Tag: exasperation

豪キャブラリー:Strewth

Strewthは、ちょっと古いであるものの、典型的なオージー英語言葉の一つである。
 少しいらだっている時にストレスを発散しようとするが極端に悪い言葉を使いたくない時につかう言葉だ。いうとちょっとかわいく感じながら完璧にオージーっぽく響く言葉。


英・米語日本語
StrewthEmphatic word to express exasperation. Like the British “Blimey,” or archaic American “Gee.”ちょっといらだっている時に使う気持ちを強調する言葉

Mate/友達

mate

Australian English

A friend or buddy, but also used in a friendly manner to address strangers or acquaintances. It can also be a term of exasperation or frustration when directed at others.

日本語

1)友達。友人。だち。仲間。仲良し。しかし、見知らぬ人に対して使っても珍しくない。

2) 時には、相手に対していらだちなどを感じて表せて使うこともある。

3) (英語での本来の意味は)交尾する。

Plain English

1) Buddy, friend, pal.

2) To procreate.

Bluey is me best mate. I do jobs for him at mate’s rates.ブルイーは、最もいいだちだぜ。仕事をやってあげると、友人価格でやってあげる。Bluey is my best buddy. I do jobs for him on the cheap because he’s my pal.
I’d do anything for me mates. I’d be nuthing without them.友人のためになんでもやる。彼らいなくては生きられない。I’d do anything for my friends. I’d be nothing without them.

Strine Dictionary

Dinkum, dinky-di, fair dinkum/本物

dinkum, dinky-di, fair dinkum

Australian English
“Dinkum” (and its derivatives) are frequently used words to describe something genuine, true or honest. Dinkum is often cited as a symbolic example of Australian English. “Fair dinkum” can also be used as a non-offensive curse to express exasperation. Also see: ridgy-didge

日本語
1) 本物。本格的。本当。誠実なもの。
2) 怒る。罵る時に使う軽い悪口言葉。
Dinkum(とその派生語)は、たびたび会話にでて、豪語の象徴的な言葉と言ったら過言ではない。

Plain English
1) True.
2) Honest.
3) Genuine.
4) Faithful.
5) A mild, non-offensive curse.

Dinkum-usage examples

豪語日本語米・英語
Today was a fair dinkum scorcher. It was over 40 degrees.今日は、40℃も超えて、本当に暑かったね。Today was a real scorcher. The temperature went over 100 degrees.
Bluey is dinky-di Aussie.ブルイーは本格的なオージーだ。Bluey is a true Australian.
“Fair dinkum, Patty. You are a stunner.”「アラマ!パティって本当に美しいよね」“Wow, Patty. You are really beautiful.”

Strine Dictionary