Tag: flying kangaroo

オーストラリア特有の恐竜、カンタス、、、サウラス

An artist's rendition of a Qantassaurus, Australia's dinosaur named after an airline

An artist’s rendition of a Qantassaurus, Australia’s dinosaur named after an airline

The Spirit of Australia, the flying…dinosaur?
 オーストラリアの魂が以前から言われている「飛んでるカンガルー」ではなく「飛んでる恐竜」って?ええ?飛んでるのは考えRooじゃないの?
Australia’s fauna is unique, and that trend may even extend back hundreds of millions of years to the Cretaceous period, at least in terms of naming patterns.
 皆が分かるようにオーストラリアの動物が特有だ。そして、その独特さが1億年以上前の白亜紀に及ぶかもしれない、、、少なくともネーミングの面では。
One of the few known endemic Australian dinosaurs was discovered only recently; 1996, to be precise.

And it was promptly given a good old Aussie name of Qantassaurus…a moniker honoring something archetypally prehistoric — an airline.
 数少ないオーストラリア特有な恐竜が比較的最近に発見された。具体的に言えば1996年だった。発見されて、早速典型的なオージー・ネーミングされた。カンタスサウラスと名づけられた、、、白亜紀らしくと思ったら、大きな勘違い。恐竜なんかと全く関係ねカンタス。そうなの、、、あの航空会社に名づけられた。
Qantas, in fact. Australia’s one-time national carrier.
 まあ、確かにカンタスが一時期オーストラリアの国家航空会社だったので、国のものという点では無理すればどうにか恐竜と関連付けられなくはない、、、訳がないよね。
Australia’s Qantas, of course, is renowned for having the enviable record of being the only major carrier never to have had a fatal crash.
 オーストラリアのカンタス航空は確か「国際線で飛ぶ主要航空会社唯一無事故だ」といううらやましい実績があることで有名だ。
Less well-known is the fact that it has also given its name to what is probably Australia’s most famous dinosaur.
 しかし、それほど知られていないのは同社が恐竜に名前を与えたことだ。
SpiritofAustraliaQantas was chosen as the dinosaur’s name, by the way, because the airline had been shipping fossils around Australia during the early 1990s, as well as sponsoring archeological digs.
 ちなみに、「カンタス」が名前に選ばれた理由は実に簡単だ。恐竜が発見された直前数年間カンタスが化石など恐竜に関する展示会の出品などを無料でオーストラリア国内で運送した。そして、同時期発掘のスポンサー企業だった。
The Spirit of Australia, the flying kangaroo, meanwhile, refers to the advertising jingle the carrier used for decades, as well as its livery featuring an airborne version of Australia’s national animal.
 ところで、上記の「オーストラリアの魂であり、飛んでるカンガルー」の意味について、数十年間カンタスが広告かうたい文句や飛行機のカラーリングまで使った表現Spirit of Australia, the Flying Kangarooの直訳だった。
 この表現は一定の年齢を超えたオーストラリア人であれば、誰でも知っている。