Tag: blue heeler

Big Blue Heelerで豪犬を体験(大犬?)できる田舎町

The Big Blue Heeler, Muswellbrook, NSW

 ニューサウスウェールズ州の小さな田舎町であるムッスルブルークでは多くのオージーにとってかけがいのない存在の「友人」を称賛する「Big Things」がある。
 高さ2メートルの巨大オーストラリア・キャットル・ドッグ(オージー英語での別名ブルー・ヒーラー)が同町にある。
 ムッスルブルークは、同州ハンター・バレー地域にある元々その犬が繁殖されたため2001年にこの「Big Things」を建てた。
 「人間の最も親しい友人」とされている犬は、農業大国であるオーストラリアでは特別な存在となる。そして、独自で繁殖された牧場犬であるブルー・ヒーラーはオーストラリアの農家をはじめ多くの人に愛されている。
 下記のビデオが同犬の賢さを示すと言っても過言ではないと思う。


大きな地図で見る

豪キャブラリー: Bluey

Blueyは形容詞として使えばあまりいい感じじゃない。それは、場所が「殴り合いが始まりそう」のような雰囲気になったからなのだ。

Bluey: An Australian blue heeler cattle dog

 ちなみに、blueは青色を示すが動詞として使えばオージー英語では「喧嘩」や「殴り合い」という意味になる。そして、blue heelerというオーストラリア産牧犬の省略もblueyという。また、さらに名詞として使うとオージー英語のもうひとつな独特な面白さが見える。それは皮肉たっぷりなニックネームとして赤毛の人に使われている。「赤い」と「青」があまりにも離れているから使うニックネームだ。

英・米語日本語
BlueyTense, atmosphere for fightingけんかになりそうな雰囲気