Tag: australian accent

豪キャブラリー: G’day

 典型的なオージー英語を一言で言うならG’dayは「これだ!」という感じだ。G’dayほど有名なオージー英語はない。ちなみに、ニュージーランド英語でもG’dayも使う。G’dayはgood dayという古い英語の省略であり、スペルもguddayやgiddayなどさまざまあるが、辞書などで調べるとG’dayが正しいのだ。

英・米語日本語
G'dayLit. “Good Day.” Hello, hi, hey古語英語である「Good day」の省略。「こんにちは!」「オスッ」という意味、豪語の象徴的な言葉でもある

豪キャブラリー: Strine

 オージー英語はStrine(ストライン)とも言う。オーストラリア鉛の特徴の一つがしゃべる時に母音を極端に伸ばしてほかの表現を短くすることだ。つきましては、「オーストラリアン」をいう時に鉛に慣れていない人は、「ストライン」や「ストラヤン」に聞こえるらしい。そこで、パロディとして1960年代Afferbeck Lauder氏がストラインという言葉を造語し、今広く使われているようになった。(ちなみに、同氏の名前がalphabetical order < ABC順>のストラインらしい発音でかけているジョークネームである。)

英・米語日本語
StrineAustralianオージー英語。オーストラリア人の独特ななまりによって、他の英語圏の人々の耳に「オーストラリアン」が「ストライン」で聞こえるらしい。オーストラリア人をからかうため英国でパロディーとしての60年代に造語として初めて使われたが、今は一般的となった。

Banana bender/クイーンズランド人。

Banana bender

Australian English
A Queenslander, a resident or native of the state of Queensland. The name derives from the large amount of tropic fruit production in the state, as well as being a gentle jibe at Queenslanders for the perception that they are “slow” because of the regional accent and the state’s traditional conservativeness. Some Queenslanders, particularly from the countryside, speak with a slow, broad accent and many end sentences with the intonated question “eh?” This is the most distinctive of any regional Australian accent.

日本語
クイーンズランド人。クイーンズランド州出身及び定住者。直訳すると「バナナを曲げる人」。由来は、同州がバナナを含めて多くのトロピカルフルーツの産地でありながら、クイーンズランド人が「とろい」という愛情を込めたのからかいを含める。もちろん、とろくないが、同州が豪語の中では鉛が最も目立ち、政治的に最も保守的でもあるに違いない。なまりについて、全国であまり変わらないが、多くのクイーンズランド人、特に田舎に住んでいる人、の話し方がゆっくりであり、母音を長く伸ばす癖がある。また、同州人の多くがしゃべる時に「eh」とイントネーションが高くして文書を負わせる癖もあり、他の地域で見ない現象なので、クイーンズランド州豪語の独特なところである。

Plain English
Queenslander.

Banana bender-usage examples

豪語日本語米・英語
Speak slowly. She’s a Banana Bender.クイーンズランド人だから、ゆっくり話してあげてね。Speak slowly. She’s a Queenslander.

Strine Dictionary