Tag: Australian art

豪名作が記録的な額で買収され

Sidney Nolan’s “First Class Marksman”

 オーストラリアの最も有名なアーティスト一人の最も有名な作品シリーズの1作品が豪州芸術作品として記録的な値段と買収されたことがメルボルンのシドニー・モーニング・ヘラルド紙28日付報道によって分かった。
 売られたのは『ケリー追跡大作戦』シリーズの1作品First Class Marksman(1等射撃者)であり、約540万豪ドル(約4億6千円)で買収された。

Sidney Nolan’s “Crossing the River”

 恐らく故シドニー・ノーラン氏がオーストラリア最大20世紀の画家だった。
 長いキャリアに渡って数多く作品を制作したが、その中で最も有名な作品が間違いなくこの『ケリー追跡大作戦』シリーズ。

Sidney Nolan’s “Death of Sgt. Kennedy at Stringybark Creek”

 このシリーズは、1800年代オーストラリアで山賊・盗賊だったブッシュレンジャーの伝説的な一人だったネッド・ケリーの一連の事件を描いたものだ。小学校低学年の子供を含めてほとんどどんなオーストラリア人でもノーラン氏のネッド・ケリー作品を知り、オーストラリア名作を称える記念切手にもなったことがある。
 ノーラン氏の『ケリー追跡大作戦』シリーズが1946年に描かれたと言われているが、同紙の報道によると実際にノーラン氏が二つのケリー関係シリーズを制作した。最も有名な1946年の作品の上にあまり知られていない1955年制作のものもあるという。シリーズのほとんどが主にキャンベラにあるオーストラリア国立美術館(NGA)に収納されている。
 記録的な値段で買収されたFirst Class Marksmanが1946年シリーズのものだったが、この一連の作品ほとんど公のギャラリーなどで買い取られたりしていいるのでオークションなどに出回ることが極めて稀なことだ。買収されたのは2010年であって、その実態がようやく今となって公表された。
 しかし、1955年シリーズの物が数年おきにオークションなどに現れえるという。

『ケリー追跡大作戦』シリーズ 
NGAノーラン・コレクションについて
Record $5.4m for Nolan
「強盗殺人」なのにBig Thingsを含めて豪がNed Kellyを称える理由は何だ?

Chance encounter caused by Melbourne rain makes Indigenous Australian art Big in Japan – and Oz art’s greatest-ever solo success

Aboriginal Art Exhibition in Kanazawa poster.

Fancy guessing the most successful solo exhibition ever given by an Australian artist? Maybe, Sidney Nolan in New York? Tom Roberts in London, perhaps? What about Brett Whiteley in Paris? Nah. Here’s a hint: the artist was indigenous. Ah, well, in that case, it’d have to be Albert Namatjira, right? Nope. Wrong again.
In fact, the late Emily Kame Kngwarreye holds the honor with wildly successful exhibitions in Tokyo and Osaka back in 2008. Over 120,000 visited the exhibtion, which featured over 200 works valued at more than $50 million.
Crucial in the success of those exhibitions, as well as prior and subsequent triumphs by contemporary Indigenous Australian artists in Japan, was Mayumi Uchida, a Melbourne-based Aboriginal Art Coordinator.
Uchida came into contact with Indigenous Australian art purely by coincidence back in the 1990s while taking shelter from the rain in Melbourne in a gallery where she was immediately offered a job and introduced to Aboriginal art in the process. She has since become deeply enmeshed in Indigenous Australian culture and art, penning a book in Japanese on her experiences mainly with the community at Utopia, known for its brilliant collection of artists (many of whom didn’t start painting until they were already middle-aged or, as with Emily Kame Kngwarreye, elderly).
Uchida will be running an Indigenous Australian Art Exhibition and Workshop in Kanazawa from next weekend. Accompanying her, and taking part in the workshops will be Barbara Weir, effectively a foster daughter of Emily Kame Kngwarreye and a proficient and accomplished artist in her own right.
Mayumi Uchida website Art Space Land of Dreams (Japanese)

Painting Together with an Aboriginal Artist
Shiinoki Geikinhan
2-1-1 Hirosaka, Kanazawa
Ishikawa Prefecture
Aug. 18, 19, 25 and 26
2 p.m. to 3:30 p.m.
Tel. (in Japanese): 076-261-1111

Reference Stories
Emily in Japan
(Emily’s) exhibition in Japan