Tag: new south wales

ツイッターで最も放送禁止用語を多く使う州は?

Rate of Titter profanity use in Australia by state

Rate of Titter profanity use in Australia by state

 オーストラリア各州ツイッター全体使用の約3-4%が(英語で)放送禁止用語が占めるし、最も悪い言葉使用率が高いのが南オーストラリア州の4.08%だ、とNews.com.auが報道した。
 同州に次ぐがクィーンズランド州の3.98%、ニューサウスウェールズ州(3.62%)、西オーストラリア州(3.38%)とビクトリア州(3.34%)。
 比較的に悪い言葉使用率が低かったのはタスマニア州(3.12%)、オーストラリア首都特別地域(2.52%)とノーザンテリトリー州(2.04%)。
 豪州の最も人口が多い三州「ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クィーンズランド州)がこの半年だけで悪い言葉が含めたつぶやきが各100万個を超えている。最も悪い言葉使用率が高くなる内容は政治とスポーツのことだそうだ。
Kevin Rudd and State of Origin make Aussies swear like a bunch of sailors

色々な意味で象徴的な豪の「羊風」Big Things

The Big Merino, Goulburn, NSW

 イギリスが刑務植民地した1788年以降オーストラリアの存在に大きく関わって、壮大な貢献をしてきた羊。
 羊毛でも羊肉でも、そして羊製品などが19世紀初代から現在に渡ってオーストラリアにとって重要な輸出物であり、国内では雇用や商売にかかせない存在だ。
 人間一人に対して10匹以上もいる羊がオーストラリアがこの動物をどんなに頼るのかを示すだろう。
 だとしたら、もう一つオーストラリアの象徴である形式で称えてもいいだろう?
 もちろん、羊関係が「Big Things」の仲間に入っている。
 実は、同じものを何回も祝っている場合もある。
 たとえ、Big Merinoだ。

 ニューサウスウェールズ州にあるゴールバーン市が地方都市であり、羊牧場などと歴史が長い。

The Big Merino, Blackall, QLD

 オーストラリア初内陸都市とも言われているこのゴールバーン市。
 メルボルンとシドニーを繋がるヒューム・ハイウェイに位置している。
 同市の観光名所となっているBig Merinoがそこに置かれている。
 恐らくオーストラリアの数多くある「Big Things」の中の有名なオブジェ一つと思う。
 ここではお店やお土産屋などがある。
 もう一つのBig Merinoもある。
 これがクイーンズランド州ブラッコールという小さな町にある。
 ブラッコールという町も同町のBig Merinoのいずれもゴールバーンに負けるがオージー英語ではこの小さな町が重要な役割を果たしている。

The Big Ram, Karoonda, SA

 オーシー英語では、Beyond the black stump(黒い<木などの>株の彼方という意味)という表現がある。「はるかの奥地」を示す表現だ。
 そして、元々の黒い株がこのブラッコールにあったという。(他の町にも同じことを言っている箇所が多数あるけどね、、、)。
 ちなみに、Big Merinoのメリノが羊の種類であり、オーストラリアの羊産業で最も関係した種類だ。
 ふたつのBig Merinoがあると同じように二つのBig Ramもある。
 (ところで、ラム<ram>が「雄羊」という意味、ラム<lamb>(子羊)じゃない。)

The Big Lamb, Guyra, NSW

 まず、南オーストラリア州にあるカルーンダ町にBig Ramがある。
 これが同地域が羊毛及び羊肉が盛んだから羊を称えようとして作られた「Big Things」だそう。
 高さ2メートル位なので、それほどビッグではないよね。
 間違いなくデカイRamは西オーストラリア州のBig Ramだ。
 これがウェジンという町にあり、考えRooが以前に取り上げている
 また、ラム(雄羊)だけではない。
 今回こそラム(子羊)を称える「Big Things」がある。
 ニューサウスウェールズ州に一旦戻って、ガイラという町にたどり着く。
 
