Tag: Big Dead Fish

Big Thingsビクトリア州編


本物の膨大な3mミミズを称える250mのGiant Worm
煙の出方が間違っているBig Smoke
ビッグ・アワビが豪メルボルン市の誇り
野生コアラ公園を見守るBig Koala
「強盗殺人」なのにBig Thingsを含めて豪がNed Kellyを称える理由は何だ?
芸術が盛んな田園町飲屋屋上「偉大死んだ魚」
OECD最低火力発電所周辺にぴったりのBig Cigar
モー、、十分か?牛関係のBig Thingsでもオーストラリアに盛ん
世界中に高く評価されている豪ワインを称えるBig Things
Big Thingsと妖精ペンギンが溢れる小さな島
There’s Something Fishy About豪州の魚介類Big Things!
She’ll be Apples! NYがどうでもいいよ!豪全国各地にあるBig Appleがあるぞ!
Big PeopleがなければBig Thingsが揃わない
Big Watermelon: スーパーサイズすいかが大型八百屋の看板だ
色々な意味で象徴的な豪の「羊風」Big Things

There’s Something Fishy About豪州の魚介類Big Things!

Big Murray Cod, Swan Hill, VIC

 一昔前まで魚をはじめ魚介類は一般オーストラリア人の食生活にそれほど馴染めなかった。
 が、今ではお寿司(質のことを別に置いておいて)が昼食必需品などで決してそれはもう言えない。
 なので、オーストラリアの国のシンボルのひとつと言えるかもしれない「Big Things」に入っているのが不思議ではないだろう。
 完璧な例がビクトリア州ニューサウスウェルズ州の州境界となっているマレー川(オーストラリア最長川でもある)に存在するマレー・コッド像が観光町スワン・ヒルにある。
(駅そばに設置している魚像がちっと違和感を感じさせるかもしれないが、、、)。

Giant Murray Cod in Australia
ちなみに、同町も19世紀で外輪船で有名だった上に、20世紀初期にオーストラリア初の米栽培が日本人が周辺で栽培した。

The Big Trout, Adaminaby, NSW

そこからさらに東方へ行って海岸に向かうとスノイ山脈がある。
そこにはニューサウスウェルズ州の小さな町アダミナビがある。
同町の主な産業が観光だ。
しかし、ちょっと面白い過去がある。
1950年代を中心に水力発電スノイ川ダム計画の一部としてアダミナビをはじめ四つの町が町ごと動かされた。
 オーストラリア唯一ノーベル文学書受賞者パットリック・ホワイト氏の初小説の舞台ともなった。
 が、これは余談。同町に「Big Things」がある!観光名所の理由ひとつが魚釣りだ。
そして、同地域のマスが「ますます」美味しいという評判だ。
なので、それを称えるのがBig Troutだ。ちなみ、この巨大マスのモデルとなったのは冷凍食品だったそうだ。

The Big Trout, Oberon, NSW

1973年制作、高さ10メートル重さ3トンで見事な魚。
 同州をさらに北部へ向かうともう一つのBig Troutもある。これがオベロンという町にあり、アダミナビ同様マス釣りが有名な町だ。
 そして、さらに北は飛んでいくとオーストラリア最北部にあるファーノースクィーンズランドがある。
同地域の最も大きな都市ケアンズにBig Marlinがある。
グレート・バリア・リーフやデイントリー地域などで有名なケアンズはカジキ類の聖地とも言えるので、そこで世界最大級なカジキが釣られた。
そのことを象徴として同市がBig Marlinという高さ約8メートルのカジキ像を建てた。 
 今までも考えRooの「Big Things」連載で他の魚や魚介類関係のオブジェを紹介した。
それはThe Big PrawnファーノースクィーンズランドBig Barramundi南オーストラリアBig LobsterBig Oysterビクトリア州Big YabbyBig AbaloneBig Dead Fish
 こんなに魚や魚介類がオーストラリア人の日常・非日常生活の中に溶け込んでれば海事大国といっても過言ではない。 

芸術が盛んな田園町飲屋屋上「偉大死んだ魚」

The Big Dead Fish, Fish Creek, VIC

 ある意味ではオーストラリアの「Big Things」すべてが国民性と言われてもいいほど盛んである自嘲なユーモアの表れだと思う。
しかし、その中ではビクトリア州の人口数百人しかない田園風な町フィッシュ・クリークでは特に自嘲的なユーモアが溢れている「Big Things」がある。
それはBig Dead Fish(そうだよ、、、大きな死んだ魚という意味)だ。
 町の中心となるフィッシュ・クリーク・ホテルの屋上に巨大なボラの死体オブジェが設置してある。
 フィッシュ・クリーク在住のアーティストが多く、町の名前にかけている作品がたくさん披露されている。町にあるビル全部が何らかの形で魚関係の物を飾っているらしい。


大きな地図で見る