Tag: Ear bashing

Obama Speaks Strine

U.S. President Barack Obama speaks to the Australian parliament.

米大統領バラク・オバマ氏が今週、オーストラリアを訪問し、豪国会両院前に演説をしてご自身のストライン(オージー英語)能力を披露した。
 
 同氏が気に入って表現はgive it a burl(やってみよう)、ear bashing(叱る)やchinwag(語り合う)などたくさんオージー英語例を使ってみた。
 
 オバマ氏がストラインを流暢に喋るスピーチの映像は下記の通り。


 考えRooの個人的な見解だが、同氏がより一層知的に見える、、、
 
 ちなみに、オバマ氏同様、英国総理大臣デビッド・カメロン氏もストライン能力を見せた。

 二人がもしかして考えRoo.comでこっそりと勉強しているかな?

豪キャブラリー:Ear bashing

オージー英語では、激しく粘り強くしつこく叱られた時はear bashingされたという。直訳すると「耳がボコボコにする」という意味であり、そのように考えれば感覚がなんとな分かるでしょう。
 他の英語圏では、叱れることをtongue lashing(ベロで鞭打ちする)をいうと考えれば英語圏全体では叱ることは変わっている表現を使い怒られることに対しての嫌悪感を伺える。

英・米語日本語
Ear bashingTongue-lashing, admonish
激しく叱ること、直訳すると「耳を叩く・ボコボコにする」だ