Tag: different meaning

「やばいリンガル」 Wobbly

 物が少しグラグラ動く事を米・英語ではwobblyと言うが、オージー英語の場合は同じ言葉を、別の状況に対して使う。続けて読めば、どのように使うかが分かる。

Something a little shaky is “wobbly” in most forms of English, but wobbly takes on a different meaning when used in Strine, Australian English. Read on to find out how.

「やばいリンガル」 Sport

 オーストラリアはスポーツ大国に間違いない。sportも典型的なオージー英語として使われる言葉だが、他の英語圏での意味と全く違う。どのように違うか見てみよう。

Australia is undoubtedly a sporting power, but sport in Strine, or Australian English, has a completely different meaning compared to when the word is used in other forms of English. Read on to find out how.

「やばいリンガル」Shoot Through(穴などが開くように)撃つ

  米・英語ではshoot throughというと何だかバイオレンスなイメージが浮かぶが、オージー英語では異なる意味になる。どのように異なるだろう?続けて読もう。

To shoot through something in U.S. or British English implies images of violence, but the phrase takes on a different meaning in Strine. Read on to discover how.

「やばいリンガル」Sprung(飛び跳ねた)

 米・英語ではsprungになると、飛び跳ねて何だか気持ちが良くなる感じがするけど、オージー英語では、良い気分になれない。なぜだろう?理由を見てみよう。

To be sprung in English outside of Australia implies a meaning of flying free, but Down Under it takes on a completely different meaning.

「やばいリンガル」Rubbish(ゴミ)

 米・英語ではrubbishまたはtrashはゴミのことを意味する名詞だけど、オージー英語では動詞として使うと、別の意味にもなる。続けて読めばどのようになるのかが分かる。

In British or U.S. English, rubbish or trash means something you dispose of, but the word adopts a different meaning when used as a verb in Strine.

「やばいリンガル」Heaps (山積み)

 もの・ことを積み重なると米・英語ではheapを使えるが、豪語ではheapになると意味が違ってくる。どのように変えるか見て見よう。
Differences between Strine and English as it’s spoken in other parts of the world can simply make some collapse into a heap…unless they’re Down Under, where “heaps” carries a different meaning.