Tag: Bob Hawke

RIP to a Ripper Bloke, Bob Hawke

Australia’s last man of the people to become prime minister is no longer.

Robert James Lee “Bob” Hawke died earlier this week, just two days before his beloved Australian Labor Party is expected to re-take office in the May 18 federal election following six years of misrule by an incompetent LiberalNational Party coalition government.

Hawke was 89. He was a popular prime minister whose time in office went from 1983 to 1991.

He remains the longest-serving Labor prime minister in Australian history.

Hawkey didn’t really have much to do with Japan during his time in office. Perhaps the closest project involving Japan was the disastrous Multifunction Polis proposal that sparked widespread outrage at a time when there was popular discord against Japanese investment in Australia.

Bugger me, Bob! 豪州元首相の豪俗語が外交的な事件になりかけた頃

Former Australian Prime Minister Bob Hawke in 1983.

オーストラリア元総理大臣であったボッブ・ホーク氏は、最近日本から勲章を受けたが、1980年代初来日したオージー英語によっての時激ヤバ「事件」になりかけたこと、と豪州オンライン・ニュースサイトnews.com.auが今週報道した
今週勲一等旭日大綬章を受章した同氏は、1983年から1991年の間豪首相であり、その間4回も日本を訪問した。
 労働組合出身のホーク氏が1回目来日した時当時有名だったオーストラリアの過激的な組合活動について聞かれた。ホーク氏の返事は「騙されんぞ」だった。しかし、当然日本語ではなくオージー英語でその答えを出した。それは「They won’t play funny buggers」という表現だった。
 問題はbuggersという言葉だ。オージー英語及びイギリス英語ではbuggerが「やつ」とか「野郎」などの意味がある。しかし、もう一つの意味は英語圏諸国が中心となるコモンロー下の犯罪buggeryを起こす者の意味もある。Buggery罪は、「肛門性交行為」のことだ。
 news.com.auによると、ホーク氏の「They won’t play funny buggers」が日本語に通訳された時にオージー英語訳の「騙されんぞ」や「変な振る舞いをする」ではなく本来米語の意味で「面白い男性同性愛者」と訳されたといい、在日オーストラリア大使館がまいていたという。
 この話は本当かどうか分からないが考えRoo.comのようなサイトを見ればこのようなオージー英語かストラインのミスがないだろう。

豪キャブラリー: Skull

Bob Hawke

Skullは、普段の英語では頭蓋骨の意味だけど、どうにかオージー英語では「イッキ飲み」の呼びかけ方になったのだ。当然、イッキ飲みが危なくて絶対に勧めないが、全国若者がビールなどを早飲みするゲームが万国共通な青春伝統ではないかなと思う。ちなみに、1980年代(厳密に言えば1983年~1991年)オーストラリア総理大臣だったボブ・ホーク氏は、1950年代オクスフォード大学の学生時代ではイッキ飲み世界記録を敗れギネスに載ったのがオーストラリアでは有名な話しだが、総理大臣になったドタンに断酒し、今に至って続けている。

英・米語日本語
SkullDrink wildly, chug-a-lugイッキ飲み