ここには子羊だけでなくじゃが芋を称える「Big Things」がある。
 ガイラのBig Lambは子羊像であるが、その可愛いな子羊がじゃが芋の上に座っているような感じとなっている。
 この地域は、じゃが芋も名産物だそうだ。
 そして、それだけじゃない。
 羊より羊からとった羊毛もちゃんと「Big Things」に入る。
 これがビクトリア州に羊毛生産地として有名なハミルトンではBig Wool Balesがある。

The Big Wool Bales, Hamilton


 このオブジェが羊毛の袋をでかくしたものだ。
 羊毛袋をしているビルは実際にお土産屋とカフェだ。

* これが「Big Things」シリーズ最後となります。

モー、、十分か?牛関係のBig Thingsでもオーストラリアに盛ん

The Big Mallee Bull, Birchip, VIC

 オーストラリア経済にとって乳製品・肉食関係などがいずれも重要な分野であり、国及び国民のほとんどに欠かせない存在である。
 なので、オーストラリアでの生活になんらかな不思議な影響がある「Big Things」も当然牛などと関連するものも多数。
 多分、背景が最も面白いのがビクトリア州バーチップにあるBig Mallee Bull。

Big Bulls in Rockhampton, QLD

 Malleeという言葉をオージー英語でたくさん意味があるが、主に地域や木の種類に使われている。
 そして、fit as a mallee bullという表現は、独特なオージー英語であり、どんな豪州人でも分かるはずだ。直訳すると「マリー地域の雄牛並みの体が鍛えられている」で、意味が「極めて壮健だ」。
 それに因んでビクトリア州のマリー地域にあるバーチップが街のど真ん中に巨大な雄牛を称える。
 問題は、実際にmallee bullという牛が元々存在しない。
 でも、それを別においておいて、他も見てみよう。

The Big Cow, Yandina, QLD

 まずは、北部のクイーンズランド州から始まろう。
 南回帰線にあることで有名な町ロックハンプトンは元々ビーフ産業が栄えている地域である。
 それを称えるため地域の象徴である牛3頭の「Big Things」を町のあっちこっちに設置されたが、一つが朽ち果てたようで現在2頭のBig Bullしか残っていないらしい。
 そう遠く離れていないのが同州ヤンディナ
 ロックハンプトン同様、この地域も牛産業が重要であり、牛の「Big Things」が作られた。

The Big Bull, Wauchope, NSW (Now gone)

 もう一つの特徴がしょうが農家が多い。
 決してイヤンディナという地域について「しょうがない、な~」と言い難い。
 実にしょうがだらけだ。
 はい、くだらないギャグをやめよう。
 ニューサウスウェールズ州海岸添え北部の町ワーチョープは元々「Big Things」があった町。
 だが、そこにあったBig Bullは、老化で約5年前撤去されたようだ。
 オープンした当時お土産屋やビーフに関する展示があったようだったが、集客力があまりなかった見たい。

The Big Cheese, Bodalla, NSW

 同州南部海岸添えの方へ行くとボダラという町がある。
 ボダラは牛が有名というよりチーズをはじめ乳製品が有名だ。
 そこで同町に巨大なチーズ像がある。
 だが、上記Big Bullと同じようにこれも老朽化し、今一般人がなかなか近づかないようになっているようだ。
 しかし、ハイウェイから良く見えるらしいし、写真も撮れる。
 そして、他の牛などに関連する「Big Things」は、以前に考えRooで取り上げられているものだ。
 今週、話に触れたばかりのBig Cowsがある。
 これらが他数件と一緒にビクトリア州「Big Things」都であるフィリップ島にある。
 同島のニューヘーブンという町にある。

The Big Cows, Newhaven, VIC

 (皮肉的にカウズ<牛の複数形>でありながらカウズという町がとなりにあってにもかかわらずそこで立てられなかった。)
 そして、ほぼオーストラリア全国に渡って西オーストラリア州へ。
 ここにはCow on the Cornerという巨大な牛がある。
 このデカイ牛はブランズィック・ジャンクションという町にあってにも関わらず、日本と深い関係がある。
 日本で発売されているLady Bordenアイスクリームが元々この地域に作られて1990年代以降輸出された。

Cow on the Corner, Brunswick Junction, WA


Birchip (includes Big Mallee Bull footage)