Tag: Northern Territory

ツイッターで最も放送禁止用語を多く使う州は?

Rate of Titter profanity use in Australia by state

Rate of Titter profanity use in Australia by state

 オーストラリア各州ツイッター全体使用の約3-4%が(英語で)放送禁止用語が占めるし、最も悪い言葉使用率が高いのが南オーストラリア州の4.08%だ、とNews.com.auが報道した。
 同州に次ぐがクィーンズランド州の3.98%、ニューサウスウェールズ州(3.62%)、西オーストラリア州(3.38%)とビクトリア州(3.34%)。
 比較的に悪い言葉使用率が低かったのはタスマニア州(3.12%)、オーストラリア首都特別地域(2.52%)とノーザンテリトリー州(2.04%)。
 豪州の最も人口が多い三州「ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クィーンズランド州)がこの半年だけで悪い言葉が含めたつぶやきが各100万個を超えている。最も悪い言葉使用率が高くなる内容は政治とスポーツのことだそうだ。
Kevin Rudd and State of Origin make Aussies swear like a bunch of sailors

Namatjira Legacy Torched! 豪画界の重要な自然遺産が放火で破壊される

Ghost gum trees depicted by Albert Namatjira

Ghost gum trees depicted by Albert Namatjira

 豪ノーザン・テリトリー州にある重要な自然遺産として認められつつあった有名なユーカリ林がこの頃放火で全焼された、と豪各大手マスコミ社が4日付報道した。
Ghost gums on the verge of being recognized as part of the Northern Territory’s heritage have been destroyed by arson, according to various mainstream Australian media reports on Jan. 4.
 このユーカリ林はゴースト・ガムと呼ばれている木であり、初めて国際的に認められ有名となった豪先住民画家故アルバート・ナマトジラ氏が描いた木だった。
These eucalyptus trees had come to prominence after being painted by Albert Namatjira, the first indigenous Australian artist to achieve widespread global recognition.
 焼かれた林は、同州自然文化財を認可する寸前だったようだが、この数日間以内に放火された。動機など同州当局が捜査中だという。
The torched trees were apparently about to be recognized as an important part of the state’s heritage, but were burned to the ground some days ago. Northern Territory authorities are investigating the motives into the arson attack.
 ナマトジラ氏が活躍した時代オーストラリアが先住民を「国民」として認めていなかったが、描いたオーストラリアの風景が世界中に高く評価された。同氏の絵にはこのゴースト・ガムが主体となったものが多かった。
Namatjira was active and his work recognized globally at a time when Australia did not even recognize its indigenous populations as citizens of the country. Many of his works featured ghost gums.
Albert Namatjira

Albert Namatjira

 同氏が悲劇的な人生を送った。生まれた1902年では、先住民全員が国家被保護者として扱われ、1967年の国民投票で市民権が与えられるまで「2級国民」まで位置づけにも及ばなかった。にも関わらず、ナマトジラ氏の絵が国内では1930年代以降認められるようになり、徐々に国際的に評価されるようになった。そこから、同氏が裕福となり、得た収入のほとんどを自身が所属する部族に使った。しかし、本人を含めて部族の多くがアルコール依存症に病んで1959年に若き57歳で貧困で亡くなった。
Namatjira lived a tragic life. When he was born in 1902, indigenous Australians were all wards of the state, and they would not even be regarded as “second-class citizens” until voters “deigned” to give them that status in a 1967 referendum (that came too late for Namatjira, although he had been granted rights akin to the average white Australian upon achieving wealth and global fame in the 1950s). Namatjira first attracted attention within Australia in the 1930s and his renown gradually spread across the world. He subsequently became wealthy, but used nearly all his money to support members of the Arranda tribe to which he belonged. Unfortunately, Namatjira, like many of his fellow tribe members, was an alcoholic and died impoverished in 1959 at a tragically young 57.

Ghost gums that inspired great art felled by fire

豪先住民が数万年前から使っている「手話」

Children in Yuendumu, NT

Children in Yuendumu, NT

English is now Australia’s most commonly used language, but there are also still dozens of indigenous Australian languages that are native tongues for many people living Down Under.
 今では英語がオーストラリアで最も使われている言語であるが、同国では数十ある先住民言語の一つが母国語である人が多数いる。
And many indigenous Australian languages have for tens of thousands of years used sign language as well, the most famous example being that used in the Warlpiri language used in the remote central Australian desert, centering on the community of Yuendumu.
 面白いことに、この先住民言語の中、多くが何万年前から「手話」が使われている言語が多い。恐らくその最も有名な例がオーストラリア中央部砂漠地帯内イウエンドゥムで使われているワールピリ語だ。
Including the Warlpiri, these sign languages are often the result of taboo practices, where custom forbids certain members of tribes speaking to other members. The sign languages developed as an alternative to verbal communication.
A bilingual English-Warlpiri sign in central Australia.

A bilingual English-Warlpiri sign in central Australia.

