Tag: english speaking countries

「やばいリンガル」 Waffle

 朝起きると米・英語圏では、waffleが朝食のメニューに入っている可能性が高いが、オージー英語では朝からwaffleすると嫌われるかもしれない。何でだろう?

In other English-speaking countries, there’s a high likelihood waffles may appear on a breakfast menu, but if you began waffling from first thing in the morning in Strine, Australian English, you might find yourself becoming unpopular fairly quickly. Keep reading to find out why.

「やばいリンガル」Shout(叫ぶ)

 Shoutは、他の英語圏の国ではストレス解消法のひとつかもしれないが、オージー英語でのShoutは、お金に執着する人々にとってはストレスの素になる場合がある。でも、典型的なオージー英語の言葉の一つである。

A shout can be a stress reliever in other English-speaking countries, but a source of stress when used in Strine, particularly for the parsimonious. But a shout is also an archetypal Strine term.

「やばいリンガル」 Flog (鞭打ちする)

米・英語では誰かをflogすると鞭打ちするという意味だ。しかし、オージー英語では何かをflogするという意味になる。まさか鞭打ちしっぱなしじゃないよね?どのように違うのか見よう。

To flog someone in English as it is spoken in most countries would mean to whip them. But in Strine, the word also has additional meanings. Read on to find out what they are.

「やばいリンガル」 Flick (人と縁を切る)

 オージー英語はユニークな使い方がある場合が多い。たとえ他の国の英語では同じ言葉でもオージー英語の場合の意味が完全に違うこともある。Flickは、本来の英語ではflick(軽くたたくこと)という意味だが、オージー英語ではどうだろう?