Tag: Mark Jacko Jackson

Worst Aussie Songs Ever! 豪史上最低曲ワースト10!

Worst Songs オーストラリア歌謡曲ワースト10は1980年代・1990年代が中心となっており、2000年シドニー・オリンピック開会式主人公だったニッキ―・ウェブスター氏の「Strawberry Kisses」と最低となり事実上同氏のキャリアにピリオドにうった効果と言っても過言ではない。
 同リストが音楽会関係者数人が匿名を条件として、今年決めたものだ。
 1980年代活躍したオージーボール選手2人や一発屋などが中心となっているけど、世界的にヒットしたPseudo Echoや1970年代オージー・ロックを象徴とするSkyhooksといって素晴らしい実績を残してるバンドの曲も入っている。中には、オーストラリア史上最高売り上げ数の「Shaddap You Face」も仲間入りしている。
 このバンドは日本であまり馴染みがないが日本で1970年から1989年の間に開催された世界歌謡祭記念大会でPseudo Echoが1987年と1989年唯一2回もオーストラリア代表として出演し、前方では「Take On The World」という曲で見事に同大会を優勝した
No. 1 – Nikki Webster – Strawberry Kisses

No. 2 – Mark ‘Jacko’ Jackson – I’m An Individual

No. 3 – Colette– Ring My Bell

No. 4 – Craig McLachlan – Mona

No. 5 – Joe DolceShaddap You Face

No. 6 – Pseudo Echo – Funky Town

No. 7 – Nolene Donaher – No Regrets

No. 8 – Warwick Capper – I’ll Only Take What’s Mine

No. 9 – Jason Donovan – Too Many Broken Hearts

No. 10 – Skyhooks – Jukebox in Siberia

参考記事(英語)
Australia’s Worst Songs Ever

オージーボールが日本でビールCMに起用されたことを知っていたか?

Mark “Jacko” Jackson, surprising promoter of Australian Rules football in Japan

 オーストラリアでは圧倒的に一番人気スポーツでありながら日本でオージー・ボールがほとんど知られていない。
Australian Rules football, despite being overwhelming the most popular spectator sport in Australia, is virtually unknown in Japan.
 しかし、約24年前さかのぼってオージー・ボールが日本でサントリー・ドライビールのCMに起用されることになった。
But, going back 24 years or so, Aussie Rules, or Ooji Booru as it’s referred to in Japanese, was used to promote Suntory Beer in Japan.
ジャコのサントリー・ドライCM/Jacko’s Suntory Ad

 同CM主役が元オージー・ボールプロ選手だったマーク・ジャコ・ジャクソン氏だった。当時、ジャコ氏の人気が絶好機だった。選手として才能があったもの、問題児であったため多くの人にしてみればその才能が「うらさいの!」という存在だった。同氏がそれをいい風に使い、歌手となりオーストラリア1位となったシングルを発表した。続いて、ヒット曲がアメリカでバッテリのCMキャラクターとなり、米国でも大人気となった。そこからハリウッド版ドラマの俳優にもなったが、番組の視聴率が低く再びオーストリアに戻って今でも演説やコメディなどで活躍中。
Starring in the ad was Mark “Jacko” Jackson, then at the height of his brief flirtation with international fame, sparked by a successful appearance promoting Energizer batteries in the United States, which in turn had been an opportunity that arose for him following his Australian No. 1 single, “I’m an Individual” and less-than-successful football career despite possessing considerable ability.
ジャコ現役時代/Jacko’s Playing Heyday

 一方、日本でのオージーボールについて、下記のCMが上映当時オージー・ボールを運営するオーストラリアフットボール同盟(AFL)(当時VFL)が日本を開拓地として位置付けた。1986年と1988年に2回に渡り国際拡大計画として横浜スタジアムでプロ・チームがオープン戦を行ったが、面通りの成果を入手できず、以降米国、英国、アイルランドなどでの試しを経て現在開拓地として南アフリカとニュージーランドが最大候補となっている。
At the time this ad aired, Japan was something of a frontier for Australian Rules expansion outside of its traditional territory. Carlton and Hawthorn in 1986, then Essendon and Hawthorn two years later, played exhibition games at Yokohama Stadium. Results of the Japan experiment were apparently not what had been sought and the AFL turned its attentions toward what it regarded as more fertile grounds. Expansion efforts moved ahead in the United States, Britain, Ireland and continue today in China, India, South Africa and New Zealand.
 日本では、オージー・ボールがAFLの思う通りの成果を果たさなかったにも関わらずその当時の遺産がある。それがジャパン・オーストラリアン・フットボール・リーグ(AFL JAPAN)である。AFL JAPANは、日本でのオージー・ボールリーグを運営し、2年毎行うオージー・ボール・ワールド・カップに出場する大人気日本代表である「Japan Samurais」の形成などを担い、日本国内外でオージー・ボールを促進している。
Yet, a legacy of Aussie Rules’ 1980s assault on Japan remains in the form of the Japan Australian Football League, which organizes the AFL and the Japan Samurais, the popular participant in the biennial International Cup.
日本でのオージーボールが注目集まっている
ジャコのヒット曲/I’m an Individual

ジャコ主役、アメリカで人気となったCM/Jacko Plugs Energizer