 ワールピリ語を含めて、このような手話が使われるようになったのが「タブー」がある。言葉遣いが部族内の人間関係によって変わると同じだけでなく、関係によって実際に口頭で言葉を交わすことさえ禁じられた。その場合、コミュニケーションが手話で行なった。
Many Warlpiri speakers and other indigenous Australians maintain their traditional lifestyles even today, ensuring these sign languages are retained even as their languages are threatened by the dominance of English.
 今でもワールピリ語を母国語とする人々をはじめ、数多くの方々が英語の圧倒的な力を懸念しながら伝統的な生活や言語を守っていっている。
Warlpiri and other northern Australian indigenous languages have strongly influenced the area’s use of a form of Auslan, the Australian Sign Language that targets the hearing impaired.
 そして、オーストラリア最北部で聴覚障害者の間で使われている豪式手話であるAuslanにワールピリ語のような先住民言語の手話が大きく影響する。

Manyu-Wana, a Children’s Program in Warlpiri

豪砂漠の恐怖な「火の竜巻」

A fire devil, or fire tornado, near Alice Springs on Sept. 17.

 オーストラリア、ノーザンテリトリー州のアリス・スプリングズ近くに同町テレビ局が17日に起きた「火の竜巻」の劇的な映像を撮られた。
 「火の竜巻」という現象は滅多に起きなく、起きるときでも長くて数分間と言われているが、撮影したクリス・タンギー氏が約40分続けたという。
 同氏がテレビ用のイメージ映像のロケハンティング中だったが、いきなり「火の竜巻」が上がったきた。
 「人生一度のチャンスではなく、人生10回生きても1回あるかどうかようなことだった」という。
Caught on camera: The 30 metre high tornado of FIRE that whirled around Australian outback for terrifying 40 minutes

酒大好きNT準州のBigな小型ビール瓶

Big Darwin Stubby, Larrimah, NT

 ノーザン・テリトリー準州の北部にある人口11人の村ラリマーでは、同州の象徴ひとつであるDarwin Stubbyを称えるBig Stubbyがある。
 この「Big Things」はキッチュも皮肉たっぷりなものだ。
 そもそもstubbyは約330ミリリートル~370ミリリートルの間が入る小型のビール瓶を示す言葉だ。しかし、ビールを暴飲すると言われているオージーの中では特に年中熱い最北部のダーウィン市辺りの飲酒量が多いとされて、半分冗談で1950年代で約6倍の量が入る2.25リートル入り大型瓶を作れ、ダーウィン・スタッビーと名づけた。元々普通に販売し飲まれたが今ではノーザン・テリトリー準州の最も有名なお土産となり、年間約2万5千本を販売すると言う。
 ラリマーのBig Stubbyはオーストラリア中心部の環状線であるスチュアート・ハイウェイを面するホテル前にあり、隣に理由不明なピンク・パンサー像もある。
豪キャブラリー: Stubby
ビール・グラス名称だけで嫌になちゃうオージー英語


大きな地図で見る

豪文化に独特な貢献した鞭打ちを称えるビッグ・ストックホイップ

The Big Stockwhip, Noonamah, NT

 現代オーストラリアの文化には「鞭打ち」が独特な役割を果たした、と豪鞭打ち境界がいう。
 その貢献を称えるため、オーストラリア北部にあるノーザン・テリトリー州首都ダーウィンより車で約1時間離れているヌーナマー町に「ビッグ・ストックヒップ」が2003年に作られ、オーストラリアの「Big Things」を仲間入りした。
 高さ約8メートルの「ビッグ・ストックヒップ」はエコ牧場を経営するミック・デニガン氏に作られてた。ストックホイップ(家畜用の鞭)は農業大国であるオーストラリアに欠かせない存在となり、大きく貢献したはずだ。以下のビデオで見られるようにデニガン氏自身がかなりユニークな方であり、牧場経営の上に手作りで年間約3万の鞭を作ったり、歌も歌ったり、自由な時間にワニ狩人だという。


View Larger Map

オーストラリア鞭打ち協会

ボクシングをやるビッグ・ワニ

The Big Boxing Crocodile, Humpty Doo, NT

 一昔前オーストラリアと言えば「ワニ」と思い浮かぶ人が居るかもしれない。1980年代ではあの有名なオーストラリア映画「クロコダイル・ダンディー」が日本を含めて世界中に大ヒットした上に、日本ではあまりなじまなかったがアメリカを中心にワニ・ハンター故スティーブ・アーウィン氏が1990年代後半から200年代の半ば頃の間一世風靡をした。なのに、オーストラリア最北部の近くに違う形のビッグ・スターワニの存在もある。それはビッグ・ボクシング・クロコダイルであるのだ。
 ビッグ・ボクシング・クロコダイルは、オーストラリアの「Big Things」の一つである。高さ・長さいずれも8メートルの巨大ワニは、「Big Things」らしく特定な役割がまったくないが、一応ガソリン・スタンドの近くにあり、世界遺産であるカカドゥ国立公園へ行く道の途中でもある。
ビッグ・ボクシング・クロコダイルはオーストラリア北部のノーザン・テリトリー州に1980年代に作られて、現在多くの観光客にとってほぼ他に何もないところの唯一の思い出となるかもしれない、、、

View Larger Map