Tag: Australian Ambassador Bruce Miller

Australian Ambassador Urges Japanese TPP Involvement

Australian Ambassador to Japan Bruce Miller

Australian Ambassador to Japan Bruce Miller has implored Japan to actively engage in negotiations for the Trans-Pacific Partnership (TPP).
Miller, during an interview with a Japanese newspaper during the week, called the relationship between the two countries a “win-win” one, then went on to urge Japan to grow, saying that Asia could not grow without Japan.
Miller spoke to the newspaper about the recently released white paper, “Australia in the Asian Century,” in which Japan was named as an important partner for Australia.
Miller said that Australia can contribute to Asia in many ways, helping with economic growth through the stable supply of natural resources and contributing to regional security.
The ambassador said that security cooperation with Japan could be used in a variety of ways to contribute to regional security, such as jointly tackling terrorism, natural disaster response and maritime security.
Miller recommended Japan join in negotiations to enter the TPP, saying that it would be beneficial for it to do so. Japan is an observer to the negotiating process, but has been reluctant to actively engage due to the requirement that it open its agricultural, automotive and insurance markets to an extent greater than they are currently accessible for foreigners.
The Japanese newspaper article from Nov. 28 is reproduced below.

オーストラリア:アジア戦略白書 成長の機会、必ず手中に ミラー駐日大使に聞く
 オーストラリア政府は10月、アジアの急成長を豪州の繁栄につなげるため、経済、地域安全保障などの分野で25年までに取り組むべき目標を盛り込んだ「アジアの世紀の中の豪州」白書を発表した。ブルース・ミラー駐日大使に白書の意義や日豪協力の方向性、中国との関係を聞いた。
 中国やインド、韓国、インドネシアなどの急成長でアジア地域の広範囲に機会が広がっている。世界の経済成長(のバランス)が変化しており、我々がその機会を確実にとらえるようにしたい。豪州はアジアに多くの貢献ができる。安定的な天然資源の供給でアジア地域の経済成長を助け、地域の安全保障にも寄与する。
 日本とは「ウインウイン(互恵)」で非常に貴重な関係だ。アジア地域の他国との関係のモデルだ。アジアで日本なしの成長はありえないし、日本には成長してほしい。日本の判断を見守りたいが、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への日本の交渉参加は日本にとっても我々交渉参加国にとっても良いことだ。
 日本との安全保障協力は米国との同盟関係と同様、地域の安定への貢献であり、テロや気象災害、海上安全保障などあらゆるものが対象だ。ただ、(日中が対立する尖閣諸島を含む)東シナ海の問題は抑圧や侵略なく平和的な手段で解決されることを促したい。経済成長や社会の安定を目指す中国も地域の安定と平和を求めている。
 中国とは政府の仕組みが違い、米国や日本との間にあるような共通の価値観も共有していないが、とても良好な経済的関係を築き、防衛分野や政治的分野でも良好な対話を続けている。アジア地域のフォーラムへの中国の関与や、地域の安定、繁栄のための目標や貢献のあり方について認識を共有することはみなの利益だ。ただ、中国の軍事支出については透明性をより高めるようにいつも中国側にただしているし、中国の対応を期待している。