Tag: melbourne age

コアラが「飲み屋」に侵入し、寝入る

'Strewth. How 'bout a drink?' (Koala photo not related to story/イメージ)

Koala invades bar, sleeps it off

オーストラリア北部にあるマグネチック島のバーにコアラが入り込んで寝ちゃったことが先週末あったとメルボルンのエイジ紙が報道した。

バーテンダーのケビン・マーティン氏が雄コアラの行動に驚かされたという。

「コアラが「バー」にやってきたので身分証明書があるかと聞いたら、ご機嫌斜めになって天井まで登って寝た」とマーティン氏がいう。コアラは集客力があり、いつでも大歓迎との事だ。

コアラはレンジャーに保護され森に戻された。

詳しくはこちらへ(英語)

A koala invaded a bar on Queensland’s Magnetic Island before promptly sleeping it off, according to the Melbourne Age on Thursday.

Read the story here.

Striking a Light for Strine 「豪」にいれば「豪語」に従えって?


Hugh Lunn, one of the most vocal advocates of Strine and arguably its greatest modern protector, is about to release Words Fail Me, a follow-up to his 2006 bestseller Lost for Words, which told the tale of disappearing Australian English, mainly due to American cultural influence on the mass media.

ヒュー・ラン氏は、ジャーナリストのヒュー・ラン氏は有数のオージー英語の最大の支持者で、保護者とも言えるであろう。同氏は近年オージー英語をテーマにした著書「Words Fall Me」を発刊した。同書は絶滅しつつあるオージー英語についての話題が中心となった2006年発行の「Lost for Words」の続編である。

Hugh Lunn’s Works on Amazon.co.jp