Tag: Guatemala

Punk Doily Full of Heavenly Aussie Tastes Made by a Saint

Punk Doily, a recently opened cafe, offers a heavenly touch of Australia made by a Saint in a small nook in Oyamadai, Setagaya-ku.
 最近開店したパンクドイリーがセイントが作るオーストラリア風素晴らしいご馳走を提供している。
Punk Doily’s sausage rolls are authentically Oz, faithfully providing not only the flavor of the tuckshop, but also adding pleasures for the gourmand that the Japanese excel at.
 パンクドイリーのソーセージロールは本格的なオージー味であり、学校売店の懐かしい料理を誠実に再現する上に日本人の特異な上質なグルメを加える。
Available in sage and fennel flavors, the sausage rolls use pork from exclusively potato-fed pigs, and have a hearty, mouth-watering meat that tastes perfect without the need of excessive herbs, spices or other additives.
 セージとフェンネル味があり、ジャガイモが飼料の豚から得る豚肉使用によって濃厚な美味しさがあり、余計なハーブやスパイスなどが使用不要。
Wash down the delicious savory snack with one of the selection of Punk Doily’s coffees. The Australian-style, rich brews are sublime, the hand drip providing a strong flavor and delicious aroma.
 うまみたっぷりなおやつと共にパンクドイリー作コーヒーを一杯のみと良い。オーストラリア風の濃くある抽出が格別であり、ハンド・ドリップの味が濃厚で香りもよい。
Sweets are another highlight of Punk Doily! On the day of our visit there were delightful salted, triple chocolate cookies, sake-infused cherry tarts and rum raisin brownies. Sublime! The cafe serves up some utterly amazing treats. Check out their Facebook page for some of the other fabulous fare on offer.
 また、パンクドイリーのもう一つのハイライトが何と言ってもスイーツ!訪問した当日提供したのは日本酒に浸けたチェリータルト、ラム酒漬干しブドウブラウニーと三種類のチョコが入っているトリプルチョコレートクッキー!何と言っても最高にうまかった!その他にもたくさんの美味しいご馳走を提供するので、詳しくは同店のフェースブックページを参照にしてください。
Enjoy Punk Doily’s delicious coffee and culinary delights on site or take out.
 パンクドイリーの美味しいコーヒーと料理は店内で楽しんでもテークアウトも出来ます。
Punk Doily is located about the Tamagawa Christ Chuo Church at 3F, 3-28-21 Oyamadai, Setagaya-ku Tokyo 158-0086, Tokyo 158-0086. Tel: 090-4702-7959 Open Saturdays and Sundays from 11 a.m. to 5 p.m.
 パンクドイリーは玉川キリスト中央教会の上3Fにある、所在地が3ー28ー21尾山台東京都世田谷区。電話が090-4702-7959。営業は土日の11時から5時となっている。
Incidentally, if you’re interested in finding our more about the connection with the saints, go to Punk Doily yourself.
 ちなみに、上記のセイントについてもっと詳しく知りたいなら、ぜひ直接お店に足を誇んで自分に聞いて見るといいと思う。