Tag: Japanese TV

An Aussie Touch to a Landmark Japanese TV Show

Australia provided an (admittedly unacknowledged) touch to Monster Prince (怪獣王子), one of Japan’s most popular TV shows in the late 1960s.
Monster Prince told the story of Takeru Ibuki, a boy left stranded on a tropical island while a baby when his family is caught in a volcanic eruption and subsequently raised by dinosaurs living there.
Together with his brontosaurus friend, Nessie, Takeru defends the island, and by extension the Earth, from invading aliens.
And that’s where the Australian touch comes in…Takeru’s weapon of choice is a boomerang!
The show ran for two series and was made by Nihon Tokusatsu Kabukikaisha.
The role of Takeru was shared by twins, Yoshinori and Mitsunori Nomura, both of who were prominent child actors at the time, but for who this would be their final role before they both left showbiz.
Monster Prince was plagued by troubles throughout its duration, though its merchandise did brisk sales.
Confectionary giant, Lotte, the program’s sponsor, wanted to pull the plug after the first series, but agreed to extend its backing when the show was sold to the United States.
In-fighting also plagued the program, which was shot in Kyoto but by a crew from Tokyo, and rivalries between those from the ancient and modern capitals were apparently fierce.
Nihon Tokusatsu Kabukikaisha wound up following the end of this series, which came as the tokusatsu boom that had encompassed Japan through much of the 1960s slowly declined from its zenith.

Check out KAIJU OUJI: MONSTER PRINCE, which has an awesome write-up on Monster Prince, a program also known outside of Japan by the romanization of its Japanese title,Kaiju Ouji.

See a subtitled version of the first-ever episode of Monster Prince (featuring plenty of boomerang throwing and an awesome scream to kick-off the opening titles!)

豪出身元祖「クール・ジャパン」支持者が訃報報道を否定

Clive James on British TV in the 1980s.

 親日家として知られているオーストラリア出身でイギリスで活躍したクライブ・ジェームズ氏というユーモアリストが末期がん報道を25日付否定している。
 ジェームズ氏は1939年オーストラリア、シドニーで生まれて1960年代の初め頃からイギリスでライター、ブロードキャスターなどさまざまな行動で大活躍した。
 しかし、最も有名なところが恐らく1970年代から1990年代の頭頃の間イギリスを始め主に英国連邦内の英語圏日本のことを紹介したこと。日本にとって彼の重要な役割を理解できるため、当時の事情を振り返る必要がある。当時、日本の絶好景気か閉鎖市場や輸出黒字などを理由とした貿易摩擦時代の真最中だったので、日本及び日本人に対して「日本人が働き蜂」や「軍力で出来なかった経済力で世界を支配しようとしている」などのような反日的な批判や感情が強まるつつあったが、それに対してジェームズ氏が自身のテレビ番組で日本のテレビ番組を使って日本人を友好的に提供することにした。「ザ・ガマン」などの映像を使用して「日本人を小馬鹿にしている」という批判もあったが、「人間味」を感じさせる場面を披露し、世論の日本・日本人に対しての気持ちを肯定的な方向に導くように大きく貢献したと言える。ジェームズ氏が英語圏の元祖「クール・ジャパン」支持者と言っても過言ではない。
 で、同氏が数年前から白血病となり、もう72歳となっているので、後は長くないということが思われている。そして、6月21日付の英デイリー・ミラー紙では「もうがんに負けた」と末期がん宣言のようなインタービュー記事が報道されて、英・豪を中心に心の準備が始まった。
 しかし、25日付のオーストラリア各紙では自身筆の記事では「死ぬ寸前報道」を強く否認し、「まだ、まだ戦うぞ」と宣言した。
 ジェームズ氏が自称「日本語喋る」上に日本に対して愛情を感じさせる文書などによって「親日家」及び「日本通」なので、もっと活躍を続けてほしい人が多いかもしれない。