Tag: Big Captain Cook

Big Thingsクイーンズランド州編


Big PineappleがDaggy文化のキッチュ・キングかも、、、
豪で最も雨が降る町は巨大ゴールデン・ゴムブーツ賞を(勝手に)受賞
恐竜だったことを思わせる豪巨鳥を称えるBig Cassowary
魚、ワニをはじめクィーンズランド北部の様々なBig Things
Big Bundy、豪州社会に良い悪い役割を果たしたラム酒を称える
Big Captain Cookが只今売り出し中
The Big Redback: 豪文化象徴である「便座の背赤グモ」のBig Things版
熱帯雨林地の美味しい宝物のBig Mango
人気動物園の相乗効果でBig Mowerの展開動力
モー、、十分か?牛関係のBig Thingsでもオーストラリアに盛ん
世界中に高く評価されている豪ワインを称えるBig Things
豪の実力以上のものに挑む精神を表示するBig Guitar群れ
There’s Something Fishy About豪州の魚介類Big Things!
‘Must See’よりVitamin Cが相当する豪州の各Big Orange
元々祭りの山車だった違う州2つのBig Pelicans
宝を含める豪のBig Thingsの宝箱地域
豪国民食であるミートパイを称えるBig Pie
色々な意味で象徴的な豪の「羊風」Big Things

Big Captain Cookが只今売り出し中

The Big Captain Cook, Cairns, QLD

 オーストラリアの英国植民地化に深く繋がっている人物であるジェームズ・クックが意外と豪州「Big Things」仲間入りしている。
 クィーンズランド州北部にあるケアンズではキャプテン・クック・ハイウェイ添えに1960年代に作られた高さ7メートル幅2メートルの敬礼しているBig Captain Cookがある。
 キャプテン・クックは、1770年にオーストラリア東海岸を到達している間初めてヨーロッパ系の人がケアンズ周辺まで行った。その18年後、イギリス人がオーストラリアを入植した。
 実は、このBig Captain Cookも日本との関連もある。元々設置された場所の土地は日本の企業に買収され、解体・撤去するという話しがあり、今では売り出し中だそう。お金も土地さえあれば、誰でも「Big Things」のオーナーになる大チャンスだ!


大きな地図で見る