Tag: dunny

The Big Redback: 豪文化象徴である「便座の背赤グモ」のBig Things版

The Big Redback, Brisbane, QLD

一昔前まで下水道がまだ通っていなくて屋外トイレがオーストラリア都市部を含めて多くのところでは主流だった。暗くて、臭くて夜になると本当に怖い思いを持ち、用を足すのは覚悟の上で行ったようなことだった。特に子供たちにとって。
 その「恐怖感」からオーストラリアの文化の象徴が生まれてきただ。それは「屋外トイレの便座にある背悪グモ」の伝説だ。
 オーストラリアでは毒グモがたくさんあり、その中で最も有名な例があの日本でも侵略的外来種として指定されている「背赤グモ」だ。実際にさされるケースが稀だが、暗いところが好き同クモは、何でか分からないけど屋外トイレと関連するように見えた。その伝説を称えるカントリー・シンガーであるスリム・ニュートン氏が1972年に「便座の背赤グモ」という曲を発表し、もう早ランキング1位となり、今でも知らないオーストラリア人がいない。もう一つの効果がその「屋外トイレの便座にある背赤グモ」の伝説を維持することだった。
 そして、その伝説を称える「Big Things」もある。
 クィーンズランド州ブリスベーン市郊外にあるBig Redbackだ。その高さ3メートル、長さ3メートルの背赤グモが屋外トイレを登っているように1996年に製作された。
 ちなみに、屋外トイレがあまりにもオーストラリア文化に溶け込んでいたので、独特なオージー英語であるdunnyと呼ばれるようになった。
The Redback on the Toilet Seat(歌詞の和訳は下記)

便座にあった背赤グモ
夕べトイレ行ったとこ背赤グモが便座にあった、
暗くて見えなかったが刺されたことを間違いなく感じた。
空へ高く飛び込んで、着陸したらあの賢い背赤クモはどこにも見つからなかった。
家内のとこに走り込んでどこで刺されたを教えると、家内が『理髪屋で使うような』髭剃りを取り出したら、僕が激怒した。
『やろうとすることをおいておいて医者を呼んでください。』
『恐らく、君が考えている治療法が毒より危険だろう、という気がする。』

夕べトイレ行ったとこ背赤グモが便座にあった、
暗くて見えなかったが刺されたことを間違いなく感じた。
そして、今入院中だよ、とても淋しくてかわいいそう、夕べ便座にあった背赤グモに罵った。

横になれず、座り込めず、どうすればいいのか分からない。看護婦たち皆が大喜びが俺自身の視野が違う。
『恥ずかしいだ』と言うのは最も前向きな言いかたにしておこう。
俺は食べられないほど気持ちが悪くなったのに、あのグモが多いに御馳走した。
退院して家に帰ったら、こうしておこうと思う。
そして、あのグモが今僕が感じている痛みが少し分かるだろう。
あまりにも多く注射それたのでまるでふるいに見えるようになった。
あの背赤グモの生き残る生命期間が短いぞ、とここで約束するよ。

夕べトイレ行ったとこ背赤グモが便座にあった、
暗くて見えなかったが刺されたことを間違いなく感じた。
そして、今入院中だよ、とても淋しくてかわいいそう、夕べ便座にあった背赤グモに罵った。


大きな地図で見る

豪キャブラリー: Dunny

Dunnyはオージー英語の象徴的な言葉であり、dunnyそのものがオーストラリア人にとって国の代表なイメージでもある。

オージーdunny


トイレという意味だけど、外で回りになにもないところにぽつんと置かれているというイメージが浮かび、オーストラリアの広さと大自然の中の孤立さの感覚を思い起こさせるような感じだ。しかし、実際に使うと暗くて臭くて多くの人にとって怖いところだ。おまけに毒蜘蛛の温床する場所でもある。いうまでもなく、dunnyはウォシュレット付きではないはずだ。
 
英・米語日本語
DunnyToilet, bathroom, washroom, restrooom, WCトイレ、お手洗い、便所特に外にあるトイレに使われている言葉