Tag: sick

豪キャブラリー: Chunder

Chunder

Chunderは、一時的にオージー英語の有名な例として一世風靡した言葉である。
 Chunderを有名としたのは1980年代前半世界中に大ヒットしたMen at Work曲Down Underのコーラスに現れたことだった。たまたまchunderはunderと同音であり、同曲の歌詞によるとオーストラリア(ようするにダウン・アンダー)では男がやるのはchunderだった。しかし、chunderっていったいなんだろう?実は「吐く」ということだ。
Chunderが歌詞となっているMen at Workのプロモーション・ビデオをご覧になってオージー英語の勉強にもなるかもしれないね、、、

 朝から気持ち悪い話をして申し訳ない。
英・米語日本語
ChunderVomit, throw up吐く、反吐

豪キャブラリー:Crook

Crookは英語圏のほかの国では泥棒や悪者という意味だけど、オージー英語では同じ意味がある上に「病気」「具合が悪い」や「気持ち悪い」という意味もある。
 なぜこういう意味になったのかが不明だがおそらく悪者の悪と気持ち悪いの悪いが由来ではないだろうか。

英・米語日本語
Crook1) Feel sick, be worthless, unacceptable
2) Thief, criminal
1) 病気、無駄なもの、悪い
2( 泥棒、悪者