese)
Vote (and see current voting results) here.

YouTube Australia 2012年前半Top 10人気ビデオを発表

 人気投稿ビデオサイトYouTubeのオーストラリア支社がこの頃2012年前半豪州にてベスト10ビデオを発表した。
 豪You TubeのTop 10は以下の通り。ご覧のように、米国映画予告編が圧倒的に多いが、中でもオージーらしいものもある。ストライン(オージー英語)ファンなら、1位の曲は見逃せない!
1. Call Me Maybe parody – Aussie blokes version

2. Contraband Trailer

3. Australia Day 2012: “Barbie Girl”

4. Tomorrowland 2011

5. ‘Project X’ Trailer

6. THE AVENGERS Trailer 2012 Movie

7. Prometheus – Official Trailer

8. Talking Tom and Ben News: World Cleanup 2012

9. Angry Birds Seasons – Year of the Dragon Animation

10. Iron Sky Official Theatrical Trailer

オリンピック開会後、これから豪英スポーツ相対決

Australian Sports Minister Kate Lundy (left) and British Sports Minister Hugh Robertson.

 2012年ロンドン五輪開会式が27日行って世界を魅了して、これからオーストラリアとイギリスの伝統的なオリンピック対決が始まる。
 帝国と元植民地というライバル意識から生まれた好意的な対決は直接選手同士で行うということより豪ケート・ランディ氏と英ヒュー・ロバートソン氏各国のスポーツ大臣同士の対決だ。どちらの国のメダル数が多い方が勝ちだということだ。伝統的にスポーツ大国オーストラリアが勝場合が多かったが前回2008年北京五輪のメダル争いでは、英国が4位でオーストラリアは6位だった。しかし、その後、英国連邦に属する国や地域が参加して4年ごとに開催される総合競技大会であるコモンウェルス・ゲームズの2010年インド大会では1位のオーストラリアが3位のイギリスの総メダル数が約倍だった。
 今回の豪英メダル争いは、負けるスポーツ相が罰ゲームがある。メダル数でイギリスが少なければロバートソン氏が豪ホッケーチームのシャツを着て、ロンドン中心部でドリブルしなければならないという。逆にオーストラリアが負ければ、ランディ氏が英デザイナー、ステラ・マッカートニーのユニオンジャックTシャツを着て、五輪のカヌー競技会場でボートをこぐという。
 さて、どっちが勝つだろう?オリンピックが続く8月12日まで結果がお楽しみに。